Bonanza(ボナンザ)のスペック・確率・ボンズカジノスロット実戦

ボンズカジノについて

Bonanza(ボナンザ)はオンラインカジノの中でも多くのプレイヤーが利用しているスロットで、定番ゲームとして準備されています。

その理由として、Bonanza(ボナンザ)はペイラインが非常に多く用意されていること、そして高配当を狙える爆発力を秘めたスロットという要素があります。

今回はBonanza(ボナンザ)はの基本的なルールや高配当を狙える条件などを解説します。

Bonanza(ボナンザ)のあるオンラインカジノ

Bonanzaが設置されていて、私がお勧めできる優良オンラインカジノは以下です。

ベラジョンカジノ

インターカジノ

カジノシークレット

ビットカジノ

ボンズカジノ

 

Bonanza(ボナンザ)のスペック・フリースピン確率

BonanzaはBig Time Gamingというメーカーが開発したビデオスロットです。

一般的な他のビデオスロットと異なり、リール内に表示される絵柄の数が変化するというルールを持っています。

この影響により、ペイラインがかなり多くなるという傾向があります。

Bonanza(ボナンザ)のスペックやフリースピンの確率については以下の通りです。

リール数 5つ
ライン数 最大117649通り
賭け金 0.2~20ドル
ペイアウト率 96.0%
ジャックポット なし
フリースピン確率 約1/350

 

目を引くのはペイラインの数です。

最大で117649通りもの的中ラインが存在するという変わった機種となっており、他のビデオスロットでは的中しないような変則ラインで的中している場合があります。

その一方で、賭け金の上限があまり高く設定されていない点やペイアウト率がそこまで特別に高くない数字である点には気をつける必要がありますが、短期的に見ればかなり波が荒くて出るときは出まくるようなスロットです。

 

そして気になるBonanza(ボナンザ)のフリースピンの初当たり確率ですが、メーカー公開はされていないものの、ある外国人プレイヤーが800万回転も回した結果、フリースピンに当選した確率を計算すると1/350に落ち着いたと言っているので、およそこのくらいの確率だと思われます。いくつかの掲示板を見回ってもこのくらいの数値で収まっています。

初当たりが軽いのか重いのかで言うと、Bonanza(ボナンザ)のフリースピン確率は重いほうです。

一般的なスロットでも1/200~1/300、初当たりが軽いとされるハワイアンドリームでも1/100程度なので、やはり1/350はなかなか当たってくれません。

自分でBonanza(ボナンザ)を打っていると本当にフリースピン当選してくれず、短いスパンでは1/600とか1/800という確率にすら偏ります。

しかし、Bonanza(ボナンザ)独特というか、1リール内に6マスや2マスなど変則的かつ上段に4枠あることで、Wildまで含めるともはや自分でどれが当たりラインか判断できないほどで、これが1ゲーム内に起こりやすいので突然大きなリターンが生まれるのも日常茶飯事です。

有効ライン数が117649通りもあるおかげなのか、フリースピン以外の通常ゲームでもバンバン100倍や200倍の配当がもらえることが多いので、そこまでヤケドしないスロットという印象です。

通常ゲームなのに連鎖が絡まって1000倍くらいでも普通にリターンされるので、フリースピン待ちのスロットではないんです。

まるでミリオンゴッド神々の凱旋でプレミアGODはなかなか引けなくても、通常のゴッドゲームだけで10連荘してくれるときに似た錯覚すら感じさせるスロットなので、割と遊べる印象です。

Bonanza(ボナンザ)の基本的なゲーム性

Bonanzaは5つのリールから絵柄が出てくるスロットです。

毎回表示される絵柄の数は変化します。これはMegaways機能により、1つのラインに最大で7つまでの絵柄を発生させられるためです。

そして、絵柄が表示される数はランダムで設定されており、場合によっては2つ程度の絵柄だけが表示される場合もあります。

 

こうした絵柄が変化するタイプのゲーム性となりますので、基本的にペイラインが定まっておらず、最大で117649通りという形になります。

一番多くのパターンに直面すると、色々なラインで的中している可能性があります。

外れたと思っても的中しているパターンは嬉しいところでしょう。

用意されている絵柄は宝石と9~Aの数字となります。

3つ以上揃った場合に限り的中扱いとなりますが、数字についてはほぼ元返しが期待できないような倍率となっています。

特に9と10は6つ揃えても1倍以下に設定されているため、あまり大きな還元には期待できないのです。

 

一方で紫の宝石が揃った場合、最大で50倍の配当が得られます。

紫の宝石が多く出てくれることに期待して、通常時はスロットを回し続けるといいでしょう。他にも赤や青の宝石がそこそこの配当を提供してくれます。

 

ワイルド絵柄のゲームはチャンス

Bonanzaにはダイナマイトの絵柄であるワイルドが用意されています。

これはすべての絵柄として利用できるもので、ライン上に1つでもあれば的中のチャンスが広がります。

ハズレゲームも多い中、ワイルド図柄が止まっただけで何かしら有効ラインが生まれている場面が多いんです。

ワイルド絵柄もリール上で多くの幅を占めるパターンで登場する可能性があり、上手に使えば1リール分のワイルドとなる可能性があります。

ワイルド絵柄が出てきたタイミングは高配当ゲームのチャンスと判断しておきましょう。

Bonanza(ボナンザ)のフリースピン

Bonanzaは「GOLD」というスキャッター絵柄が存在します。

このスキャッター絵柄のGOLDが4つ揃った場合、フリースピン初当たり当選となります。

用意されているフリースピン回転数は12回ですが、+5という絵柄が入った場合は追加で5回のフリースピンが支給され、フリースピンでの一撃の出玉を伸ばす大チャンスです。

 

フリースピンは無料でBonanza(ボナンザ)のスロットを回転させるボーナスゲームで、フリースピン終了まで無料でプレイできます。

また、スロットの形式が特殊なものに変更され、ゴールドバーを乗せたトロッコが追加されます。このゴールドバーを3つ揃えるとフリースピン回数が増えます。

 

フリースピン中に的中した場合、マルチプレイヤーとして×2、×4、×8など追加で倍率が上昇するシステムが採用されています。

最初のうちは的中しても1倍や2倍といった、あまり大きな配当を得られない状況となりますが、連鎖を繰り返していると10倍以上に到達するようになります。

追加のフリースピンなどを駆使すれば、マルチプレイヤーを20倍以上に到達させることが可能です。

これに紫の宝石が持っている最大倍率50倍を組み合わせると、1,000倍以上の配当を得られる場合があります。

 

Bonanza(ボナンザ)で配当を上げるには

Bonanzaの最高配当はフリースピン中のマルチプレイヤーを引き上げることで実現できます。

要するに、続けて図柄揃いを起こす連鎖が1ゲーム内に続けばどんどん倍率が上がるんです。

先ほど説明した通り、マルチプレイヤーの数字を引き上げれば無限に倍率を上昇させられるため、ゴールドバーの出方次第では30倍も40倍も狙えるようになります。

 

これに絵柄が持っている倍率を組み合わせると、1,000倍や2,000倍といった高倍率も狙えるようになります。

フリースピン中は大きな配当を得るチャンスとなっていますので、フリースピンに到達した時は少しでも的中回数が増えることを願ってスロットを回しましょう。

なお、通常時の最大倍率は紫の宝石を6つ揃えた場合の50倍であり、これを重複させて100倍以上の配当を狙う形となります。

 

ボンズカジノでBonanza(ボナンザ)実戦でフリースピン大当たり!

今回はボンズカジノでBonanza(ボナンザ)実戦していきます。

ログインして、100ゲームほど回したときでした。

オートプレイで10分くらいでのフリースピン大当たりです。

そこそこクレジットを減らしつつ、何気ない通常ゲームで連鎖が始まり、その時点ではまだ「G」と「O」の2文字が見えていて、上から残りが落ちてこないかなぁと見ていると、一気に「L」と「D」も落ちてきました!

このパターンは結構レアです。と言ってもレバーオンの時点でフラグは立つのであくまでも演出なんですけどね。

これで画面内に「GOLD」の4文字が出現したので、フリースピン大当たりです。

いつもボナンザを打つときはどれくらいハマるかなぁと忍耐の覚悟で挑むのですが、意外にもあっさり初当たりをゲットできました。

 

さぁ、Bonanza(ボナンザ)でフリースピン大当たりを消化していきます。

12回転が初期ゲームです。

絵柄が揃うほどマルチプライヤーが加算されていき、フリースピン大当たりでの場合は途中でハズレを挟んでも倍率はリセットされないので、揃えば揃うほど配当の全てにマルチプライヤーが働いてくれます。

 

ゴールドバーを乗せたトロッコが3つ揃うと「+5ゲーム」なので2つある時点でアツいのですが、残念ながらそうはならず。

 

それでも順調にラインは揃っていき、マルチプライヤーも「×6」まで育ちます。

まだまだこんなものじゃないです。

 

「×10」まで育ちます。すべて画像を撮りきれないのですが、図柄が揃うごとに配当が10倍になって払い戻しされるので本当大きいです。

 

最終ゲームの12回転目に連鎖と高配当図柄が揃ってくれたおかげで1664ドルの大波が来てくれました。

実は11回転目まで少し出玉がショボかったのですが、一気に大台に乗ってくれました。

Bonanzaのフリースピンはマルチプライヤーが積み上げ式のおかげで、最終ゲームに近づくほど高配当になりやすい傾向があるので、最後までドキドキできます。

 

結局今回のフリースピン大当たりでは一撃2007ドルを吐き出してくれました。

5ドルベットで100回転でしたが、払い戻しもあって投資は300ドルくらいだったので、収益は「+約1700ドル」ですね。

ものの10分やそこらで17万円を稼いでしまいました。

10ドルベットにしていれば34万円だったのに・・・という後悔はキリが無いので私はしないようにしてますが、Bonanza(ボナンザ)の威力を少し感じていただけたのではと思います。

 

Bonanza(ボナンザ)が遊べるオンラインカジノはどこ?

Bonanza(ボナンザ)は多くのオンラインカジノで採用されています。

その理由として、Bonanza(ボナンザ)のゲーム性が非常にいいことに加えて、マルチプレイヤーの上昇による驚異的な配当が狙えるという点で評価されているためです。

Bonanzaが設置されていて、私がお勧めできる優良オンラインカジノは以下です。

ベラジョンカジノ

インターカジノ

カジノシークレット

ビットカジノ

ボンズカジノ

数多くのオンラインカジノで採用されているBonanza(ボナンザ)ですが、特にオススメできるのがボンズカジノです。

ボンズカジノは豊富なボーナスを提供しているため、Bonanza(ボナンザ)に挑戦できる回数を増やせる利点があります。

 

また、ボンズカジノは安心して遊べるように整えられているオンラインカジノでもあります。

Bonanza(ボナンザ)で得た金額が出金できないなどの問題もなく、安心して遊び続けられるのはいいところでしょう。

 

Bonanzaはオンラインカジノに用意されているビデオスロットでも、特殊なライン構成が期待できるスロットです。

ペイラインが多い反面、個々の絵柄が提供している倍率はあまり高くありません。

なるべく的中を重複させるなどして、配当を高められることに期待しましょう。

Bonanza(ボナンザ)の負けパターンとしては、初当たりフリースピンが当たらないまま通常ゲームでも高配当に恵まれないときですね。根気がいる機種です。

少しでも多くのゲームに挑戦したいと考えているなら、Bonanzaで使えるボーナスを提供するボンズカジノを利用してください。

error:
タイトルとURLをコピーしました