マーチンゲール法は本当に必勝法?実は注意点がある

ゲーム攻略

【カジノで攻略法は使えるの?】

オンラインカジノで遊んでいるとギャンブルということもあり、いかに勝てるかを考えてプレイしている人も多いですが、その中でも様々な攻略法というのが存在します。

様々な確率を数字化することによって、その状況でどのような手を使えば確率が上がるといったものは多く、少しでも勝率を上げるためにも実際に行っている人も多くいます。

今回は、その攻略法の一つでもあり王道でもあるマーチンゲール法について解説していきます。

 ボンズカジノでマーチンゲール法を実践するならこちら

【マーチンゲール法とは?】

ギャンブルの中でもかなり有名でもあるマーチンゲール法は、理論上では最後には必ず勝てるという方法でもあり、本場のカジノなどでは禁止にしていることも多い有名なものとなっています。

オンラインカジノでもバカラやブラックジャックでマーチンゲール法を使う人はかなり多いです。

使用できるゲームについてはベッティング形式のゲームに限られますが、ほとんどのゲームにおいて用いることができます。

 

特に勝てる確率が2分の1以上あれば十分効果を発揮するということもあり、特にアシストツールの使用などが禁止されていないオンラインカジノでは無類の強さを発揮します。

もちろん、使うためには最低限クリアしておきたい条件もございますので、そちらの紹介も後述でしていきましょう。

【具体的にマーチンゲール法はどうやるの?】

それでは肝心のマーチンゲール法のやり方について説明をしていきます。

立派な名前がついている攻略法といえますが、その仕組みはいたってシンプルであり、元を正せば倍額を賭けていく倍プッシュと同じ要領となっています。

 

それでは、なぜこの方法で理論上では勝てることになるのかというと、例えば配当が2倍のゲームにおいて1ドルのベットを行いゲームをするとします。

ここで負けた場合には1ドルのマイナスとなり、勝った場合には2ドルの配当ということで1ドルの利益が生まれますね。

この決まった配当額というのがポイントであり、仮に負けた場合に、次のゲームで先ほどベットした金額の2倍を賭ければ勝利時の受け取る配当は4ドルと、初回の負けを含めても1ドルの利益が生まれます。

この2回目の勝負でも負けてしまった場合には、3回目の勝負では先ほどの2倍の金額となる4ドルをベットします。

ここで勝てれば配当は8ドル、すべての投資金は7ドルと先ほどと同じ1ドルの利益が生まれていることとなるのです。

 

ここまででおそらく気づいた人も多いと思いますが、負けた場合には前回の賭け額の倍をベットし続ければ1度でも勝てれば必ず1ドルの利益が生まれ、理論上絶対に負けない仕組みとなっています。

では、勝った場合のときに目をやると、一度買って利益を出すことができたら最初に戻り、1ドルのベットから始めていくことで永遠にループをすることができるようになっています。

 ボンズカジノでマーチンゲール法を実践するならこちら

【マーチンゲール法を使えば絶対に負けない?気を付けなければいけない意外な罠】

もちろん、マーチンゲール法を永遠と続けていれば絶対に勝てて、負け続けていようが1度の勝ですべてのマイナスを取り返せる方法ではありますが気を付けなければいけないことも多くあります。

そんなマーチンゲール法の危険な事例について紹介していきます。

『マーチンゲール法は相当額の資金が必要』

マーチンゲール法の一番注意しておきたい部分は、自身の資金力になります。

普段ギャンブルで遊ぶとなると、資金をある程度決めて遊ぶ方が多いと思いますが、この方法を使用するとなると資金は常に倍額でかけていかなければいけないため相当額の資金が必要となります。

 

仮に、50%の確率のゲームであっても結果がすぐに50%の確率に収束するということは考えられず、常にハズレのほうを引き続けてしまう可能性があります。

勝つまで常に倍額をベットしていかなければならないということは、途中で放棄することができず、途中で放棄をしてしまえばすべての賭け額が負債になるという恐ろしいものでもあります。

青天井の資金となることからも、膨大の資金を持っていなければ行えない方法となっています。

『ベット上限が決まっている場合』

こちらに対しても注意をしなければなりません。

マーチンゲール法は昔からある攻略法なため、海外の本場カジノではこのような攻略法の対策として、ベット上限を定めているケースがほとんどです。

仮に、上限が低ければ低いほど負け続けることができなくなり、途中で必ず勝たなければいけなくなることになり攻略法として通用しなくなるといったことにつながります。

事前にベット上限については確認をしておくことがとても大切です。

『配当額にも注意』

配当額が、2倍以上のゲームや、変動があまりないゲームでないとおすすめできません。

カジノにあるゲームはほとんどは配当額が決まっていることが多いですが、公営ギャンブルなどの競馬、競輪、競艇などのオッズによる投票方式のギャンブルにはこの方法は適していないため注意をしましょう。

 ボンズカジノでマーチンゲール法を実践するならこちら

逆マーチンゲール法はマーチンゲール法と何が違うの?

『マーチンゲール法』はカジノでもかなりよく使われている方法ですが、これを逆手に取った方法が『逆マーチンゲール法』となります。

逆マーチンゲール法は勝ったら次のゲームでは倍額ベットするという攻略法になります。

負けたら倍額にするマーチンゲール法とはまるっきりの逆の方法であり、逆マーチンゲール法と呼ばれています。

では、逆マーチンゲール法を用いた時どのようにメリットがあるのかというと、勝ったときの配当が大きく、負けた場合にも大負けがないという点が主なメリットとなります。

この方法ですが、守らなければいけない注意点もあります。

【勝ったときのみ倍額にする】

逆マーチンゲール法の肝心な部分ですが、ベットする金額は必ず勝った場合のみ上げていくのを絶対守らなければなりません。

基本的にギャンブルを行っているとき、勝っているから少し大きくベットしてみよう、今は流れが来てるから大きく張ろうといった心境になるかもしれませんが、このパターンを崩してしまうと逆マーチンゲール法は成り立たず、攻略法にもならずただのギャンブルとなってしまいます。

必ず勝った場合のみ倍額ベットしましょう。

【逆マーチンゲール法は連勝の見込みがあるゲームのみ効果的】

逆マーチンゲール法は勝った場合のみ倍額を賭ける方法でもあるため、勝ったり負けたりなどと交互に勝敗が決まることが多いゲームではあまり向いておりません。

ゲームにおいての勝率というものは変動することはなく、あくまで利益の部分で採取的に勝てるように行う立ち回りであるため、連勝が見込めない場合にはあまり適していないでしょう。

逆マーチンゲール法は攻めの戦い方のため短期決戦に有効です。

ゲームで遊ぶときに常に逆マーチンゲール法で立ち回っていると必然的に勝率は下がっていってしまうためここぞという勝負の時に短期決戦として利用することをおすすめします。

【実際に逆マーチンゲール法を使った場合どのようになるか?】

それでは実際に逆マーチンゲール法を用いてゲームをした場合にどのような結果になるのかを検証したデータといものがあります。

例えば、ルーレットなどの赤黒の50%の確率のゲームにて実践をしてみると、一度回せば50%、2連続では25%、3連続で12.5%などと確率は半分ずつに減少していきます。

5連続までなると約3%の確率となり、現実的に考えても5回連続勝利するというのも非常に難しいものととらえることができます。

 

それではこちらのルーレットを元として、100回ゲームを遊んでみた場合には勝率は48%という結果となりました。

1ドルずつのベットで、逆マーチンゲール法を用いていくと最大での連続勝利数は7連勝という結果になり、最大の配当は32ドルという結果になりました。

結果的にはマイナス利益で終了となってしまいましたが、こちらは100回の検証データによっての結果であるため確証としては結論付けることはできませんが、正直なかなか難しい方法といえるでしょう。

一攫千金を狙うギャンブラーにおいては魅力的な方法ではありますが、堅実に勝を目指す人にとってはおすすめできる方法ではありません。

【連続で勝利できる確率】

ここで分かりやすいように連続で勝てる確率を紹介します。

1回 50%
2回 25%
3回 12.5%
4回 6.25%
5回 3.13%
6回 1.56%
7回 0.78%
8回 0.39%
9回 0.195%

ここまでくると理論上100回ゲームを行ってもたどり着くのは難しい確率といえますね。

もっとギャンブル要素を高めたい人は、通常の逆マーチンゲール法の倍額に×1ドルや×10ドルなどをするとより一層勝ったときの利益が出るようになります。

もちろん、負けた場合のショック感も大きくなるため引き際がとても重要となります。

 ボンズカジノでマーチンゲール法を実践するならこちら

error:
タイトルとURLをコピーしました