Joker Strike(ジョーカーストライク)スロット実戦・スペック・確率・一撃の高額配当も

スロット実戦記

今回はJoker Strikeというビデオスロットについてご紹介を行っていこうと思います。Joker Strikeの概要やゲーム性、遊び方やゲーム進行について詳しく触れていきます。
特徴のなさそうなビデオスロットに見えるJoker Strikeですが、プレイヤーを楽しませてくれる特殊演出もしっかりと実装されているので、まだ遊んだ事がない方は必見です。

Joker Strikeは人気スロットとして現在下記のオンラインカジノで取り扱われています。

 

 カジノシークレット

 ビットカジノ

 ボンズカジノ

 

 

Joker Strikeの概要・ゲーム性について

Joker StrikeはQuick spin社(クイックスピン)からリリースされているビデオスロットです。
これといってモチーフやテーマのようなものは見受けられませんが、ジョーカーとゲームタイトルに掲げているだけあり、トランプのジョーカーなどに使われるピエロの絵が特徴的です。
ゲーム画面などを確認する限りはシンプルなスロットである印象を受けますが、しっかりと大爆発する機能も盛り込まれているのでご心配なく。

 

Joker Strikeの概要は以下の通りとなっています。
ベット・・・0.01~10ドルまで
還元率(RTP)・・・約96.4%
リール・・・3リール×5列
となっています。
RTPの値も含め、他社のビデオスロットとそこまで大差のない仕様になっていますね。

Joker Strikeの絵柄・役割について

Joker Strikeで使用されている絵柄はとてもシンプルでわかりやすいデザインにまとまっています。
高額配当シンボルに使われているのはゲームタイトルにも表示されているピエロの絵柄。
中程度の配当を得られるシンボルには7の絵柄に、スター、ベルの絵柄が用いられています。
低額配当シンボルにはトランプのスートが使われており、ハート・スペード・クラブ・ダイヤの順で低額になっていく仕様です。

 

以上の8種類のシンボルが、Joker Strikeにおけるゲーム進行に使われる基本シンボルになりますのですが、しっかりと内容を覚えておく必要はありません。
どのシンボルが高額配当なのか、なんとなく覚えておく程度で十分だと思います。

Joker Strikeの特殊シンボル

Joker Strikeにはワイルドシンボルが登場します。金色の背景にWILDの文字が刻まれたこのシンボルは、全てのシンボルの代わりとして機能する重要なシンボルなので、リール上に出現している時はプレイヤーの大きな手助けになってくれるという事を覚えておきましょう。

以上がJoker Strikeで使われている絵柄の紹介です。

 

ゲームの内容自体もそうですが、絵柄のデザインも含めて非常にスマートにまとまっているのは個人的にもおしゃれだな、と感じています。

では、遊び方や実際のゲーム進行についても触れていきましょう。
ここからがJoker Strikeの面白い部分なので、お見逃しなく!

Joker Strikeの遊び方・ゲーム進行について

Joker Strikeの基本ゲームの進行については、普段からビデオスロットをプレイしている方にとっては特に目新しくはないと思われます。
ペイラインは10通りで、リール最左から3つ以上の絵柄が並べば配当成立という仕様になっています。

 

クイックスピン機能も搭載されており、またオートスピンももちろん使用することが可能です。
オートスピンは損失リミットなどの設定を細かく入れておくことも可能なので、利用する際は是非設定しておくことをおすすめします。
ベット数は最小0.01ドルからスタートできるので、資金力の乏しい状態からでも始めやすいのはメリットといえますね。

 

ここまでが基本説明ですが、Joker Strikeにはジャックポットの機能は搭載されておらず、また他社のビデオスロットにあるようなスキャッターシンボルも存在していないため、何が言いたいかというとフリースピンも存在していません。
じゃあ稼げる方法ないじゃん!と思うかもしれませんが、Joker Strikeにはフリースピンやジャックポットの代わりになる特殊演出がしっかりと用意されているので、そちらについて解説していきましょう。

Joker Strikeの特殊機能・演出について

Joker Strikeにはプレイヤーを大勝利に導いてくれる嬉しい機能や演出があります。大きく分けて2つあるので、順番に見ていきましょう。

Joker Strikeフィーチャー演出

Joker Strikeの最も魅力的なボーナスイベントが、このJoker Strikeフィーチャーです。
このフィーチャーを上手く活かすだけで大勝利が狙えるようになっているので、細かく確認していきますね。

Joker Strikeのフィーチャー演出は、通常ゲーム時に登場します。
演出発動条件はいたって簡単で、「配当を成立させること」が条件となっています。
要はこのJoker Strike、通常ゲーム時に配当を如何にして成立させるかがゲームのカギを握っています。

 

フリースピンやジャックポットがない分、どれだけ配当を成立させて、このJoker Strikeフィーチャーを発動するかで勝ち負けが決まるといっても過言ではありません。

Joker Strikeではリールの周りに使われているシンボルと同じ絵柄が並んでおり、配当が成立することでリール周囲に描かれているシンボルと、配当が成立したシンボルが点灯。まるでルーレットのようにマーカーがリール周囲の絵柄の部分をくるくると周っていき、点灯している、つまりそのゲーム時に配当を成立させた絵柄と同じ部分でマーカーが止まることで、Joker Strikeというイベントが開始される、という仕様です。

Joker Strikeが発動すると、そのゲーム時に配当を成立させたシンボルがリール上にランダムに追加されます。そこで追加配当を得ることができるので、より配当を成立させていくことが重要、ということになります。

一回のスピンで複数のシンボルを絡めて配当が成立した場合、Joker Strikeフィーチャーで点灯するシンボルも同じものが全て点灯する仕様になっているので、一度に複数の配当を得た場合は追加で賞金を得られる可能性大、です。

 

Joker Strikeフィーチャーは上手く決まれば超高額配当のチャンスを得られるボーナスゲームであることは確かなのですが、毎回通常ゲームを行うたびに狙う必要があるのと、やはり簡単には決まってくれません。
気長に待つのも良いですが、後述するハイローラー機能を利用すればプレイヤーに更に追い風を吹かせることができるんです。

Joker Strikeのハイローラー機能

Joker Strikeにはハイローラーという機能が搭載されています。
先程解説させていただいたJoker Strikeフィーチャーと密接に関わっているのがこの機能で、これを上手く利用することで高額配当をぐんと狙いやすくなります。
Joker Strikeにおけるハイローラー機能を利用したRTPはなんと約98%にも上るといわれているので、早速見ていきましょう。

 

そもそもハイローラー機能というのは何か?
簡単に解説すると、ボーナスゲームを購入してしまう機能のことをいいます。
他社のビデオスロットにも時折、フリースピンを購入できるものがあると思いますが、そちらと同じような機能と思ってもらえたらどういうものなのか掴みやすいのではないでしょうか。
Joker Strikeにおけるハイローラー機能は3種類存在しており、それぞれ購入するためのドル数が違います。

 

以下でそれぞれの機能について解説していきます。

 

『20ドルで購入出来るハイローラー』
一番低額で購入できるこのハイローラー機能については、まず5回のスピンが確定でついてきます。
更に、スピン中のリール内にランダムでエクストラワイルドシンボルが必ず登場するので、1ゲームごとの配当を得られやすくなるという特徴があります。

 

『30ドルで購入できるハイローラー』
先程のハイローラーの1段階上のこちらについては、5回分のスピンを確定で得ることが可能で、低額で購入できるハイローラーと同様にリール上にエクストラワイルドが出現します。
更に、ボーナスはそれだけでは終わりません。
Joker Strikeフィーチャーにおける外周に設置されているシンボルに、ワイルドシンボルが追加されます。
どういうことかというと、ワイルドシンボルを絡めた配当を得た時にJoker Strikeフィーチャーが発動し、ワイルドシンボルに見事マーカーが止まれば、リール上にランダムな戸数のワイルドシンボルが現れることになります。
つまりは、複数の配当を一気に得るチャンスがあるということになるので、高額配当を当てられる千載一遇のチャンスができる、ということですね。

 

『50ドルで購入できるハイローラー』
購入できるハイローラーとしては最高額の50ドルハイローラーに関しても、先の2つと同様に5回のスピンが約束されており、エクストラワイルドが必ずリール上に出現する仕様になっています。
Joker Strikeフィーチャーが発動したときに外周のシンボルにワイルドシンボルが設置されている部分はもちろん、配当を得た時に回転するマーカー数が2個に増えるというやばすぎ仕様が増えているのがこの最大特典を得られるハイローラーです。

この2つのマーカーが上手く働けば、リール上を大量のワイルドシンボルで覆うことも夢ではありません。実際に一発で100万以上の配当を得ることができた方もいらっしゃるようです。

以上がJoker Strikeのハイローラー機能についての解説となります。
爆発力もさながら、ボーナスゲームを実質購入できてしまうのは非常に大きいので、資金にある程度余裕がある方は基本的にハイローラー機能を中心にゲームをプレイしていくのが良いでしょう。

 

Joker Strikeスロット実戦

それでは小一時間ほどですが、Joker Strikeのスロット実戦をしていきます。

ボンズカジノで€10ベット、クレジット残高€4793から開始です。

 

開始23ゲーム目、ハートが4リールで停止し、枠外のルーレットにも当選すると、リール上にハート図柄が変換されていきます。

 

1ゲームで28倍の配当となりました。

高額配当の肝になるのは、3リール揃いでは弱くて、4リールか5リール揃いのときにルーレット当選させられるかどうかに掛かっているようです。

 

そのときに図柄も高配当の7やジョーカー図柄だと一撃配当にかなり期待できますね。

引き続き回していきます。

 

ワイルド図柄を含めてスペードと★マークの複数ライン当選になりました。

枠外ルーレットも2種類でチャンスが受けられるので、ワイルド図柄のときもまた大きなチャンスです。

 

クローバーが3リール当選からの枠外ルーレット当選ですが、これくらいのも結構来てくれます。

まだ開始からトータル60ゲームほどですが、残高はすぐ戻ってきます。

 

 

5リール揃いのときはやっぱり高配当になってくれます。残高も€5177と増えました。

 

€30のボーナス購入実戦

ここでJoker Strikeの特徴でもあるボーナス購入をしていきます。

今回は3段階ある真ん中の€30でチャレンジです。

 

購入ボーナスは5ゲームのスピン+リール上にワイルドです。

ワイルド図柄は独自にグルグル回っていて、ランダムに停止します。

今回はなんとノーボーナスでした。何もリールに揃わず終了です。こんなこともまぁあるでしょう。

 

2回目のボーナス購入実戦でワイルドが

2回目のボーナス購入です。

 

 

3ゲーム目にワイルドが上手く停止してくれて、ベルが4リール揃いです。

ここで枠外ルーレットにも当選しました!

 

上段を見ると通常ゲームと違い、ハイローラーのボーナス購入からはワイルド変換に。

これはアツい!

 

何とか高額配当を叩き出すことに成功です。

 

2回目のボーナス購入で獲得できたのは€236です。

購入金額€30×2回なので、投資60で236を回収なら十分な勝ちです。

たった1回でも大きな配当に恵まれれば一発逆転できるスロットなのだと分かりました。

 

打感で言うと、Joker Strikeは小役の当選時にいちいち止められて枠外ルーレットが回されるので、回転効率的には良くないですが、それならボーナス購入しちゃえば解消されるだけです。

 

配当も通常ゲームよりハイローラーのほうがワイルドがバラまかれるので高額当選しやすいというのもMEGA WINへの近道です。

Joker Strikeがあるオンラインカジノ

今回はシンプルながら爆裂力を秘めているおしゃれビデオスロット、Joker Strikeについての解説を行っていきました。
Joker Strikeは人気スロットとして現在下記のオンラインカジノで取り扱われています。

 

 カジノシークレット

 ビットカジノ

 ボンズカジノ

 

 

他社のビデオスロットのようにフリースピンなどのイベントは用意されていませんが、資金さえあれば毎回ハイローラー機能を利用してほぼ確定でボーナスを得られる部分は非常に優秀だといえますので、もし遊ばれる際は是非参考にしてみて下さい。

是非皆さんも、高配当の潜在能力を秘めたこちらのJoker Strikeで遊んでみて下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました