【ジョージ・ソロス】ウクライナとの深い関係(イングランド銀行を潰した投資家)

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

世界的にも有名な投資家であるジョージ・ソロスはウクライナに大金を注いでいたり、元々「イングランド銀行を潰した男」としても知られています。

ジョージ・ソロスは中央ヨーロッパ大学の創設に携わるほか、哲学の博士号を取得するなど、金融業界のみならず様々な分野で活躍しています。

また、慈善事業にも積極的であり、南アフリカ在住の黒人生徒がケープタウン大学に通えるよう援助を行ったこともあります。

 

ジョージ・ソロスの生い立ち

日本円にして2兆円以上の資産を保有するといわれるジョージ・ソロス。彼は1980年にハンガリーブダペストに生まれました。

ジョージ・ソロスが「イングランド銀行を潰した男(The Man Who Broke the Bank of England)」と呼ばれ、世界的な成功をおさめることができたのはイギリスで起きたポンド危機が関係します。

歴史を顧みても大きな通貨危機であったポンド危機において、ジョージ・ソロスは購入されすぎたことによって割高になっていたポンド通貨に目をつけ、100億ドル相当のポンドで空売りを仕掛けるという勝負に出ました。

イングランド銀行はジョージ・ソロスに対抗したものの、ソロスは10億~20億ドルの利益を結果的に得ることに成功しました。

ジョージ・ソロスの活動は投資に留まらず、社会における様々な分野に貢献しています。

オープン・ソサエティ財団 の創設に携わるほか、中央ヨーロッパ大学 (CEU)やインスティチュート・フォー・ニュー・エコノミック・シンキングの創設にも関わります。

また、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスにおいて哲学を専攻し、博士号を取得しています。

ジョージ・ソロスの慈善事業

ソロスは1970年代から慈善事業に携わっています。

アパルトヘイトが行われている南アフリカにおいて黒人生徒がケープタウン大学に通学できるよう資金を援助したほか、鉄のカーテンの後ろで反体制運動家たちに資金提供を行っています。

ジョージ・ソロスは投資家でありながら、哲学博士の学位を保有しているように、学問に対しても高い関心を寄せていました。

中央ヨーロッパ、及び東ヨーロッパ各地の大学に援助するほか、科学者たちにも資金援助を行っています。

 

また、ジョージ・ソロスは世界の将来についてもよく考え、国際社会のために活動を行っています。

ジョージ・ソロスはドラッグの危険性をよく理解してたため、ドラッグを廃止するためのドラッグ禁止法の設立を目指しました。

また、2009年にはニューヨーク州の貧困家庭の子どもたちに1億7,500万ドルの寄付を行っています。

「国境なき政治家」としてのジョージ・ソロス

ジョージ・ソロスはマケドニアの元首相であるブランコ・ツルヴェンコフスキから「国境なき政治家」という呼称を授かりました。

この呼称を気に入った彼は「国境なき政治家」を自称するようになります。

ジョージ・ソロスの慈善事業は幅広い範囲で行われています。

例えば、ポーランド民主化運動では労働組織の連帯をサポートし、ソビエト連邦による支配が終結するようにと手を貸しました。

また、2003年にグルジアで勃発したバラ革命では資金面でサポートを行い、ロシアと西欧双方における部識者の一部から「重要な役割を果たした」と高い評価を受けました。ジョージ・ソロスは自身への評価に対して「誇張されたものである」と謙虚な姿勢で対応しています。

ジョージ・ソロスの成功の秘訣

ここまで説明してきたように、ジョージ・ソロスは投資によって莫大な富を築き、様々な事業に携わるなど世界的な成功者になりました。

以下、ソロスの成功の秘訣を見ていきましょう。

社会における危機をチャンスに変える

ジョージ・ソロスの投資における成功の秘訣は挑戦的であり、失敗を臆しないところにあるといえるでしょう。

また、世の中や社会で正しいと見做されていることに対する疑いの眼差しも成功の秘訣といえます。

ジョージ・ソロスが「イングランド銀行を潰した男」といわれるほど、イングランド銀行から莫大な利益を得られたのも、「市場は常に間違っている」という彼の投資哲学があったからです。

市場への疑いに加え、約100億ドルを躊躇せずにつぎ込んだ大胆さがあったからこそ、ソロスは成功することができました。

 

ジョージ・ソロスは「人為的規制によって市場の流動性を低下してはいけない」という信念を抱き、投資を行っています。

イングランド銀行と闘い、ポンド下落を勝ち取ることができたのもこの信念に関係します。

ジョージ・ソロスの挑戦はポンド危機に留まりません。1997年におけるアジア通貨危機でも莫大な利益を生み出したといわれています。

世界経済、ないし社会における経済が緊迫状態にある中で、高い利益を生み出すソロスには、社会情勢に屈しない強さがあるといえます。

市場と真摯に向き合う精神力

ジョージ・ソロスは莫大な金額を運用し、多くの企業に出資してきました。ジョージ・ソロスはソロス・ファンドのトップを勤めますが、投資した企業について口出しをすることは基本的にありません。

ジョージ・ソロスの関心は投資を行った企業の経営ではなく、市場にあるからです。

 

世間からも注目されているジョージ・ソロスは、投資で高いリターンを上げることを常に期待されていました。世間の目やプレッシャーに負けることなく、ソロスは平常心を保ち、利益を上げ続けてきました。

ジョージ・ソロスは他者から助言を授かることも難しく、失敗した場合には責任を負わなければならないというプレッシャーに負けず、市場と向き合ってきたのです

まとめ

ジョージ・ソロスは莫大な資産を保有する世界的な投資家として知られています。

ソロスは通貨危機の状況下で利益を生み出すことに乗り出すなど、挑戦的、かつシャープなイメージがありますが、彼は資産の多くを途上国や新興国のために使っています。

多額の富を築いても私利私欲に走ることなく、貧しい人たちや不利な立場のある人たちのためにお金を使っているのです。

ジョージ・ソロスが社会的弱者にあたたかい眼差しを向ける背景には、幼少期の不安に包まれた移住経験や、経済的に恵まれなかったロンドンでの学生時代が関係していると考えられます。

今でこそ経済的に成功し、数多くの事業にも携わっているジョージ・ソロスですが、彼自身もまた人生において数々の苦労をしています。

そして、投資家として成功した後も、責任や失敗と隣り合わせの状況の中、挑戦を恐れず、自身の勘や考えを信じ、投資家として利益を上げ続けているのです。


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 ハイローラー向けの高額入出金できるカジノのTOP5ランキングです。数あるカジノの中から入出金限度額・リベート率・VIP特典を比較して選びました。今まで出金にストレスを感じていた方はここなら一切感じさせないサイトばかり厳選していますので、詳しくはこちらのページで!

   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事