30代の期間工が3年で貯金1000万円を達成した体験談

今日はマツダ期間工として働いていた友人のJOYさんがわずか3年間で貯金1000万円を達成したという体験談を聞いてきたので書いていこうと思います。

それだけ貯金を増やせたのはボンズカジノのおかげとも言っています。

JOYさんが期間工になった経緯

JOYさんは期間工経験としては今回が初めてでした。

平凡な人生には嫌気が刺すとかで、大学中退してから契約社員やフリーターなどをしながら、パチプロっぽいことをしながら20代は過ごしてきたそうです。

当時はパチスロ業界も4号機時代で、大花火、獣王、キングパルサーなど甘いとされてきたスロットも多数あり、1つのパチンコ店でジゴロのように設定が読みやすい店舗を絞って高設定を終日ぶん回すのが定番でした。

毎週●曜日は激アツDayとか、ポイント集めやメール会員限定でアンコウ札(設定6)当選とか、行列が200人とか、イベントも多かったのでそういう時代のパチスロは確かに甘かったのです。

設定1でも万枚突破するケースもあったので、等価交換で1日20万円を稼ぐとなると金銭感覚もおかしくなりそうなものです。

 

そんなJOYさんでしたが、30代を過ぎるようになりパチスロ業界は5号機や6号機という激辛な時代に突入し、いよいよパチスロでは喰っていけなくなって、家賃を滞納したり生活も苦しくなっていました。借金も100万円くらいあったそうです。

それで何とかして借金返済と生活を少しでも楽にするため、まとまったお金が稼げる仕事を探し始めます。

しかし、30代で未経験で長期間で正社員として稼げる仕事はなかなか見つかりません。それまでの経歴もデータ入力、倉庫で仕分け作業、工場勤務などバラバラで、スキルも何も無かったのです。

20か所以上も履歴書を出して面接に行っても採用は0でした。

 

ますます借金は増えていきます。

とりあえず現状のお金を何とかしないと生きていけないため、正社員ではなくて短期間でも良いからまとまったお金が稼げる仕事探しに切り替えました。

その中でJOYさんが辿り着いたのが、マツダ期間工の仕事だったのです。

体力にはまだ自信があったので何とかなるだろうという気合いだけで面接までいき、何とか採用をもらえてホッとしたところです。

期間工は稼げる仕事

JOYさんが期間工を選んだ理由が3つあったらしく、1つは入社祝い金や満了金がもらえる事でした。

目先の10万円や満了時の30万円が喉から手が出るほど欲しかったようです。

そして2つ目は、寮生活ができる点です。ちょうど家賃滞納していたので追い出されるところで最後に支払いをして期間工用の寮に移ることができました。

 

3つ目は僻地にあるため無駄な出費を抑えられる点でした。

都会だと居酒屋やキャバクラやパチンコなどお金を使わされる誘惑が多いですが、JOYさんは期間工に臨んだときはとにかく貯金することに集中したかったので、それらの誘惑がない環境なのは願ったりかなったりだったのです。

近所はコンビニくらいしか無いと言ってました。

期間工の体験談でよくあるのが、「仕事がキツイ」「すぐ辞めたくなる」「体力が持たない」というほどキツクて知られていますが、JOYさんは今まで逃げてばかりの人生だったのを悔やんでいたので、ここくらいは絶対に逃げない意志でいたようです。

 

マツダ期間工で配属されたのは自動車の組立工と呼ばれるかなりキツイ部署ではあり、20代もいる中で30代半ばのJOYさんはさらにキツかったようですが、2週間も過ぎてくると徐々に体も慣れてきたようです。

人間関係も特に気にするほどのものはなく、全国からその場所に来ている人たちなので繋がりなど無いですし、仕事も淡々とこなすだけなので余計なストレスは無かったようです。

頭を使う必要は無く、重い責任を負わされるわけでもなく、体力さえあれば良いだけの環境だったので、大した経歴やスキルのないJOYさんからすれば充分稼げる職場になったのです。

JOYさんの期間工の給料はどれくらい?

ザックリですが、JOYさんに期間工のときの給料も聞いてみました。

長く勤務するほど高額になるらしく、最初の1年目のとある月の金額はこんな感じです。

出勤日数 20日
残業時間 30時間
基本給 18万円
残業代 7万円
夜勤手当て 5万円
皆勤手当て 2万円
食事手当て 1万円
合計 33万円

ここから税金・保険が引かれて手取り28万円ほどあったようです。

住居と食事が付いて1か月のプラスがこれだけあれば充分やっていけると判断できたようです。

 

さらにこの後は勤務日数も増やせたり、基本給も上がっていくので毎月30万円は貯められていくことが気持ちよくなり、仕事のキツさよりも頑張れる気持ちが大きかったのです。

他の従業員たちは仕事後のお酒が楽しみになっていたみたいですが、JOYさんはお酒は飲めない人だったので、余計にお金を使う事もなかったのです。

期間工で1年経ったときの貯金額は?

JOYさんがマツダ期間工に来て1年が経ったときの貯金額はどれくらいあったのでしょうか。

先ほどのペースで貯金は勝手に溜まっていく感じなので、30万円×12か月で360万円の収入から借金の150万円や家賃滞納分の20万円を引いても、ざっと190万円近くは口座に残っていたようです。

1年前まで借金持ちで生活苦だったJOYさんからすれば信じられない金額です。

 

今まで契約社員や日雇いやパチプロじみた生活をしてきたJOYさんだったので、まともな金額が銀行口座に残っていた経験がなく、現金を手持ちで保有していた事が多かったらしく、自分自身にこれだけ貯金ができたことが奇跡だと言っていました。

周りの期間工の従業員たちの中には入ってきたお金を贅沢に使ってしまう人もいたようですが、JOYさんのように貯金に集中していた人のほうが多かったらしく、変に誘いがなかったのも貯まりやすい環境だったようです。

そして、期間工2年目からJOYさんはさらに目覚めていったのです。

期間工2年目にボンズカジノでさらに稼ぐ味をしめる

JOYさんが期間工に来ての1年目のうちは仕事に慣れるまで体はクタクタになって睡眠が多くなっていたり、借金返済に意識がいってましたが、やがて慣れてくるようにもなり借金も無くなった期間工2年目からは時間に余裕が生まれていました。

寮生活なので毎日4~5時間くらいは自由時間ができていて、スマホとwifi環境は揃っていたので最初はYoutubeやサブスクで暇つぶしもしてましたが、やがてそれらも飽きてきます。

テレビもありましたが、見たい番組もあまりなくなっていて、ダラダラ見てるのも退屈していました。

 

貯金も200万円以上貯まっていて、特に使う事もないけどどうせならさらに増やせないかネットで色々と調べるようになりました。

株やFXに挑戦しようと思ったこともあるようですが、それまで無縁な世界で生きてきたので興味も持てず、しかも稼ぐにはかなり勉強も必要だと知ってこれらはすぐに諦めたみたいです。

ゲームは好きだったのでアプリ課金などもチョコチョコやってたみたいですが、それもやがて飽きて、とにかくお金が増やせる&暇つぶしができるものが欲しかったのです。

 

そこで期間工の同僚から教えてもらったのがBons(ボンズカジノ)だったわけです。

もともとギャンブル大好きだったJOYさんからすればボンズカジノは最高の暇つぶし環境でもあり、得意分野だったんですね。

その同僚もすでにボンズカジノで50万円ほどのプラスになっていたため本当に稼げるんだという話も聞いて、俄然JOYさんはやる気が出てきました。

ボンズカジノは銀行で入金も出金も可能なカジノである

ボンズカジノのようなオンラインカジノは海外のサービスであるため、一般的には日本の銀行に対応していないカジノも多いんです。

しかし、ボンズカジノは一早く日本の銀行から入金も出金もできる体制が整えられたおかげで、日本人プレイヤーがたくさんアクセスするようになったんですね。

 

なので期間工のJOYさんも寮生活でありながらスマホでボンズカジノにアクセスして、新規登録を終えて早速ゲームがプレイできる環境に辿り着きました。

初めてボンズカジノに入場したときのJOYさんは、たくさんのスロットやポーカーやルーレットなどに大興奮したのを今でもよく覚えているとの事です。

ボンズカジノのゲームで勝った際の出金も銀行に送金できますが、それには事前に本人確認が求められます。

期間工の寮生活となったとき、いつまで働くか当初は分からなかったので、JOYさんは住民票や運転免許証は実家に設定したので、その情報をボンズカジノに送るだけで出金申請は通るようにできました。

こうして期間工2年目からボンズカジノでさらなる資金アップを目指す事になりました。

貯金1000万円まで最も稼げるようになったゲームは?

JOYさんもカジノのゲームはほとんどが未経験だったので、何が勝ちやすいのか、何なら負けにくいのか、研究に没頭するようになります。

貯金も余裕があり、時間もたくさんあったので、まずは一通り試していく事にしたのです。

 

最初はスロットからでした。

1ゲーム回すのに20円から可能なので、お試しプレイには丁度いいです。

パチスロと違って、ボンズカジノにあるスロットは目押し不要で、技術介入もなく、単調に毎ゲームが過ぎていきますが、基本はフリースピン図柄が3つ揃えば大当たりです。

攻略要素がないためか、JOYさんはそれほどハマりませんでした。

スロットは完全運任せなので、出るときは100万円クラスの凄い波が来ますが、増えるも減るもスピードは早いので、その日の気分でプレイする程度でした。

 

次に試したのがルーレットですが、これも本来は大勢で盛り上がりながら遊ぶゲームなのと、攻略要素がないのがJOYさん的には受け付けませんでした。

JOYさんが貯金額の上乗せに繋がったのが、ライブカジノのテキサスホールデムでした。

テキサスホールデムはアメリカでWSOPという世界大会が開催されているほど知名度も高く、過去の大会では参加者8000人が集まり、優勝賞金11億円が飛び出したほど夢があるゲームでもあるんです。

その話を見たJOYさんは完全にボンズカジノでテキサスホールデムの虜になりました。テキサスホールデムはルールがシンプルながら攻略法も確立されています。

参考ページ:テキサスホールデムの攻略法・勝ち方・稼ぐ方法

期間工で丸2年経ったときの貯金額は?

JOYさんがマツダ期間工に行って2年が経った頃の貯金額を聞いてみました。

なんと、驚きの貯金額580万円にもなっていたとの事です。

1年目の貯金額が190万円でしたが、2年目も単純計算で同額30万円×12か月で360万円があったとして、シューズや消耗品など細かい雑費などで年間100万円は使っていても260万円が給料による上乗せですよね。

190万+260万=450万なので、差額の130万円がボンズカジノでのプラス収支だと分かります。

入金が70万円で出金が200万円くらいでしょうか。

 

ボンズカジノも全ての月で勝てたわけではなく、勝ったり負けたりを繰り返したものの、トータル収支としてプラスであればJOYさん的にはOKという考え方だったのはパチプロ時代から慣れた感覚だったので気にするものではなかったと言ってます。

それに、2年目の時点でもまだ資金がそれほど潤沢ではないですし、絶対に負け越してはいけないプレッシャーも自ら感じていたので、大きな勝負よりも少額でも勝ちあがる事を最優先にした結果みたいです。

毎日がそんなプレッシャーだったので2年目はあっという間に過ぎ去ったんだとか。

期間工3年目には念願の貯金1000万円と自由が手に入った

期間工は法律的に最長3年となっています。

満了金も半年ごとに13万円くらいずつ貰えるので3年分なら約80万円ですね。

JOYさんは元々そんなに滞在しているとも思ってなかったので、正社員登用制度は受けず、貯金が貯まったら辞めると決めていました。

体力的にも40代になっても肉体労働はキツイですから、若くて体力がある30代のうちに貯金をしておきたかったようです。

そして、目標を遥かに上回るほどの貯金1000万円を達成していたんです。そこの期間工の同僚から偶然ボンズカジノの話を聞けた事が大きかったのでしょう。人生何がキッカケになるか分かりませんね。

 

3年目は貯金に余裕があるおかげで雑費も結構使うようになってしまったらしく、給料による貯金は100万円くらいしかなかったみたいなので、580万+100万で680万円になりますね。

ただ、ボンズカジノでの収支が期間工3年目だけで約400万円にもなっていたそうです。

ほぼ給料の倍額をボンズカジノからも稼ぎだしていたと言う事になりますね。

資金に余裕が出てきたおかげで、1プレイ500円や1000円などの大きな勝負をする機会も何度かあったみたいです。

この金額になると1万円が5分で無くなるスピードですが、増えるときも同じだけ速いですから、ひり付く勝負に興奮できるようになります。

 

さらにテキサスホールデムだけではなく、ブラックジャックにも本格的に挑戦したのが良かったと振り返ってます。確かに、ブラックジャックはカジノゲームの中でも攻略要素が多くて甘いとされているゲームです。

参考ページ:元カジノディーラーが教えるブラックジャックの攻略方法や楽しみ方

 

期間工3年を満了したJOYさんが貯金1000万円を達成した経緯はいかがだったでしょうか?

単純に期間工3年過ごしただけだったら貯金も500万円か、もしくはそれ以上に浪費してしまって300万円くらいにしかならなかったかもしれませんが、1000万円も貯まれば家に帰ってきてからも選択肢がかなり広がります。

給料が安くても良いから楽な仕事を探すも自由ですし、数か月くらい休暇を取るのも自由ですし、ボンズカジノでさらに貯金を増やすのも自由ですし、やりたい仕事を自分で起業するのも自由です。

お金に縛られず、自由を手に入れられた事が一番感激しているとJOYさんは言っていました。

ボンズカジノが良い起爆剤になった例だと思うので、気になる方は下記からぜひボンズカジノ公式サイトに入場して新規登録から参加してみてください。

おすすめの記事