オンラインカジノの歴史・作られた国・法律の話

ボンズカジノについて

今でこそ当たり前のように登場するオンラインカジノですが、実はここ20年の歴史しかありません。

意外と最近なんだ!と思いがちですが、よくよく考えるとそれは当然の話です。

そもそもオンラインカジノの歴史はインターネットの普及と大いに関係があります。

インターネットが普及したのは1995年前後、Windows95が大ヒットを飛ばした時期と一致します。

 

1994年にアンティグア・バーブーダというカリブ海にある国がオンラインカジノのライセンスを発行するための法律を制定しました。

ここで外貨を獲得に成功すると、生き残りを賭けて小国がどんどんライセンスを発行するようになります。

とはいえ、ライセンスがあったところで、オンラインカジノのソフトウェアがなければオンラインカジノはできません。

 

1994年、アンティグア・バーブーダで法律ができるという話をつかんだ会社があります。

それが現在もオンラインカジノのソフトを数多く世に送り出しているマイクロゲーミング社です。

まだまだこれだけではオンラインカジノを安全には運営できません。

次に問題になったのがセキュリティに関する問題ですが、1996年、クリプトロジック社が立ち上がります。

これらが加わったことで、1996年、オンラインカジノの歴史がスタートします。

 

最初に名乗りを上げたカジノは、現在も人気を集めるインターカジノです。

 インターカジノ公式サイトはこちら

 

インターカジノはクリプトロジック社の子会社が立ち上げ、当初から安心なオンラインカジノとして人気となります。

インターカジノは後にインターテイングループに買収され、その後別のオンラインカジノも買収します。

それこそ、現在日本で最も有名なオンラインカジノであるベラジョンカジノです。

 ベラジョンカジノ公式サイトはこちら

 

20年のオンラインカジノの歴史の中で、様々なことが起きました。

ライセンスを持たない違法なオンラインカジノサイトや、不正を働くオンラインカジノサイトが大量に登場します。

ライセンスを発行する国が審査を厳しくするなど、業界内で働きかけがあって、今の安心安全なオンラインカジノが出来上がります。

 

インターネットが普及し、パソコンの処理速度が上がり、スマホでも簡単に遊べる時代となりました。

その都度、オンラインカジノは進化を遂げ、仮想空間にディーラーがいて本場のカジノのような遊び方ができるようになっています。

わずか20年の歴史ではありますが、加速度的に進化を遂げたIT世界同様、オンラインカジノの歴史も急速に進化を遂げたのです。

その中でも2020年に産声を上げたボンズカジノを見てみましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました