爆死した転売ヤーが月300万円をボンズカジノで稼いだ体験談

転売ヤーとして2年経つマイキーさんからの投稿です。儲かるときは儲かるけど爆死も少なくないのが転売ヤー業界では当たり前となっているようで、マイキーさんは転売以外でも収入源が必要だと考えていました。

転売は最初にドカッと仕入れる初期投資も必要なので、爆死したときの損害はシャレにならないですよね。そんなときに転売ヤー仲間から聞いたボンズカジノで開始1か月目に300万円を稼ぐ事に成功したようです。

転売ヤーは爆死もよくある話

マイキーさんに聞くところによると転売ヤーは新商品発売日に買い占めて、ネットの個人販売でしか買えなくなると高値にしても希望者は買っていく、その差額で儲けているようですね。

本来のお客さんからすればどこに行っても品切れになっていて、メルカリなどを見ると定価の2倍で売られているが品物は確かにありそう、となるので迷いながらも最終的に購入されていくのが転売ヤーの基本の流れです。

ただ、その間にメーカーが追加の増産が間に合ってしまうとわざわざ2倍の高値で買う人は誰もいなくなるので、それまでの短期決戦型です。

 

10000円の新商品を100個仕入れたら100万円が初期投資。

メルカリで20000円で販売したら20個が売れて40万円を回収。

しかし、ここでメーカーHPから買えるようになったら客はメルカリで買わなくなるので、在庫80個は売れ残ったままですね。

仕方ないので定価割れで5000円で80個を売って40万円を確保。

トータルで20万円のマイナスです。

 

これだけの労働をしたのに、さらにメルカリなどは販売者は利用料、手数料、送料が引かれるので20%は金額が下がる事でしょう。

不良在庫の80個も全部売れる保証もありません。

なので下手すれば50万円くらいマイナスでもおかしくないですよね。

 

これはあくまでも1万円程度の商品をほんの100個だけ仕入れたケースでの計算ですので、単価が高い商品、仕入れ数が1000個近い、複数の商品でプチ爆死が続く、だとするといよいよ本当に大爆死なのが想像できます。

カード系の小物ならともかく、ガンプラなど大型商品だと自宅の中も悲惨なのが目に見えます。

転売以外の収入源を探し始める

転売ヤーのマイキーさんは自身も先ほどのような爆死例が何度か経験していたため、日頃から転売以外の収入源も確保しないといけないと危機感を持っていました。

爆死した後に仕入れておきたい新商品が出た場合、タイミング的に資金が足りないケースもあったようです。

転売ヤーにとっては100万円から500万円くらいはいつでもすぐ仕入れができるように資金が別ポケットに残してあるのが理想的ですよね。

 

そういうわけで他の稼ぎ方を模索し始めたようですが、なかなかマイキーさんの目に留まるものも少なかったらしいです。

  • Youtuberになろうとしたけど、収益化まで時間が掛かりすぎるのがキツイ。
  • せどりは利益が小さすぎて全くやる気がない。
  • 今さら時給1000円のアルバイトみたいな労働型などやってられない。
  • 絵の才能も音楽の才能もない。
  • ウーバーイーツも単価が小さくて無理。
  • 株やFXは勉強が嫌いだから無理。
  • アパート経営は管理の手間や事故物件になるのが嫌。

こればかりは本人の性格や得手不得手によるものもあるので、一概には言えませんがやっぱり転売ヤーは単価10000円クラスを数十から数百個というように稼げるときのインパクトが大きいので、時間がかかるものや少額なものは今さら敬遠しがちなようです。

そんなマイキーさんが最終的に選んだのがボンズカジノだったのです。

転売ヤーが何故ボンズカジノで稼げるようになったのか?

転売ヤーのマイキーさんにとって重視したのは、

  • 収益化まで短期間で済む
  • 利益が出るときは高額のほうが良い
  • 労働型では無い
  • 才能が不要なこと
  • 勉強せずとも稼げるもの
  • 管理が簡単なもの
  • 時間や場所に縛られないもの

といった点になり、ボンズカジノは正にピッタリな案件だったのです。

 

確かにボンズカジノなら賭け金は1プレイ20円からでも3000円からでも自由にご自身で選択できるので、小さな勝負を長時間したいとき、大きな勝負を短時間でしたいとき、はそのときの自由です。

ボンズカジノには普通のオンラインカジノにもあるようなスロット、バカラ、ポーカー、ルーレット、などは当然揃っていますが、他と違うのがスポーツベットやバイナリーオプションがある点です。

スポーツベットはオリンピックとワールドカップのときに特に参加者が急増し、趣味を兼ねて賭けられるので改めて勉強するようなものでもありませんし、収益自体はモニターに張り付いて作業するようなものでもなく、競馬と同じように勝敗の結果だけ後から分かるようなものですよね。

それにボンズカジノに必要なものは、

  • メールアドレス
  • パスワード
  • スマホ
  • 免許証

くらいなものですから管理が大変でもなく、いつも所持してるもので外出時でも自由に始められる手軽さがあります。

ボンズカジノに営業時間などはなく、24時間365日変わらず開店しているというのは本場のカジノ同様です。たとえ日本時間で深夜帯にトラブルが起こったとしてもサポート対応してもらえるオンラインカジノもあまり無いので、それが叶うボンズカジノはより日本人向けと言えます。

転売ヤーのマイキーさんが月300万円を稼いだゲームは?

そもそもオンラインカジノのスロットやバカラなどは超短時間でも大金が動く環境です。

日本のパチンコやパチスロのように長いリーチ演出など全くなく、大当たりして始まる連荘も長くて15分くらいなのに出玉は一撃で3000倍とか余裕で出てきます。

1プレイ100円のベットで3000倍なら30万円もの払い出しが、わずか15分と言う事です。

 

初心者さんにオススメのスロットは、ハワイアンドリームや花魁ドリームが日本のパチスロ風なので面白いと思いますよ。

 ボンズカジノでハワイアンドリーム実戦!アルティメットラッシュまでの道のり

 

 花魁ドリームでバニーちゃんコスプレ降臨!振分け1%プレミアモードの恩恵は?

 

マイキーさんも主要ゲームはスロットだけで1か月目に300万円を稼いだようです。

頭脳派で稼ぎたい人はブラックジャックやポーカーに向かいますし、何も考えずにドカンと大きな一撃当選を味わいたい人はスロットに行きますね。

どちらが勝ちやすいかで言えば攻略法のあるカードゲームになりますが、それは長期目線や確率論や傾向を読む力が求められるので、初心者のうちは結構ハードなんです。

スロットならオートプレイも付いていたり、機種によっては大当たりフラグを購入できる台もあるんです。例えばBattle Dwarf(バトルドワーフ)という機種がそれです。

 Battle Dwarf(バトルドワーフ)のスペック・確率・スロット紹介

資金に余裕が出た転売ヤーはその後も順調に稼げるように

マイキーさんはボンズカジノでも稼げる事を知ってから資金的にも精神的にも余裕が出たのか、転売のほうも順調なようです。

それまでは仕入れるときにも「果たして全部売れるだろうか?」「もし不良在庫になったら資金面が不安だ」など迷いがあったようですが、大きな期待値がある新商品に全力で仕入れに行けるだけの資金が手に入るようになると気持ちも大きくなったのだとか。

失敗してもボンズカジノで取り返せるチャンスがあるのを経験できたおかげで二足のわらじになって安心できますよね。この機会に下記からボンズカジノに登録してみましょう!

おすすめの記事