ボンズカジノにもいるハイローラーとはどんな人種なの?

ボンズカジノについて

少しカジノに慣れている人なら耳にしたことがあるハイローラーというのは、全カジノプレイヤーの憧れでもあります。

ハイローラーになれば、カジノ側から様々なサービスを受けることが出来ますが、一般人の場合は難しいでしょう。

今回は、そんなハイローラーになるためにはどうすれば良いのかということについて解説していきます。

ハイローラーになるのは、とても簡単だが条件が一般人には難しい

結論から紹介しますが、ハイローラーになるのはとても簡単で、バンクロールが高額になればカジノ側からハイローラーとして認識されることになります。

バンクロールというのはポーカー用語の一つですが、簡単に説明すれば「ゲームをプレイするための資金」を指します。

つまり、カジノで遊ぶための資金をいっぱい持ってきている人のことを、ハイローラーと呼びます。

 

それでは、どれくらいのバンクロールがあればハイローラーとして認識されるのかというと、一般的には最低でも1,000万円~1億円程度の資金が必要だとされています。

これは、資産がこの金額ということではなく、あくまでもバンクロールの金額なので、「カジノで遊ぶための資金が最低でも1,000万円~1億円ある状態」ということです。

そして、資金があるだけではなく、毎回のBET額が最低でも10万円以上であることがハイローラーの条件とされていますので、お金持ちには大したことのない金額かもしれませんが、一般人には難しいでしょう。

ハイローラーの上には、ウェール、そしてメガウェールと呼ばれる人たちが居る

ハイローラーはバンクロールが数千万円以上必要とされていますが、カジノ業界にはハイローラーのさらに上位のウェールと呼ばれる人たちも居ます。

ウェールと認識されるためには、バンクロールが数億円以上、さらに1回のBET額は数十万円~数百万円という賭け方をする必要があります。

 

さらにウェールの上にはメガウェールと呼ばれる人たちが居て、その人達はバンクロールが数十億円~数百億円という、まさに桁が違う賭け方をする人たちです。

ウェール以上になると、その人達の戦績がカジノの利益に直結すると言っても過言ではありませんので、どのカジノでもウェールプレイヤーは引っ張りだこになります。

 

そのため、ハイローラーやウェールになるとカジノ側から様々なサービスを受けることが出来て、最上位のメガウェールになるとプライベートジェット機やロールスロイスで自宅からカジノまでドアtoドアで繋いでくれます。

さらに、執事を始めとする24時間体勢の専属スタッフを何も言わなくてもカジノ側が用意してくれるので、まさに至れり尽くせりの状態でカジノを楽しむことが出来ます。

まとめ

カジノにとってハイローラーは上客という認識がありますが、ウェール以上になると上客でありながら恐い存在でもあるとされています。

その理由としては、ウェール以上の人たちは賭け金も大きくアップするので少し勝ちすぎるとカジノ自体が倒産してしまう恐れがあるためです。

一般人からすると雲の上の存在に感じるかもしれませんが、現時点で世界にはウェール以上の人たちが500人ほどいるとされています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました