流行りのプログラミング言語を安易に学ぶのは危険?2022年最新版プログラミング言語7選

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

「今エンジニアが稼げるらしい」

「プログラミングが出来なければ今後の社会でおいていかれる」

「フリーランスって好きに仕事できてうらやましい」

 

2020年に新型コロナウィルスが世界中で猛威を奮い、昨今の日本企業ではリモートワークが喫緊の課題となり多くの企業でその取り組みが進められています。

2022年になった今、リモートワークという働き方が定着しつつありますがその中で注目されている職業が「ITエンジニア」です。

そこで今回はITエンジニアという職業がどういうものか、今本当に学ぶべきプログラミング言語は何なのかについてご紹介させて頂こうと思います。

 

SNSや世間のITエンジニアに関する情報を見ていると多くの方が幻想を抱いている傾向がありますのでプログラミングに興味のある方は是非とも最後まで読んでください。

プログラミング言語を学ぶ前に知っておくべきこと

まずプログラミング学習を始める前にエンジニアという職業がどういうものか把握しておくことが大事です。

昨今では子供について欲しい職業ランキングでもITエンジニアが上位にランクインするのが当たり前になってきました。

ですがSNSやインターネットのエンジニアに対する印象を見ていると

「かっこいい」

「頭がよさそう」

「リモートワークの代表格」

「フリーランスになれば儲かりそう」

こんなイメージが先行しています。

もしエンジニアに対してこんなイメージを持っているのならその認識は改めた方がいいでしょう。

日本で実際に働いているエンジニアの大半は結構泥臭いことをしている人がほとんどです。

更に最近のプログラミングブームに乗じて大手人材企業もフリーランスエンジニアのためのWEBサービスを多く立ち上げて広告に力を入れています。

そのせいもあってフリーランスに憧れを持つ人も年々増えてきています。

ですが、私自身IT業界の人事として働いていた際に多くのエンジニアの選考から採用まで500人以上を対応してきましたが、その際にエンジニアとして成功している人と成功できない人には大きな差を感じていました。

失敗するエンジニアの特徴とは

筆者はハイスペックなエンジニアから、これからエンジニアとして頑張っていきたいエンジニアの卵まで多くのエンジニアの面接をこなし、その後の活躍を見てきました。

たとえエンジニアとしての実務経験がない方でも「この人ならエンジニアとして成功できるな」と判断した方には前職の給与額を超えた条件でも採用決定の判断を下したことも多くあります。

成功できないエンジニアの卵の特徴を見ていくと以下のような特徴があります。

 

・前職がブラックだったから業界を変えて新たなスタートを切りたい

・学習予定プログラミング言語と将来のキャリアの整合性が取れていない

・そもそもエンジニアがコンピュータと向き合うのが仕事だと思っている

・目標年収が低いまたは年功序列的な志向

・コミュニケーション能力が著しく低い

 

ざっと整理するとこんな特徴を持っている人は一次面接の時点でお断りさせて頂いていました。

ブラックな環境を変えたい

筆者も1か月で240時間以上の労働を強いられるブラック企業に勤めていた経験があるので気持ちは非常にわかるのですが、転職してホワイトな会社で働きたいと考えている時点でマインドが正常とは言えません。

大抵の企業は採用HPなどでポジティブな側面しか見せないですし、実際に働いてみないとブラックかどうかなんてわからないことがほとんどです。

厳しい言い方になるかもしれませんが、ブラックな働き方になるかどうかは完全に自分次第です。

こういう方はエンジニアの働き方に対して幻想を抱いている場合が多く仮に入社しても

「思っていた働き方と違った」

「事前に言っていたことと違う」

などの理由をつけて結局すぐに辞めていってっしまう可能性が非常に高いためどの

企業でも採用される確率は低いでしょうし、エンジニアとして活躍していくのは厳しいことが多いです。

将来のキャリアとの整合性

「今身につけたいと考えているプログラミング言語は何ですか?」

こんな質問をぶつけたときにたいていの人は

「Java,Javascript,PHP,Python..などを考えています!」

どこかの有名人が模範解答として挙げているのかは知りませんが、何も考えていない人はこのような回答をする傾向がありました。

そんな人に

「将来のキャリアはどのように考えていますか?」

こんな質問をすると大抵はWEB開発関連のアプリを作りたいだとか、要はお金を稼げるようになりたいなどの夢にあふれた回答が返ってきます。

後述しますがプログラミング言語には採用できる領域、例えばインフラ系・業務系・WEB系・フロント/バックエンド・データ系など様々な領域が存在しています。

実はエンジニアにとってキャリアとは非常に重要なものです。

なので自分の考えているキャリアとスキルの身につけ方の整合性が取れていない人は全く戦略が立てられない人とみなされて、将来性もないと判断されるでしょう。

流行りのプログラミング言語を身につければいいというわけではないことは理解しておいてください。

大事なのは自分のやりたいことやキャリア像に対してどういったアプローチをして実現していくかであり、そのアプローチの手段であるプログラミング技術とキャリアに整合性が無ければ遠回りをしてしまうことになってしまいます。

エンジニアはプログラミングが全てではない

エンジニアという仕事は意外に泥臭くてコミュニケーションスキルも大きく問われます。

例えばWEB開発の仕事をする場合、大半の人はプログラミングする時間なんかよりも調べものをする時間の方が長いですし、プログラムコードを仕様書通りに書いたと思っても正常に動作する場合の方が稀です。

それに大抵の場合は企業の内側に入って作業をする場合の方が多いので組織の一部として働くことになります。

なのでお付き合いも接待も発生しますし、連携をうまく進めるためにもチームメンバーとは円滑な人間関係を構築していくことが求められます。

(実はエンジニアのトラブルで最も多いのが人間関係です)

仮に一つのプログラミング言語を扱えるようになったとしてもその実績がなければ最初のうちは使い物になるとはみなされません。

なので誰でもできるような仕事を任されることもしばしばです。

こんな現実と理想のギャップに悩まされてエンジニアを諦める人も多くいます。

成功するエンジニアとは

前述で成功できないエンジニアの特徴をいくつかお伝えしましたが、成功するエンジニアの条件として以下のような特徴を持っています。

 

・キャリア形成・構想がうまい

・時代のニーズをしっかりと把握している

・行動力・コミュニケーション能力が高い

 

わかりやすい例として私が出会った非常に優秀なエンジニアの例を一つご紹介させて頂きます。

優秀なエンジニアの例

当時筆者がITベンチャーで人事をしている際には大手求人サイトを利用したり、採用専門のオウンドメディアを立上げて募集をしたり、自社セミナーの開催を通してプレゼンをしたりなど様々な手法を通してエンジニアを募集していたのですが、

オウンドメディアを通して会社を知ってくれた求職希望者の方から一本の電話がありました。

「御社のビジョンに共感したので経歴書をメールで送るから是非とも一度お会いさせてほしい」

経歴書を確認するとデータサイエンティストとして活躍しうるキャリアをお持ちの方でした。

この時点で「できる人」と確信できたので1次面接など抜きにして直接社長と私が対応する最終面接に進んでもらって構わない旨を伝え最終面接へ。

結論から言うと、もちろん採用させて頂き給与面も会社が出せる限りの最高給与額での条件で合意しています。

また以下の点が非常に優れていると判断できました。

・今後は「ビッグデータ」へのニーズが高まるので1年前から「Python」の学習を始めている

・データサイエンティストとして活躍するためのキャリア形成をしたいので併せて統計学も学んでいる

・直接人事担当を説得する行動力とコミュニケーション能力

入社した後も何度か飲みに誘って本音を聞いたのですが

・年収1000万以上は欲しいからデータサイエンティストになりたい

・ベンチャーに入社したかったのは自分がやりたいことをしている大手企業とのつながりが深いことが分かったから

・将来的にフリーランスになるので大手とのコネクションが欲しかった

なども教えて頂きました。

 

これはあくまで一例ですが成功するエンジニアというのはこのような行動力とバイタリティを持ちあわせている人が非常に多いです。

もしこれからプログラミング言語を学習しようと考えている方は、

「自分はどういう働き方をしたいのか」

「自分が働くモチベーションは何なのか」

「それを実現するにはどういったプログラミング言語を学習すればいいのか」

まずはこういった視点で自分の学習するプログラミング言語を決めることを強くお勧めします。

2022年最新版!キャリアを積むのに人気のプログラミング言語7選!

ITエンジニアにおいて重要な考え方が分かったところで次は2022年最新版人気のプログラミング言語を7種類ご紹介します。

ただし人気があるからと言って将来性があるとも限らないので前述したように、自分がしたいことにあったプログラミング言語を選ぶことが大事なので、その点を前提に確認していってください。

年収が高い傾向にある言語を学習したからと言って稼げるようになるわけではないことに注意してください。

Python

今最もトレンドの言語と言えば「Python(パイソン)」でしょう。

Pythonのタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

Pythonは近年のAI・機械学習・ビッグデータ・デジタルマーケティングブームにけん引される形で急激に人気になっています。

初心者でも非常に学びやすく成長領域のため採用企業も増えていくため今後2~3年は報酬が増加傾向になるでしょう。

ただし本格的にAIやビッグデータに携わるプロジェクトに携わるには他にも統計学・マーケティング・経営の知識なども問われるのでPythonを学んだからと言って最先端分野に携われるわけではないことには注意してください。

Java

Javaは最も広範囲で採用されていて広く普及している言語と言えます。

Javaのタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

Javaの最も代表的な特徴はその互換性の高さです。

Javaのスローガンとして有名なものに「一度書けばどこでも実行できる」という言葉があります。

この特徴と汎用性の高さからリリース以降日本でも大手企業がこぞって基盤システムに採用しました。

その歴史から今でも多くの大手企業のシステムにJavaが採用されており実際に運用されているので仕事の多さは圧倒的に多くカバーできる領域も非常に広範に及びます。

またJavaから派生した言語も多く「Javaさえできればたいていの言語は使用できる」と言われていることもありプログラミング言語の登竜門的な位置づけの言語になります。

しかし最近はシンプルで使いやすい言語がより採用される傾向があり今後も今と同じような需要が維持し続けるとは考えづらいです。

JavaScript

JavaScriptはJavaと名前についていますがJavaとはかなり使用用途が違います。

JavaScriptのタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

JavaScriptの特徴は「ブラウザ上の動的操作に処理を行える」ことにあります。

例えばWEBサイトにアクセスして下にスクロールしていったときに勝手にバナー広告が飛び出してきたりすることがあると思いますが、あのような処理を行えるようになります。

オウンドメディアを利用してのデジタルマーケティングが活発な動きと成果を見せていることから、そのデータ収集の精確性を上げるためにも採用する企業が増えてきており将来性については希望のある言語といえるでしょう。

PHP

PHPはWEB開発に特化した言語です。

PHPのタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

PHPはWEB開発に特化しており主にサーバーサイドやデータベースでの運用が主流になります。

PHPも歴史が古く多くのWEB系企業が採用しており仕事自体の多さは現状でもかなり多いといえるでしょう。

また一昔前までは初心者が学ぶのに最も適したプログラミング言語の位置づけだったので、参考書の数も多く学習法についても多くの方法が考案されています。

そのため学習コストが最も安いのも特徴の一つです。

ですが最近他のWEB系言語が注目を集めていることもあり、全体的にみると下火になりつつあります。

C/C++

C/C++は主流言語の中では最も歴史の古い言語といえるでしょう。

C/C++のタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

C++はC言語を現代風にアレンジした言語でC#という派生言語も人気言語の一つです。

C言語の特徴は構文が非常に難しい分「処理性能」に優れています。

初心者がおいそれと触って成果を出すには難しい言語ですがプログラミングの才能がある方にとってはおススメです。

OSなどの処理速度が求められる分野においてはいまだに多く採用されており、今後も処理速度が求められるところでは採用され続けるでしょう。

また、いわゆる汎用機(メインフレーム)という大型コンピュータのほとんどがC言語で動いているためそういったレガシーなシステムの維持の仕事も多くあります。

Ruby

Rubyは主にWEBサービスやアプリ開発の分野で活躍する言語です。

Rubyのタイプ分けについては以下の表をご確認ください。

Rubyは日本人のまつもとゆきひろ氏が考案した言語で日本で開発された言語の中で初めて国際電気標準会議(IEC)に認定された言語であり当時は多くの注目を集めました。

「Ruby on rails」というRuby専用のフレームワークが開発されたことで使いやすさがぐっと上がり、そこから広く普及し始めました。

Macには標準搭載されておりMacユーザーは環境構築の手間が省けるので学びやすい言語といえるでしょう。

ですがRuby on railsの完成度が非常に高いため比較的誰が使っても差が出づらく、とびぬけた報酬を期待できる案件はかなり少ないです。

GO(golang)

Go言語はGoogleが開発した言語で幾度かのバージョンアップを重ねて非常に使いやすくなった言語です。

GO言語の特徴については以下の表をご確認ください。

GO言語の特徴は極限までコードをシンプルにしたことにあります。

シンプルにしたからと言って他言語と比較して処理性能が落ちるということはなく、むしろ処理性能においては非常に優秀です。

ですが多機能とは言いづらいため活躍の分野はやや狭まるかと思います。

これからもバージョンアップは重ねていく言語であると予測できるので今後の機能の追加にも期待が持てるでしょう。


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事