年収が低すぎる正社員だったのに1000万円稼いだ人の話

正社員であっても年収が低すぎるのが当たり前となってしまったようです。円安や物価上昇も歯止めが利かず、給料は変わらないままなのに支出が増える一方なので貯金もできずジリ貧生活を強いられているのは全国4000万人以上いる正社員たちこそ身に染みている事でしょう。

大企業勤務の正社員でも年収が低すぎる

年収の平均値を見てみると、

  • 20代:350万円
  • 30代:425万円
  • 40代:500万円
  • 50代:600万円

となっていて、「今の年収が自分に見合っているか?」という質問に対して「自分の年収は低すぎる」と回答した人が43%もいたのです。

 

某IT系大企業に勤務する30代の友人のDAM君に日々の生活について聞いたのですが、DAM君はコロナ禍によるテレワークが1年以上続いていて、その手当ては1日あたり200円だけと言っていました。

大幅な残業時間や、通勤も無くなったので楽になったものの、電気ガス水道代を考えたら1日200円は全く割に合わない、むしろ毎日赤字だと言ってたんです。

もはや大企業でこのレベルなのですから、4000万人のうちでも多くが占める中小企業勤務の正社員には何の恩恵もないのが容易に想像できます。むしろテレワークは大企業だけの話なんじゃないかと思うほどです。

さらにDAM君の会社では、年功序列制度が無くなるとも言われていて、長く正社員として勤務すればするほど給料が上がらなくなると通達されたようです。実力主義に転換されたのでしょうか。DAM君はとてもショックだったようですが、のちにボンズカジノで1000万円を稼ぐようになったのです。

年収を上げるために行った行動とは?

とある記事によると、正社員たちが年収を上げるために行った行動を聞くと

  • 今の会社で年収を上げるための資格取得や勉強:20%
  • 今の会社以外から収入を得るのを検討中:16%
  • 今の会社以外で年収を上げるための勉強中:14%
  • 特に何もしていない:50%

というデータが出ていました。年収を上げる事は不可能ではないものの新しく勉強など時間を割く必要があったり結果を求められるようです。

そのため辛い思いをしてまで僅かでも収入を得るのか、それとも何も考えたくない気持ちが強くて結局行動できずにいるかに分かれていくようです。

 

大企業勤務のDAM君は正社員として10年以上働いてきたのに年収450万円程度はそれほど変わらず、それなのにプライベートはお金のかかるイベントも増えていきました。

彼女とのデート代、プレゼント代、テレワークのため広い部屋に引越しや一戸建て購入、自動車も検討中、子供の誕生、などなど1年ごとに大きな変化があるのに給料は微増でしかなく、いつもお金に困るようになっていたと言っています。

そして、DAM君はついにボンズカジノの扉を叩く事になったのです。

ボンズカジノで1000万円稼いだ正社員のDAM君

正社員であるがゆえに大っぴらに副業もしにくく、自分の顔や名前を出してSNSなどネットでビジネスをするのも難しかった中で、ボンズカジノは適していました。

DAM君は以前から持っていた100万円分のビットコインを元手にして増やせるものは無いか模索中だったようです。

そこでボンズカジノがピッタリだと判断されました。

ボンズカジノは仮想通貨にも幅広く対応してますから入金や出金も簡単にできます。

DAM君はいつ暴落するか分からないビットコインを眠らせているより投資したいと考えており、ボンズカジノの信頼性は以前から知っていたのもあって、100万円分を全額投資したのです。

2倍や3倍にでもなれば御の字だったとは言っていますが、結果的に10倍返しになるとは思ってもいなかった事でしょう。

DAM君はバカラやブラックジャックもしながら、スロットもプレイするスタイルで残高は増えたり減ったりではあったものの、ボンズカジノからは初回入金ボーナスが高額でもあったおかげで減らす事への危機感は薄れたと言っています。

 

中でもお気に入りだったのが花魁ドリームというスロットでした。

パチスロもよく打たれていたので、似たゲーム性を持つ花魁ドリームは遊びやすいようです。

 

花魁ドリームは日本のパチスロからヒントを得て作られているので、7図柄揃い、ボーナスの種類による継続性、ペンペンタイム、ビジュアルやBGM、などかなり射幸性を引くものがあって面白い機種ですのでボンズカジノで一度打ってみてください。

おすすめの記事