ボンズカジノにあるブラックジャックの攻略・遊び方・特徴・出現確率

ボンズカジノについて

どのオンラインカジノ、ライブカジノにも必ずといっていいほど、ルーレットやポーカーがあります。

このほかでよく見かける遊びに、ブラックジャックがあり、なくてはならない存在です。

ボンズカジノにおいてもブラックジャックは存在します。

ボンズカジノのブラックジャックにどんな特徴があるのか、ご紹介します。

ボンズカジノでのブラックジャックの選び方

ボンズカジノのブラックジャックで遊ぶ場合、2つの方法があります。

1つは機械相手に遊ぶ場合、もう1つはライブゲームで遊ぶ場合です。

機械相手に遊ぶ場合、とても操作が簡単なことに気づかされます。

チップを場に置き、DEALのボタンを押せばもう勝負は始まります。

あとは手札を増やすか、手札を引かずに終わるか、その判断だけです。

普通のゲーム感覚で自分のお金を賭けられるので、増えた感覚がしないほど、あっさりと進みます。

サクサク進む分、時間がない人でも遊べるのが特徴です。

一方で、緊張感が乏しく、結構な勝負をなんの思い切りもなくやってしまう部分も出てきます。

人気はライブゲームのブラックジャック

そんな時におすすめなのがライブゲームでブラックジャックを堪能することです。

ブラックジャックはバカラと同じで、大金を2倍に増やすような遊び方が特徴的です。

そのため、グランドVIP席ともなれば、最低のベット額は5万円、場合によっては10万円、15万円もあります。

 

例えばスポーツベットで大きく稼ぎ、それをライブカジノで一気に増やすこともできます。

もちろん、すべて賭け金が高いわけではありません。500円から楽しめるものもあります。

あとは大金を賭ける前にボンズカジノにおけるブラックジャックでの操作の仕方を学んでおくことだって可能です。

 

ブラックジャック攻略方法を特集

ブラックジャックをプレイしているけどなかなか勝てないと悩んでいる人や攻略方法を知りたいと考えている人は、参考にして下さいね。

1つ目に言えるブラックジャックのシンプルな攻略法は、手持ちの2枚のカードが17以上になったらステイを徹底することです。

16までならもう1枚カードを引きます(ヒット)。これを繰り返すだけで良いのです。

これはヒットするとバーストする確率として17の地点がボーダーラインとなります。

15や16でヒットしてバーストしてもそれは仕方のない事なんです。

 

ブラックジャックで勝つ上で、2つ目に理解すべき事が立ち回り方です。

ブラックジャックでは勝つためには、相手の動きなども非常に重要になっており相手の動き次第で判断を変えなければなりません。

そのため、勝つためには相手の動きも判断できるようにならないといけません。

ブラックジャックでどんな立ち回り方をすればいいのか

ブラックジャックでどんな立ち回り方をすれば良いの?と、立ち回り方が分からないという人は居ると思います。

数字を見て判断する

ブラックジャックでまずするべき事が、数字で判断するです。

ブラックジャックでは、基本的に自分の手札が強くないと勝つことが出来ません。

そのため、自身の数字を考えながら立ち回るようにしましょう。

相手の手札を予測しながらプレイする

ブラックジャックの立ち回りで次にする事が、相手の手札を予測する事です。

基本的に、数字の組み合わせはそこまで多いい事は無くある程度数字に関しては予測する事が可能です。

そのため、いくつかの組み合わせを考えながらプレイするようにしましょう。

勝てる手札を意識して行く

ブラックジャックでは、勝てる手札を準備しないとゲームで負ける可能性が高まるため、手札は非常に重要となっています。

そのため、手札を意識しながらプレイするようにしましょう。

必要以上の賭けには出ない

ブラックジャックをプレイする上で、二つ目に注意したい事が必要以上の賭けに出ない事です。

ブラックジャックでは、勝ち方も複数あるため戦い方でリスクやリターンも変わる場合があります。

そのため、必要以上な賭けに出ず勝ちやすい方法を選択するようにしましょう。

ブラックジャックの専門用語まとめ

『バースト』とは

ブラックジャックでは絶対に覚えておきたいものであり、こちらは負けが確定してしまう最悪な手となっています。

21の数字を1でもオーバーをしてしまうとその瞬間にバーストとなり、相手がたとえ4などの低い数字であっても負けとなってしまいます。

ゲームにおいて一番注意をしないといけない手でもあり、いかにこの数字を超えないように遊んでいくのがゲームの肝ともいえるでしょう。

『スタンド』とは

ブラックジャックで最初に配布される2枚のカードのみで勝負をすること。

これ以上数字が増えてしまうと危ないときに行う方法であり、最初の時点から21に近い数字のときにおいても選択されることが多い方法です。

『ヒット』とは

ブラックジャックで攻撃的な戦い方といえる方法です。

自分の優位な数字になるまでカードを引き続ける行為であり、ギリギリまで攻めていくことでもあり、接戦に関しては非常に有効であります。

しかしその反面、バーストする可能性も大幅に上がるため危険性も非常に高い方法ともいえます。

『ダウンダブル』とは

ブラックジャックを友達とかと遊ぶときには使われない方法でありますが、カジノでは勝負のタイミングで使われることが多く、賭ける金額を倍にして一気に利益を増やす作戦でもあります。

利益が倍になる可能性も秘めている分リスクもあり、宣言後はカードを1枚しか引くことができないためよほど自身の手があと1枚で勝てる見込みがあるときに使用されます。

『スプリット』とは

スプリットも実際にブラックジャックで遊んでいると起きることが多く、最初に受け取ったカードの2枚が同じ数字の場合に使用することができる方法となっています。

この場合、賭け金を倍にしてベットし、分割して戦うというかなり攻撃的な作戦でもあります。

友達と遊んでいる時には使われない方法ですが、カジノなどではよく見る光景でもあるので覚えておくと役立つことも多いでしょう。

ブラックジャックで遊ぶ時の注意点

ボンズカジノのブラックジャックで注意したいのは、ボーナスを現金に換える場合の条件です。

ボーナスをそのまま現金に換えられれば、ボンズカジノはただただ損をします。

そのため、一定のベット額にしないとボーナスを受け取れないようになっています。

 

だいたい20倍ないし30倍とされ、100ドルのボーナスをもらった場合に100ドルの入金と合わせて、6000ドルくらい必要になります。

ブラックジャックで達成しようとした場合、6000ドルの勝負をすればいいわけではありません。

テーブルゲームは賭け金の10%しかカウントされないからです。

つまり、100ドルのボーナスを手にするために6万ドルも必要になります。

ボーナスのためにブラックジャックで遊ぶのはあまり得策とは言えません。

ですので、身の丈に合った楽しみ方でボンズカジノのブラックジャックを堪能しましょう。

 

 

 

 

【ブラックジャックにおける確率の話】

ブラックジャックは自分の手札の数字が合計で21にどれだけ近づくことができるかが前提のゲームとなっていますが、この時に導き出すことができる確率としては、3枚目のカードを引いたときにバーストしてしまう確率や、相手の状況に応じて引いた場合の確率、逆に引かなかった場合の確率といったゲームの勝敗に直結する部分を割り出すことが可能となっています。

ブラックジャックでは相手の状況に関わらず無条件で負けが決まってしまうバーストをいかにしないかがとても大切です。

 

バーストしてしまう状況としては、3枚目のカードを引いたときにその可能性がありますが、追加で引くか引かないかを見極めることができれば負けない確率を上げることができますね。

それでは、どのようなときにどういった選択をすれば良いのかを説明をすると、最初の状況によって明確な数値というものがデータ化されています。

『ブラックジャックでバーストする確率』

  • 2枚合計が12の時 30.70%
  • 2枚合計が13の時 38.40%
  • 2枚合計が14の時 46.1%
  • 2枚合計が15の時 53.80%
  • 2枚合計が16の時 61.53%

 

最初によく出現する状態として、手札がこちらの数字になることが多いですが一番やっかいな組み合わせでもあります。

上記のパターンの場合にはディーラー側の状況も加味しなくてはなりません。

12などの場合には30%ということもあり、積極的に追加していってもよさそうですが、16までになると一気に危険度は増していくなどと相手の手札を予想する力も持っていないといけませんね。

『絶対にスタンドをした方が良いケース』

それでは逆に、追加せず絶対にスタンド(待機)をした方がいいケースも存在します。

バーストする確率を見ると、

  • 2枚合計が20の時 92.30%
  • 2枚合計が19の時 84.60%
  • 2枚合計が18の時 76.90%
  • 2枚合計が17の時 69.20%

 

上記のパターンでは基本的に追加をすることは自滅してしまうパターンが多いです。

17のときに1枚引くだけでもう70%はバーストしてしまうということです。

1,2,3,4しか許容範囲じゃないですから、相当キツイですね。

当然、20の場合に追加するような人間はいないと思いますが17に関してもスタンド(待機)することをおすすめします。

【初期手札の数字も予想ができる】

もちろん、最初に配られる手札の数字に関しても予想することができます。

初期に配られた2枚の合計が下記になる確率はこのようになるんです。

  • 21  4.73%
  • 20  10.65%
  • 19  5.33%
  • 18  6.50%
  • 17  7.10%
  • 16~12  49.12%
  • 10~2  16.57%

ブラックジャック状態になるのは20回に1回の割合なんですね。

【3枚目を引くときの割合データ】

追加で3枚目の手札を引くときに、どの数字が出てくるのかといった確率までも実は予想をすることができるのです。

  • 3枚目が10である確率 30.7%
  • 3枚目が9である確率  7.7%
  • 3枚目が8である確率  7.7%
  • 3枚目が7である確率  7.7%
  • 3枚目が6である確率  7.7%
  • 3枚目が5である確率  7.7%
  • 3枚目が4である確率  7.7%
  • 3枚目が3である確率  7.7%
  • 3枚目が2である確率  7.7%
  • 3枚目が1である確率  7.7%

 

上記の数値を見てみれば一目瞭然ですが、新たに引くカードが10の可能性が非常に高いことが分かりますね。

これはブラックジャックのゲームの性質上の問題であり、10のみジャック、クイーン、キングなどの絵札が10としてカウントされるというルールがあるためです。

そのことからも、自身が次に引く数字も30%の確率で10の可能性あるという予想のほかにも、ディーラー側の伏せてある数字も同様に10の可能性が高いといった予想ができます。

 

error:
タイトルとURLをコピーしました