ベネチアン・マカオのカジノホテル情報やコロナ影響など調査

海外のカジノ情報

ハイクラスな客室と、豊富な施設数を誇るベネチアン・マカオ。
ベネチアン・マカオは、マカオのカジノリゾートの中でも、利用者の評価が高い施設です。
高級感のある広々とした客室や、おもてなしの心を感じられるルームサービス、希望に合わせて様々なショッピングを楽しめるのも魅力でしょう。

東京ドーム1つ分の面積を誇るカジノフロアでは、本場の雰囲気を存分に味わうことができます。
そこで今回は、ベネチアン・マカオのカジノフロアや併設施設をご紹介します。
客室やエンターテイメントなど、ホテル情報についても見ていきましょう、

ベネチアン・マカオの運営元

2007年の8月に開業したベネチアン・マカオは、ラスベガス・サンズが所有するカジノリゾートです。
遊戯施設の敷地面積は、約51,000平方メートル。
なんと東京ドーム1つ分の大きさを誇ります。

ラスベガス・サンズといえば、総合型カジノリゾートの大手です。
名前の通りラスベガスに拠点を置く企業ですが、近年はアジア圏での事業に重点を置いていることでも注目を集めています。
また創設者のシェルドン・アデルソン氏は、2007年に全世界で第6位の億万長者となり、3兆円以上の総資産を有していたと言われています。

ベネチアン・マカオのホテル情報

ベネチアン・マカオは、美しいデザインと広々とした客室が人気のホテルです。
一番小さな客室でも約70平方メートルと大きく、落ち着きのある内装がセレブな気分を演出してくれます。

またホテル内には、レストランやフードコートがあり、各国の美味しい食事を味わえるのも魅力です。
ゆっくりと食事をしたい時にはレストラン、気兼ねなくにぎやかな食事を楽しみたい時にはフードコートが良いでしょう。

ベネチアン・マカオは、エンターテイメントを楽しむスポットとしても人気があります。
具体的には、以下の施設を楽しむことができます。

【ゴンドラ・ライド】
パブリックエリアの運河にある施設です。
小さな船(ゴンドラ・ライド)に乗って、運河を下ることができます。

【セント・マークス広場】
スワロフスキーのツリーが印象的な広場です。
広場では、マジックやコンサートが開催されています。

【ザ ベネチアン シアター】
ザ ベネチアン シアターでは、世界的に有名なアーティストがパフォーマンスを行っています。
時にはベネチアン・マカオ限定のパフォーマンスも開催されているため、ぜひ足を運びたいスポットです。

【コタイ アリーナ】
コタイ アリーナは、約13,000人を収容できるコンサート会場です。
ショーやイベントも行われており、魅力的なエンターテイメントを堪能できると注目を集めています。

上記の他にも、様々なジャンルのショッピングを楽しめる「ショップス・アット・ヴェネチアン」があります。
ブランド品はもちろん、幅広い年代が買い物を楽しめるスポットも多数あるため、家族で利用できるのが特徴です。

ベネチアン・マカオのカジノフロア

カジノ大国として有名なマカオには、ラスベガスのようなゴージャスなカジノ施設が多く点在しています。
ベネチアン・マカオもそのひとつであり、煌びやかな内装のカジノフロアが魅力な施設です。

カジノフロアには4つのエリアがあり、それぞれにレストランが併設されているのも特徴でしょう。
広大さやゴージャスさ、豊富なゲーム数やテーブルの多さなど、どれをとってもカジノ好きにはたまらない空間となっています。
それぞれのエリアは、以下の名称となっています。

・鳳凰殿(Phoenix)
・麒麟殿(Golden Fish)
・帝王殿(Imperial House)
・赤龍殿(Red Dragon)

不死鳥や金魚など、縁起の良い生き物の名前が付けれらているのが特徴です。
各エリア内にはレストランがあり、カジノを楽しみながら軽食をとることができます。
ゲームを堪能しつつ、お腹も満たせるのは嬉しい配慮ではないでしょうか。

ベネチアン・マカオのゲームの種類

広大な面積を誇るベネチアン・マカオのカジノフロアは、ゲームの種類も豊富です。
ポーカールームも設備されているため、本場のカジノでポーカーを楽しむこともできるでしょう。
ベネチアン・マカオの大まかなゲームの種類は、以下のようになっています。

・バカラ
・ルーレット
・スリーカードポーカー
・カリビアンスタッドポーカー
・テキサスホールデムポーカー
・ブラックジャック
・シックボー
・クラップス
・カジノウォー
・ファンタン
・マネーホイール

上記の他にも、ライブバカラやライブルーレット、ライブシックボーを楽しむことができます。

ベネチアン・マカオのミニマムベット

本場のカジノでゲームをプレイする際に、ポイントとなるのがミニマムベットではないでしょうか。
ミニマムベットは、国ごとにも相場が異なるうえ、カジノ施設によっても大きく異なるのが特徴です。
ベネチアン・マカオのミニマムベットがこちらです。

・バカラ/500香港ドル~
・ルーレット/25香港ドル~
・スリーカードポーカー/300香港ドル~
・ブラックジャック/300香港ドル~
・シックボー/200香港ドル~
・クラップス/300香港ドル~
・カジノウォー/300香港ドル~
・マネーホイール/25香港ドル~
・ライブルーレット/10香港ドル~
・ライブバカラ/50香港ドル~
・ライブシックボー/50香港ドル~

フィリピンや韓国のカジノを好んでプレイする方には、ミニマムベットが少々高く感じるかもしれません。
そのためカジノ目的で旅行に行く際には、余裕を持った金額を用意しておくと良いでしょう。

ベネチアン・マカオのドレスコード

ミニマムベットと同様に、地域やカジノ施設ごとに異なるのがドレスコードです。
具体的にはヨーロッパはフォーマルな傾向があり、アジアはカジュアルな傾向だと言われています。

ベネチアン・マカオのドレスコードは、スマートカジュアルです。
スマートカジュアルとは、かしこまり過ぎず、ラフ過ぎない格好を指します。
具体的には、男性は襟付きのシャツやロング丈のズボン、女性はワンピースなどがスマートカジュアルにあたるでしょう。

ベネチアン・マカオのドレスコードは厳しくないと言われているため、Tシャツやジーンズなどの軽装でも入場できるかもしれませんね。
しかしカジノにはマナー違反となる服装もあるため、服装選びには気を付けると良いでしょう。
具体的には、以下の服装はマナー違反にあたります。

・サンダルやスリッパなどのかかとが出ている靴
・短パン
・露出の多い服装
・サングラス
・カバン

マナー違反となる服装の場合、入場を断られるケースがあるため注意しましょう。
また入り口ではパスポートチェックを受けることが多いため、客室に忘れてしまわないようにしてください。

ベネチアン・マカオで使えるクレジットカード

マカオやラスベガスなど、カジノ大国と言われている国では、クレジットカードを利用してカジノゲームをプレイすることができます。
正確には、クレジットカードでチップを購入する形です。

ベネチアン・マカオもクレジットカードに対応しているため、カードを利用してゲームを楽しむことができます。
利用できるクレジットカードは、以下の種類です。

・VISA
・MasterCard
・JCB
・American Express

「VISA」や「MasterCard」に対応しているカジノは多く見受けますが、「JCB」や「American Express」にも対応しているのは、非常に親切ですね。

ベネチアン・マカオの通貨

ベネチアン・マカオで利用できる通貨は、基本的に「香港ドル」と「パタカ」です。
そのため日本から現金を持ってカジノに行く場合、日本円を両替する必要があります。

両替のしやすい香港ドルと比較して、パタカは両替所が少ない傾向があります。
もしも日本円からパタカへの両替を考えている場合には、以下のスポットに立ち寄ってみると良いでしょう。

・マカオ内の空港
・マカオ内の銀行
・マカオにある両替所
・マカオにあるカジノ施設
・マカオにあるホテルの中

基本的にパタカへの両替は、マカオ国内でしかできないと考えた方が良いかもしれませんね。
またお得に両替をしたいと考えている方は、マカオ内の銀行を検討してみると良いでしょう。

ベネチアン・マカオのコロナ影響について

新型コロナウイルスのパンデミックが起きて以来、マカオのリゾート施設では、強い感染対策を行っています。
もちろんベネチアン・マカオも例外ではなく、感染対策を行いながら営業を続けています。
しかし現在は入国制限などもあり、なかなか本場のカジノに行けない状況が続いていますね。

また2021年の3月には、ラスベガス・サンズがラスベガスのカジノ施設を売却。
ラスベガスのカジノ事業を撤退することを発表しています。
今後ラスベガス・サンズは、マカオやシンガポールを中心に事業を展開していくと言われています。
現在も様々な魅力で旅行客を魅了しているベネチアン・マカオですが、さらなる魅力を持ち合わせる日も近いかもしれませんね。

error:
タイトルとURLをコピーしました