バカラ攻略法・ボンズカジノを10倍楽しむ方法

ゲーム攻略

【ボンズカジノでバカラをするならこちら】

 ボンズカジノでバカラを検索する

【バカラの勝ち方・攻略法|ルールの5つのポイント】

バカラの勝ち方や攻略法をお伝えする前に、まずは初心者の方にもわかりやすくバカラのルールを5つのポイントにまとめて簡単にご説明しておきましょう。

①バカラはシンプルな2択を選ぶゲーム

②「プレイヤー」・「バンカー」・「タイ」を選ぶだけ

③ディーラーと競うゲームではありません

④カード追加もありません

⑤手持ちのハンドの合計点が「9」に近い方の勝ち

バカラは「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つか、また「タイ(引き分け)」になるかを予想して当てるゲームです。

「タイ(引き分け)」は滅多に出ません。

ポーカーなどのように、手札の強弱を競うものではないので非常にシンプルで、基本的には「丁か半か?」「白か黒か?」「右か左か?」を選ぶような勝率50%のゲームだと思ってください。

ですが、それだけに奥が深く、罫線予想・カウンティング・絞り(スクイーズ)など、自分で戦略を駆使して攻略するのもバカラの魅力です。

ルール 勝利側エリアの予想
勝敗ルール 合計が「9」に近い方が勝利
配当 1.95〜25倍

バカラはほかのカジノのテーブルゲームと違い、プレイヤー同士やディーラーと競うゲームではありません。

バカラでは「プレイヤー」という呼称も、自分を指すものではなく、あくまでもベットエリアの名前だと思っておくとよいでしょう。それではバカラのゲーム進行と詳しいルールをご説明していきます。

 ボンズカジノでバカラを検索する

『バカラの勝ち方・攻略法|基本編①ゲーム進行(流れ)』

バカラは以下の流れでゲームが進みます。

①まずはチップを賭けます。

「プレイヤー」か「バンカー」どちらが勝つかを選んでください。

1ゲームあたり20秒や30秒で終わるのを何十回、何百回で競います。白いマス目が勝敗の履歴データのようなもので、これを参考にしながら予想するわけです。

 

②ディーラーが両方のエリアに2枚ずつカードを配ります。

 

③カードの数字の合計が9に近い方が勝利

10・J・Q・Kは「0」とカウントです。これだとプレイヤーが8、バンカーが0でプレイヤーの勝ちです。

以上がシンプルなバカラの流れです。

バカラの勝敗について

バカラでは、2枚のカードを使って次のポイントで勝敗が決まります。

①配ったカードで「9」に近い数字が出た

②ナチュラル:最初の2枚のカード合計が8か9になった

③タイ:プレイヤーとバンカーの出目が同じ

バンカーが9なのでナチュラルですね。

 

また、特例として「3枚目」が配られる条件もあります。

プレイヤーに3枚目が配られる条件:プレイヤーハンドが「5」以下のとき

・「6・7」のときは引きません

・「8・9」のときはナチュラルで、そのまま勝負する

1−5 6・7 8・9
3枚目を引く 引かない ナチュラル

 

バンカーに3枚目が配られる条件:バンカーのハンドが主に「7」以下のとき

・バンカーが3枚目を引くときの条件表

※H・・カードが配られる「ヒット」/S・・カードは配られない「スタンド」

バンカー プレイヤー3枚目含むハンド
2枚の合計 3枚目なし 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 H H H H H H H H H H H
1 H H H H H H H H H H H
2 H H H H H H H H H H H
3 H H H H H H H H H S H
4 H H H H H H H H H S S
5 H S S H H H H H H S S
6 S S S S S H H H H S S
7 S S S S S S S H H S S
8・9 ナチュラル(そのまま勝負することになります)

 

これだとプレイヤー:6+7で3、バンカー:6+0で6、ですがプレイヤーが5以下なので3枚目を引きます。

 

プレイヤーの3枚目に5が来たので、3+5で8となり、プレイヤーの逆転勝利です。

 ボンズカジノでバカラを検索する

『バカラの勝ち方・攻略法|基本編②カードの数え方や強さ』

バカラではトランプスペード・ダイヤ・クラブ・ハートのマークとともに、A(エース)からK(キング)までの13種類の数字、合計52枚のカードで1デッキと数えます。

一般的には、312〜416枚(6〜8デッキ)程度のカードを使用することになります。

 

バカラのカード点数カウント法

カード 点数のカウント方法
A 1としてカウント
2〜9 2〜9までの数字はカードの数字通り
10〜K 10・J・Q・Kは「0」とカウント

トランプに書いてある数字を点数としてカウントします。カードの絵柄は、点数には影響しません。バカラでは10・J・Q・Kは全て「0」とカウントされます。

つまり、他の数字カードに比べ「0」になるカードの割合が高いことを覚えておきましょう。

バカラのカードの強さ

バカラでカウントされる点数は、配られた2枚のカード合計の「下一桁」の数字です。

下一桁の数字が1番強いのが「9」・弱いのが「0」になります。

強9・8・7・6・5・4・3・2・1・0弱

絵札は「0」ですので、残りの1枚のカードの数字がハンドになります。

 

・バカラのカウント例

2の数字+4の数字=そのまま「6」

8の数字+6の数字=「13」→「3」

絵札(10〜K)+6の数字=「6」

最初に配られたカードが、(数字+数字)または(絵札+8や9の数字)で、下一桁が「8・9」になるときは、「ナチュラル8(9)」と言う役になります。

 ボンズカジノでバカラを検索する

バカラの賭け方と配当

基本的なバカラのベット方法と、サイドベットも含めたベットのやり方と配当は次のようになっています。イレギュラーなパターンはほぼ出ないので普通はベットエリア「プレイヤー」と「バンカー」に賭けるだけのほぼ50%勝負を淡々とやります。

ベット方法 ベットエリア 配当
プレイヤーの勝利に賭ける プレイヤー 2倍
バンカーの勝利に賭ける バンカー 1.95倍
「引き分け」になることに賭ける タイ 8倍
最初に配られる2枚のカードが同じであることに賭ける プレイヤーペア 12倍
バンカーペア
どちらかが最初に配られる2枚のカードが同じであることに賭ける イーザーペア 5倍
どちらかが最初に配られた2枚のカードが同じであることに賭ける パーフェクトペア 25倍
どちらも最初に配られた2枚のカードが同じであることに賭ける パーフェクトツーペア 200倍
配られるカードがそれぞれ3枚でゲームが終了することに賭ける ビッグ 0.54倍
配られるカードがそれぞれ2枚でゲームが終了することに賭ける スモール 1.5倍

【バカラの勝ち方や攻略法はあるの?】

バカラをはじめとしたギャンブルでは、必ず勝てる「必勝法」というのは残念ながら存在しません。

しかし、より負けにくくするためのシステムベットが攻略法と呼ばれ、バカラの勝ち方に繋がっていきます。

そこで、ここからは初心者でも使えるバカラの攻略法を見ていきましょう。

  • マーチンゲール法
  • パーレー法
  • グッドマン法
  • バーネット法
  • データ収集による攻略法

ご紹介する「システムベット」と呼ばれる攻略法を、状況に合わせてうまく利用することで、バカラの勝率を上げることができます。

これらの攻略法をうまく使うためのアドバイスも合わせてご紹介していきます。

バカラでの勝ち方の参考のひとつにしてください。

基本的に初心者にも使いやすく、バカラ以外にもルーレットなど「50%の確率(2倍程度の配当)」を選べるゲームには有効な攻略法のため、覚えておいて損はありません。

 ボンズカジノでバカラを検索する

『バカラの勝ち方・攻略法|手法①マーチンゲール法』

もっとも有名な攻略法(システムベット)のひとつである「マーチンゲール法」は、いわゆる「倍プッシュ」と言われるベット方法。

「鉄壁の守りを誇る攻略法」と言われ、負け額を一気に取り戻せるのが特徴です。

しかし、あくまでも理論上「負けにくい」と言うだけで、大きな勝利には繋がらないのがネックになります。

 

マーチンゲール法のやり方は簡単で、最初のベット額に対し、負けたときに次はベット額を倍にするだけです。負けが続くときは、負けた額の倍を次のゲームに勝つまで繰り返し賭けることになります。

次の表は、マーチンゲール法で「$1」スタートしたときの、連敗数ごとのベット額・勝利したときに戻ってくる配当金(2倍)と、その時点までの累計投資額を記載したイメージです。

連敗数 ベット額 2倍配当額 累計投資額
1回目 $1 $2 $1
2回目 $2 $4 $3
3回目 $4 $8 $7
4回目 $8 $16 $15
5回目 $16 $32 $31
6回目 $32 $64 $63
7回目 $64 $128 $127
8回目 $128 $256 $255
9回目 $256 $512 $511
10回目 $512 $1024 $1,023

表でもわかるように、負けが続く限り必要なベット額は次第に大きくなっていき、配当も投資額に対してわずかな増加に留まります。

自身の資金の状況と、テーブルのマックスベット額には十分注意しておきましょう。

バカラの勝ち方を模索していくうえで、場の流れを知るときなど、テーブルについた最初の段階での使用には適しているかもしれません。別ページでもさらに深掘りしています。

マーチンゲール法は本当に必勝法?実は注意点がある
【カジノで攻略法は使えるの?】 オンラインカジノで遊んでいるとギャンブルということもあり、いかに勝てるかを考えてプレイしている人も多いですが、その中でも様々な攻略法というのが存在します。 様々な確率を数字化することによって、その状況...

 

『バカラの勝ち方・攻略法|手法②パーレー法』

「稼ぐために最初から強く攻めたい」という人におすすめなパーレー法は、少額からスタートしても大きな利益を獲得できる可能性が高い「攻め」のシステムベットです。

負けたときに倍プッシュするマーチンと違い、「勝利した次ゲームは倍額ベット」する、という攻撃的な攻略法。その特徴から「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。

パーレー法のやり方はマーチンゲール法を覚えていれば、あとは使うポイントが「勝利」を基準に始めるだけの違いです。

 

「$1」スタートした場合のパーレー法の勝利累計イメージ

連勝数 ベット額 勝利配当額
1回目 $1 $2
2回目 $2 $4
3回目 $4 $8
4回目 $8 $16
5回目 $16 $32
6回目 $32 $64
7回目 $64 $128
8回目 $128 $256
9回目 $256 $512
10回目 $512 $1024

パーレー法は勝利時に使える攻略法になるので、損切りタイミングとしては、一度でも負ければその時点になります。

確率論的には「50%の勝率のゲームで5連勝する確率は3%」です。連勝が続いても油断せず、引き際を意識して「守り」のシステムベットに移行するなどのステップを持って利用してください。

「$1」スタートでも、表のように連勝ごとに高額配当金になっていき、あとは「どこで降りるか」だけの問題です。

ベット額が大きくなっていくので、負けた時には一気に資産を失うリスクがあるため、利益確定のポイントを重要視してください。

 

『バカラの勝ち方・攻略法|手法③グッドマン法』

グッドマン法は連勝中の利益を守りたい場合や、損失を抑えたい場合に有効な攻略法と言えるでしょう。

グッドマン法は「勝利した次のゲームから使える」手法で、ルールに沿って最初に決めたベットエリアにひたすらベットし続けるだけ、という初心者にも簡単に使える攻略法のひとつです。

グッドマン法は、「1→2→3→5」の1ループで行います。

この「1」というのは、あらかじめ自分でベット額を決めて基準にするための「ユニット(単位)」です。

 

仮にベットの基準の「1ユニット」を「$2」だと設定した場合は、「1ユニット($2)→2ユニット($4)→3ユニット($6)→5ユニット($10)」となります。基準額に対し、1・2・3・5を掛けていくと言うとわかりやすいかもしれません。

まずは実際のグッドマン法(1235法)の流れを、「$1」でスタートした場合の例でみてみましょう。

 

①「$1」を配当2倍のエリアにベットします

②ここで負けた場合は2回目もふたたび「$1」でベットします

③2回目で勝利した場合は「1235」で1の次にある「2ユニット」つまり「$2」をベットします

④3回目で勝利した場合は「1235」で2の次にある「3ユニット」つまり「$3」をベットします

⑤勝利が続いたら次は「1235」の最後の5である「$5」をベットします

⑥勝利し続ける限り「$5」でベットしていきます

 

ここまでの途中で負けた場合は、全て最初に戻ります。

グッドマン法は、「1→2→3→5」の1ループで流れが伴わない場合は、素直に損切りする方がよいでしょう。

 

グッドマン法のデメリット

グドマン法は初心者向けの戦略ですが、「長期戦では累積損失が大きくなる可能性が高い」ということに注意が必要です。

例えば10回勝負のうち勝敗数は5:5の回数であっても、その勝利が連勝でない場合は、投資額に対して「マイナスの可能性が高い」危険性があります。一進一退のような流れには不向きなシステムベットといえます。

 

グッドマン法で1ループ間勝利したときのベット額と配当金の合計

ベット回数 ベット額 累計投資額 勝利配当額
1回目 $1 $1 $2
2回目 $2 $3 $4
3回目 $3 $6 $6
4回目 $5 $11 $10
5回目 $5 $16 $10
合計 $16 $32
グッドマン法・カジノ攻略法で稼ぐには?
グッドマン法は非常にシンプルなシステムベッティングです。それでいて非常に手堅く勝利時の利益を残しながら攻めていける賭け方。 グッドマン法では連勝数を増やすと大きな利益を得られる攻略法です。 【グッドマン法とは】 グッドマン...

『バカラの勝ち方・攻略法|手法④バーネット法』

グッドマンに似たスタイルの攻略法で「バーネット法(1326法)」というのもあります。

バーネット法も当選率50%(2倍)配当エリアを使用し、「勝利時」から使える手法です。グッドマン法同様にユニット額を決めてから使用します。

バーネット法は「1326法」の名の通り1ユニットの基準額が「$1」であれば「$1→$3→$2→$6」の順に賭けていく攻略法です。勝ち続ける限りは「6ユニット($6)」の繰り返しとなります。

 

グッドマン法との違いは、バーネット法の方が早いタイミングで必要ベット額も増える代わりに、連勝が少ない段階で利益も大きくなるというところです。

「$1」スタートでグッドマン法と比較した場合、勝利金累計額の差は次のようになります。

連勝回数 バーネット法 グッドマン法
1回目 $2 $2
2回目 $8 $6
3回目 $12 $12
4回目 $24 $22
5回目 $36 $32

この表にあるように「$1」ベットの場合でも、2回目で「$8」になるバーネット法に対し、グッドマン法では「$6」となり「$2」の利益差がでています。

表では1ループの利益差は「$4」と小さく見えるかもしれませんが、最大ベット額が「$5」のグッドマン法に対して「$6」になるバーネット法は、連勝するほどに差を広げていきます。

もちろん、1ユニットの設定額が大きければ、さらに利益差は大きくなっていくということも忘れてはいけません。

 

グッドマン法と使い分ける場合は、連勝の可能性で判断しましょう。連勝しにくいと感じる時は、バーネット法が有利になります。

(※バカラはバンカー勝利時に配当1.95倍になりますが、記載の試算モデルは全て配当2倍を前提にしています。)

 ボンズカジノでバカラを検索する

『バカラの勝ち方・攻略法|手法⑤データ収集』

これまでより少し上級者向けの攻略法になりますが、バカラで勝つには、罫線を理解することが重要です。また、カウンティングなどのデータ取りもバカラで勝ためには欠かせません。

 

バカラの勝ち方:罫線予測

バカラの「罫線」とは、勝敗履歴の結果表のことです。

この罫線は、過去のゲームでプレイヤーとバンカー(またはタイ)のどちらが勝っているかが一目でわかるようになっています。

この過去データを利用して、次のゲームの出目を予想をしていくのが罫線予想です。バカラのカードの偏りを利用した勝ち方のひとつです。

 

バカラの勝ち方:カウンティング

バカラでは、ジョーカーを除く52枚のカードを1セットとして「デッキ」と呼びます。

通常は6〜8デッキを使用してゲームを行うのですが、このことを前提にゲームの波を予想するバカラの勝ち方のひとつです。

ゲームで使われたカードをカウントしてくことで、残っているデッキのカードを予測するやり方です。

この2つの方法は、ある程度プレイを重ねて知識を得た上で実践できる、少し上級者向けの攻略法になります。

ボンズカジノのバカラは無料体験も可能

本場のカジノやオンラインカジノでも定番となる遊びにバカラがあります。

ボンズカジノでもこのバカラで遊ぶことができます。

実際に遊ぶ場合は、ゲームで遊ぶか、ライブゲームで遊ぶかのいずれかです。

ゲームで遊ぶ場合、ボンズカジノでは、バカラの無料体験が行えます。

無料体験では、チップを使って実際にバカラで遊べるようになっています。

バカラの一連の流れを知ることができ、その感覚をつかみます。

あくまでも無料体験なので、この中で結構勝つこともありますが、流れをつかむことを意識しましょう。

ボンズカジノのバカラはライブゲームが人気

ライブゲームでは、本物のディーラーを目の前にして実際にバカラを堪能できます。

過去9回の出目が紹介されているほか、最低ベット額やディーラーの名前、プレイヤー数を知ることが可能です。

複数のテーブルがあるので、バンカーの勝利が続いている、ところどころでタイが出ているなど、チェックできます。

 

100円から勝負できるテーブルもありますが、150万円までの勝負が行えるので、人によってかなり熱量が違います。

ブラックジャックのようにVIPテーブルがあり、賭け金が高いものもある中で、バカラは少額で遊ぶ人と高額で遊ぶ人が同じ場所で遊ぶことになります。

同じプレイヤーでのベットでも、100円と150万円では大きな違いです。

いずれにしても、その熱気を楽しめるのはバカラやルーレットぐらいです。

ボーナスを活用して攻略

ボンズカジノといえばボーナスが有名で、うまくベットできればそのボーナスを現金化できます。

しかし、この現金化を目指すには、ボーナスの数十倍のベット金額が必要になります。

50ドルだったとしても1500ドルのベットが必要ですが、バカラでこれを目指すのは大変です。

 

バカラやルーレットなどのテーブルゲームでは、実際のベット額の10%しか反映されないからです。

ビデオスロットであれば100%となり、ちょこちょこ当てながら現金化に必要な条件をクリアできます。

しかし、バカラでは1万5000ドルも必要になるわけですから、ものすごく大変です。

ボーナスのために遊ぶというよりは、ビデオスロットで1000ドル以上の当たりをひいた時に、それを一発で増やすために遊ぶ方がいいでしょう。

【バカラの勝ち方・攻略法まとめ】

 ボンズカジノでバカラを検索する

バカラはカジノゲームの王様と呼ばれるほど人気の高いテーブルゲームです。

たった20秒ほどで完結する1ゲームに対して10万円100万円も賭けることができてしまうため、ドキドキするゲームなんです。

バカラのシンプルなゲーム性のなかに、戦略次第で勝率を変えていけるプレイヤーの成長性などが人気の理由。初心者のころは、ルールと場の流れを掴むために負けにくい攻略法を用いて経験を積んでいきましょう。

慣れてきたら、より高度な罫線予測やカウンティングを利用して、自分なりのバカラの勝ち方や攻略法を見つけていってください。

 

バカラなら短期間で勝負がつきますしルールも簡単なので、カフェでの暇つぶしや通勤時の電車の中ですぐに結果が出ます。

色々な楽しみ方がボンズカジノではできますが、バカラで楽しむとすれば大きな金額でドンと遊ぶのがいいかもしれません。

error:
タイトルとURLをコピーしました