モンテカルロ法の損切りのタイミング(ボンズカジノ攻略編)

ボンズカジノについて

モンテカルロ法はカジノゲームを攻略する戦術としても有名ですが、慣れるまでは紙とペンが必要となるために、実際のカジノでは実践するのが難しい攻略法でもあります。

ボンズカジノの場合はオンラインカジノとなっているために、こちら側の仕草や動作が相手側から見えないために堂々とモンテカルロ法を実践することが出来ます。

攻略法の練習としてもボンズカジノは最適です。

モンテカルロ法を実践する場合には、損切りのことも考えておかないとズルズルとマイナスになってしまうこともありますので、その点については気をつけなければいけません。

モンテカルロ法の損切りのタイミングとは?

モンテカルロ法を実践する際には「配当2倍のゲーム」もしくは「配当3倍ゲーム」でプレイすることになります。

当然のことながら、配当3倍のゲームよりも配当2倍のゲームのほうが当たりやすく、リスクと利益の管理をしやすいのが特徴的です。

 

しかし、あまりにも連続して負け続けると巻き返すのが難しくなるのがモンテカルロ法の特徴となっているので、ある程度の時点で損切りをしなければいけません。

損切りのタイミングに関しては、その時点での勝ち額や負け額、ベースとなるBET額などによっても変動するため、「絶対にここで損切りをしましょう!」というようなものはありません。

 

そのため、自分で損切りのラインを決めておくことが大切です。

例えば、よくあるケースとしては、「2倍配当のゲームで4連勝してもプラスに転じない」とか、「3倍配当のゲームで3連勝してもプラスにならない」というような状態で損切りとするケースが多いです。

基本的に、2倍配当のゲームは勝率が約50%となっていて、3倍配当の場合は勝率が約33%となっているケースが多いです。

 

勝率50%のゲームで4連勝する確率は16分の1(6%ちょっと)となっていて、3倍配当の場合は27分の1(4%弱)というような数値となるので、この辺りから連勝するのが難しくなります。

しかし、モンテカルロ法を使用していると、連敗したり戦績が悪かったりしても大きくマイナスにならないのが特徴なので、ある程度のところで損切りをして、またゼロから始めることで合計がプラスに転じることも少なくありません。

 

モンテカルロ法の2倍配当と3倍配当の使い分けについて

モンテカルロ法を使用する際の条件としては「2倍配当ゲーム」または「3倍配当ゲーム」となりますが、これらの使い分けについて簡単に紹介します。

ポイントとしては「勝ち額を大きく求める」のか「負け額を小さくするのか」ということに注目してください。

 

2倍配当の場合にモンテカルロ法を使うと、負け額を小さくすることが出来て、3倍配当の場合は勝ち額を大きくすることが出来るケースが多いです。

ただし、これは逆のことにも繋がり、2倍配当では大きく勝つことは難しく、3倍配当では大きく負ける可能性も高くなります。

 

そのため、使い分けのポイントとしては、ローリスクローリターンを狙うのか、ハイリスクハイリターンを狙うのかで分けると良いでしょう。

まとめ

モンテカルロ法は他の戦略と比較して、低予算で始めることが出来て、少額の勝ちを積み上げやすい戦術となっています。

そのため、実践したいという人は多いのですが、慣れるまでは紙もペンが必須となりますので、実際のカジノでプレイするよりも、ボンズカジノのようなオンラインカジノでプレイしたほうが良いでしょう。

損切りをキッチリとしておけば勝ちやすいタイプの戦術でもありますので、まずはプレイしてから試してみてください。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました