サンズ・マカオのカジノホテル情報やコロナ影響など調査

海外のカジノ情報

2004年5月にオープンしたサンズ・マカオは、広大な敷地と高さ79メートルの大きな建物が特徴のカジノリゾートです。
VIP専用の客室も約51室用意されており、ハイローラーや著名人からの人気が高い施設としても親しまれています。

マカオの名所と呼ばれる「マカオ フィッシャーマンズ ワーフ」までも徒歩6分と近く、ホテルに宿泊しながら観光を楽しめるのも魅力のひとつでしょう。
カジノ施設も約23,000平方メートルの広さを誇り、本場カジノならではの雰囲気を堪能できるのが特徴です。

カジノが好きな方なら、生涯で一度は行ってみたいホテルではないでしょうか。
そこで今回は、サンズ・マカオの特徴をご紹介します。
ホテル内の施設やカジノ情報について、詳しく見ていきましょう。

サンズ・マカオの運営元

2004年5月18日に開業したサンズ・マカオは、IR事業の大手である「ラスベガス・サンズ」によって設立されたカジノ施設です。
ラスベガス・サンズは、これまで多くのカジノリゾートの設立や運営を行ってきました。
人気のカジノリゾートの「ザ・パリジャン・マカオ」や「マリーナベイ・サンズ」を運営しているのもラスベガス・サンズですよね。

これまでラスベガスに拠点を置いていたラスベガス・サンズですが、近年はマカオを含むアジア圏での事業に力を入れていることが話題になっています。
2021年の3月には、ラスベガスにある2つの施設を売却しており、本格的なアジア進出が始動されました。

2002年にマカオ政府がカジノの経営権を世界に解放して以来、マカオは人気リゾート地として成功を収めています。
現在も知名度や人気度が高いサンズ・マカオですが、今後もさらなる人気を獲得するかもしれませんね。

サンズ・マカオの特徴

サンズ・マカオと言えば、「富裕層向けのホテル」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。
「富裕層以外は入りにくいのでは?」「敷居が高そう…」と感じる方もいるかもしれません。

しかし実際には、約2万円程度から宿泊することができ、様々な層が幅広く楽しめる施設が充実しています。
美味しいレストランやショッピングモール、プールやスパも魅力のひとつでしょう。
またマカオの人気観光地からも近いため、観光とカジノの両方を楽しめるスポットとして利用する方も多いかもしれません。

ここからは、サンズ・マカオの特徴についてご紹介します。
魅力的な施設をピックアップしたので、参考にしてみてください。

エグゼクティブな客室

約289室の用意があるサンズ・マカオの客室は、全て「スイートルーム」となっています。
スイートルームと言えば、キラキラした室内をイメージする方が多いかもしれませんね。
しかしサンズ・マカオでは、上品で落ち着きのある空間を提供しています。

アジアの雰囲気が漂う内装は、優雅な日常を感じさせる空気感もあります。
「マカオでの贅沢な暮らしって、こんな感じなのかな…」と、思わずマカオでの日常を想像してしまう方もいるかもしれません。
ギラギラした雰囲気が苦手な方や、落ち着いた時間を過ごしたいと考えている方には、ぴったりの雰囲気ではないでしょうか。

絶品料理を堪能できるレストラン

サンズ・マカオの中には、広東料理をはじめとするレストランが入っています。
店舗ごとに提供される料理の種類や、店の雰囲気が大きく異なるため、好みに合わせて利用すると良いでしょう。
サンズ・マカオの中でも代表的な店舗が、以下になります。

【888 BUFFET】
888 BUFFETは、朝食からディナーまで、全てビュッフェ形式での提供を行っているレストランです。
さまざまな料理が食べられることから、サンズ・マカオの中でも高い人気を誇っています。

888 BUFFETではマカオ料理はもちろん、ポルトガル料理やタイ料理、中華料理やイタリア料理を堪能することができます。
日本料理のコーナーでは、寿司や刺身を楽しむこともできるでしょう。
ベジタリアンやヴィーガン料理の提供もあるため、安心して料理を味わえるのがポイントです。

【Golden Court】
広東料理を提供しているGolden Court(ゴールデンコート)は、高級感のある店内が印象的なレストランです。
内装はレトロモダンを基調としており、隅々までこだわり抜かれた内装が特徴です。
点心やアラカルト、鍋料理や期間限定メニューなど、多くのメニューを提供しているのも魅力でしょう。

「焼売が美味しい」「本格的な広東料理が食べられる」など、料理の味にも定評があります。
大切な人とゆっくりと食事を楽しみたい時や、旅の贅沢を味わいたい時に利用すると良いでしょう。

エンターテイメントの数々

サンズ・マカオでは、屋外プールやスパ、ライブショーなど、様々なエンターテイメントが開催されています。
サンズ・マカオ内にある劇場「サンズ・シアター」や「ザナドゥ・ラウンジ」では、有名アーティストによるライブを毎日開催。
また情熱的なダンスパフォーマンスも開催されており、カジノリゾートならではの雰囲気を堪能できます。

大人のムードが漂うプールサイドでは、お酒を飲みながらリゾート気分を味わえるのも魅力でしょう。
有名ブランドや人気ショップで買い物をすることもできるため、飽きることなく滞在を楽しむことができます。

サンズ・マカオのカジノ情報

約23,000平方メートルを誇るサンズ・マカオのカジノフロアでは、バカラやルーレットをはじめとする様々なゲームをプレイすることができます。
そのため本場のカジノの雰囲気を楽しみたい方はもちろん、本格的にゲームをプレイしたい方にとっても、魅力溢れるカジノとなっています。

ここからは、サンズ・マカオのカジノフロアについて、ゲーム数やミニマムベット、ドレスコードなどをご紹介します。
サンズ・マカオへの旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ゲームの種類

サンズ・マカオでは、以下のゲームを楽しむことができます。

・バカラ
・ルーレット
・ブラックジャック
・3カードポーカー
・サンズスタッドポーカー
・シックボー
・ファンタン
・カジノウォー
・ラッキーホイール

上記の他にも、電子ルーレットやデジタルバカラ、ライブルーレットやライブシックボーをプレイすることも可能です。
ちなみにポーカールームに関しては、2019年に撤去されています。
マカオのカジノはポーカールームが少ない傾向があるため、少し残念ですね。

ミニマムベット

サンズ・マカオのミニマムベットは、以下になります。

・バカラ/300香港ドル〜
・ルーレット/25香港ドル〜
・ブラックジャック/300香港ドル
・3カードポーカー/300香港ドル〜
・サンズスタッドポーカー/300香港ドル〜
・シックボー/300香港ドル〜
・ファンタン/200香港ドル〜
・カジノウォー/300香港ドル〜
・ラッキーホイール/20香港ドル〜

ちなみにハイリミットバカラの場合は、1,500香港ドルがミニマムベットとなっています。

ドレスコード

カジノフロアに入場する際には、ドレスコードを守る必要があります。
しかしサンズ・マカオには、ドレスコードはありません。
そのためラフな格好で入場することも可能です。
たとえばTシャツやジーンズといった服装もOKです。

しかし多くのカジノでは、短パンやサンダル、スリッパはマナー違反となっています。
また露出が多い格好も、避けた方が良いでしょう。
サングラスや帽子の着用も、不正を疑われる可能性があるため、控えるのが無難かもしれません。

両替

サンズ・マカオでは、香港ドルの使用が基本です。
そのためカジノフロアでゲームを楽しむ際には、両替が必要です。

サンズ・マカオ周辺でレートが良いと言われているのが、グランドリスボアにある「大豊銀行」です。
しかしサンズマカオ内にも両替機があるので、多少レートが悪くなっても良いという方は、カジノフロア内で両替をすることもできます。

サンズ・マカオのコロナ影響について

2019年に開業15周年を迎えたサンズ・マカオ。
2019年の5月には大々的なセレモニーが行われ、多くの人の祝福を受けました。
しかし2020年に入り、新型コロナウイルスのパンデミックが起き、カジノ業界が打撃を受けています。
その中でも、主に海外からの旅行客をターゲットにしているカジノリゾートは、業績の落ち込みが激しいでしょう。

サンズ・マカオでも、2020年の第1期から大幅に売上が減少しています。
2020年の2月に、約15日間の休業を余儀なくされたことも、売上の減少に繋がっているのではないでしょうか。
しかし現在は、徹底した感染対策を行って営業を続けています。
安心・安全の為にしっかりとした対策が行われていることの証として、2020年8月には国際認証機関ビューローベリタスによって、「衛生認証」を受けていることもポイントでしょう。

施設内の消毒はもちろん、非接触サービスを積極的に取り入れるなど、利用者や従業員が安心できる取り組みが行われているのも特徴です。
今後も感染対策を徹底し、安心・安全に運営してくれることを願うばかりです。
マカオに行った際には、魅了溢れるサンズ・マカオで最高の時間を過ごせると良いですね。

error:
タイトルとURLをコピーしました