ゲンティンハイランド・マレーシアのカジノホテル情報やコロナ影響など

海外のカジノ情報

マレーシアのパハン州にある「ゲンティンハイランド(Genting Highland/雲頂高原)」は、マレーシアの中でも有名なリゾートです。

ゲンティンハイランドはクアラルンプールから約1時間で行くことができ、カジノのほかにも、遊園地とゴルフ場を堪能できるのが魅力です。

マレーシアのラスベガスとの呼び声も高いゲンティンハイランド。

今回はゲンティンハイランドの施設やカジノフロアについて、詳しくご紹介します。

マレーシアに行く機会がある方は、ゲンティンハイランドで素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

ゲンティンハイランドの特徴

パハン州は、マレー半島の中でも最大の州といわれています。

その中にあるゲンティンハイランドは、マレーシア内で唯一の政府公認カジノです。

アジア圏からの観光客も非常に多く、シンガポールや中国からカジノを楽しみに訪れる人も多く見受けます。

カジノ施設のほかにもアウトドアやテーマパークを備え、賭博禁止のイスラム教徒への配慮も抜群です。

ここからはホテル情報を含め、各施設の特徴についてご紹介します。

ゲンティンハイランドの魅力溢れる施設情報をみていきましょう。

高原の中にある施設

ゲンティンハイランドは、高原の中に存在するカジノです。

施設が標高1,700メートルの場所にあるため、冷涼な気候となっています。

特に朝や夜は13度程度に気温が下がるため、旅行にいく際には上着は必須でしょう。

また施設周辺に電車は通っていません。

そのため施設まではバスやタクシーで行くのが基本です。

高原ならではの楽しみ方といわれるのが、ロープウェイの利用です。

ゲンティンハイランドでは、約15分ほどのロープウェイを利用して、Sky Avenue Stationの頂上へ登ることができます。

ロープウェイは混雑しやすいため、時間に余裕がある場合に利用するとよいかもしれません。

併設された遊園地

ゲンティンハイランドには、巨大なテーマパークが併設されています。

屋外・屋内に設置されているテーマパークは、終日多くの人で賑わいを見せているのが特徴です。

2018年に開業した技術屋内施設には、施設内のいたるところに最新技術が使用されています。

スカイダイビングや4Dシアターをはじめ、バーチャルゲームやアトラクションなど、最先端の技術を存分に楽しめるのが魅力でしょう。

また、メリーゴーランドやコーヒーカップもあるため、子連れでも楽しむことができます。

家族でゲンティンハイランドに宿泊した際には、ぜひ利用したい施設です。

ショッピングモール

遊園地の隣には、幅広い年代がショッピングを楽しめる施設があります。

いくつかのショッピングモールがありますが、その中でも人気なのが「プレミアムアウトレットモール」です。

プレミアムアウトレットモールは、山のふもとに位置しているのが特徴です。

また2017年に開業しているため、非常に綺麗な施設となっています。

プレミアムアウトレットモールには約150の店舗が入っており、スポーツショップやシューズショップなど、さまざまなブランドが低価格で購入可能です。

子供向けの施設もあるため、家族で買い物をしたい時にもぴったりでしょう。

お得にショッピングを楽しみたい時に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ゴルフ施設

ゲンティンハイランドには、「アワナ・ゲンティン・ハイランドゴルフ&カントリークラブ」というゴルフ場があります。

アワナ・ゲンティン・ハイランドゴルフ&カントリークラブは、高山の綺麗な空気の中でゴルフを楽しめると人気のスポットです。

18のコースは、幻想的で戦略性のある設計を行うロナルド・フリーム氏が手掛けたものです。

ゴルフが好きな方は、宿泊中に立ち寄りたい施設ですね。

ゲンティンハイランドのカジノ情報

マレーシアで唯一の政府公認カジノである「ゲンティンハイランド」は、24時間営業のランドカジノです。

ゲンティンハイランド内には、3つのカジノフロアが存在し、それぞれに異なる特徴を持ちます。

ここからは、それぞれの特徴についてご紹介します。

ファースト・ワールド・カジノ

ゲンティンハイランドの中心的なカジノと呼ばれているのが、ファースト・ワールド・カジノです。

ファースト・ワールド・カジノでは、基本的なゲームを楽しむことができます。

ルーレットやポーカー、ブラックジャックやバカラなど、多くのテーブルを楽しめるのもポイントでしょう。

スカイ・カジノ

ゲンティンハイランドの中でも最も大きなフロアが「スカイ・カジノ」です。

スカイ・カジノは、スロットマシンの台数が多い印象を受けます。

そのほかにも、巨大なスクリーンで電子ゲームを楽しめるのが魅力でしょう。

スクリーンは全部で7つ存在し、その大きさは約29フィートを誇ります。

巨大スクリーンでゲームを楽しめる施設は、マレーシアのカジノの中でも唯一といわれています。

そのため最新の電子ゲームを楽しみたい場合には、おすすめのカジノ施設です。

カジノ・デ・ゲンティン

カジノ・デ・ゲンティンは、約30種類のゲームが展開されているカジノフロアです。

フロア内には、400種類のテーブルゲームと約3,000台のスロットマシンが設置されています。

具体的には以下のゲームが楽しめるため、さまざまなゲームをプレイしたい方におすすめのフロアです。

・ブラックジャック

・ルーレット

・バカラ

・ミニバカラ

・ポンツーン

・シックボー(大小)

・プログレッシブテキサスホールデム

・パイゴウポーカー

・カリビアンスタッドポーカー

3つのフロアに共通するルール

それぞれに異なる特徴を持つ、「ファースト・ワールド・カジノ」「スカイ・カジノ」「カジノ・デ・ゲンティン」ですが、同様のマナーが設けられています。

ここからは、3つのカジノに共通するマナーやルールについてみていきましょう。

入場制限

ゲンティンハイランドのカジノ施設では、「21歳以上」という入場制限が設けられています。

またパスポートが必須であるため、カジノフロアへの入場の際には必ずパスポート携帯しましょう。

服装に関しては、スマートカジュアルと定められています。

そのためラフすぎる格好は禁止です。

基本的に、以下のような格好は避けたほうがよいでしょう。

・短パン

・露出の多い格好

・サンダル

 

比較的ドレスコードが緩いため、Tシャツなどでの入場も可能です。

しかしサングラスや帽子は、不正防止のために禁止されています。

大きなカバンやスーツケースもふさわしくないとされているため、所持しないように気をつけましょう。

ちなみに荷物がある場合には、付属のロッカールームに預けることができます。

ロッカールームは「顔認証システム」が導入されているため、安心して預けられるでしょう。

クレジットカードや両替

ゲンティンハイランドのカジノフロアでは、マレーシアの現地通貨である「リンギット(RM)」でプレイするのが基本です。

そのため日本円を所持している場合には、あらかじめ両替をしておく必要があります。

実はゲンティンハイランドのカジノフロアには、両替所がありません。

カジノフロアから出た場所には両替所が存在しますが、非常にレートが悪いことで有名です。

そのためレートが良い両替所で両替を済ませておくとよいかもしれません。

 

またゲンティンハイランドでは、クレジットカードの使用も可能です。

VISAやMASTERカードは問題なく利用できるため、持っていると便利かもしれません。

またJCBを含むそのほかのカードは、使用できない可能性があります。

JCBなどのカードを利用したい場合には、事前に問い合わせておきましょう。

ミニマムベット

ゲンティンハイラインドへ足を運ぶ際に、気になるのがミニマムベットではないでしょうか。

ゲンティンハイランドのミニマムベットは、約10RMだといわれています。

1RMが約27円なので、ミニマムベットは約270円ほどということになりますね。

そのため約3万円あれば楽しむことができるでしょう。

10万円あれば、十分に楽しめるかと思います。

ゲンティンハイランドの今後について

新型コロナウイルスの感染拡大により、各カジノ施設では、感染防止につとめながら営業を行っています。

マレーシアは感染拡大に伴い「条件付き行動制限例」が出され、実質的なロックダウンが行われました。

現在は条件付き行動制限例が解除されていますが、ゲンティンハイランドでは各施設で対策を行いながらの営業となっています。

たとえばマスク着用やソーシャルディスタンスの徹底、利用客と従業員のアルコール消毒の徹底など、基本的な対策を徹底しています。

そのため今後も感染対策を徹底しながら、営業が行われていくことと思います。

新型コロナの影響で建設途中であったテーマパークも、今後運営が行われていくと発表されています。

ゲンティンハイランドは、感染拡大が落ち着いたら、ぜひ足を運びたいスポットですね。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました