パチンコの止め時タイミングはいつ?パチンコで勝ち続けるには

当ページにはプロモーションが含まれています。

パチンコを打っていれば必ず『止め時』を考えなければなりません。

台選びと同じくらい迷うのが、パチンコの止め時です。

でも、隣がオスイチ(お座り1本)とかで当たるのを見てしまったときは止めるに止められないですし、あの時止めておけば勝っていたのに…とズルズル回してしまって後悔した経験がある方も多いはず。

今回はパチンコの止め時に正解はあるのか、いくつか例を出しながら考えてみましょう。

パチンコ・パチスロの「新クイーンカジノ」公式サイトの魅力

・24時間オールナイトで遊べる
4号機・5号機・1/399MAX機が打てる
・登録は無料、サブスク料金も不要
少額から遊戯可能、現金化もできる
・カジノゲームなら一夜にして億超えの賞金も!

新クイーンカジノは、24時間オールナイトでパチンコ・パチスロの実機を操作できます。当サイトからの登録で、お得なボーナスを進呈中!!まだ登録のない方は、下記のリンクから登録してください。

⇒⇒ 新クイーンカジノへの登録はココから

 100万円単位でもBET可能なハイローラー向けの高額入出金オンラインカジノランキングはこちらをクリック!

パチンコに決めていた軍資金を使い切った時

むかし競馬場で軍資金を使い果たして、帰りの電車賃130円を恵んでほしいと言ってきたおじさんに遭遇したことがありました。

なぜそれくらい残すことができなかったのかと、そんなスッテンテンな姿はとても哀れになります。

パチンコでも同様に、止め時の1つは決めていた軍資金を使い切ってしまった時です。

1度も大当たりを引けていない、あと1万円くらい打てば当たるかも、と熱くなりがちなのがパチンコ。

その日の軍資金を使いきってしまった時は問答無用で止め時です。

釘が回らない時点で止める

パチンコで勝つために、回転数がボーダー以下、回らない台はやはり止めた方が良いです。

特に勝ちにこだわるのであればこの止め時は大切です。

1000円ではムラの可能性もありますが、少し打ってみてやっぱり回っていないな、と思った時は台移動しましょう。

何台も打ってもどうしても回る台が見つからない時は、軍資金を使い切っていなくても思い切ってその日は諦めて帰る勇気も必要です。

ハッキリ言って、回らないパチンコは勝負になりません。

プラスになった時、大当たり後に止める

大当たりして連チャンが終わった時、止めるかそのまま打ち続けてさらなるプラスを狙うのか、迷いますよね。

個人的に1番迷うのがこの時です。

大当たり終了後、その日の収支がプラスになっていると特に迷うと思います。

今帰れば勝っているけど、今日は調子が良いのかもしれないからもっと出るかも……いろんな考えが頭を巡ります。

その台があまり回っていなかったのであれば、止めるのがオススメです。

 

回らないのであればその後せっかくの出玉を無駄に減らすよりも勝ち逃げするのが得策だと思います。

まだ打つのであっても、その台で粘るより台移動して回る台を打った方がさらに勝てる可能性があがります。

大当たり終了後、もしもその台が回っていたようであれば、そのまま粘るのもアリです。

回る台であれば期待値的にはさらなる出玉にも期待できますし、何より出玉があるので気持ち的にも少し余裕があるからです。

現金投資するよりも出玉で打てるので気持ち的に余裕がでると、私はいつもより演出が楽しめます()

ただし回る台でもその後100%勝てる保証はなく、当然出玉を全部飲まれて結局負けた、ということも十分に考えられます。

あとで後悔しないように熟考してから打ちましょう。

閉店まであまり時間がなければ止める

最適な止め時の1つとして、閉店時間を考慮して止めるというものがあります。

閉店間際に当たってしまうとまだ連チャン中であっても打ち止めになってしまい、せっかくの当たりが無駄になってしまいます。

時間をみて、その後大当たりを引いて連チャンしても取りきれないようであればその日はおとなしく止めて帰りましょう。

目安として私は閉店2時間前くらいかな、と考えています。

私も大連チャン中に閉店時間になって打ち止めになってしまったことが何度かあります。

1番悲しかったのは、打ち止めになり玉を流していると、入っていた保留で当たりを引いていたようで、静かな店内に大当たりの確定音が響き渡った時です。

ラウンドが始まって、玉を流している間中、大音量でラウンド中の歌が流れつづけていました。

 

時間があればまだまだ出たのに…と大勝ちしているのにモヤモヤした気持ちで帰りました。

このような悲しい事態にならないためにも、閉店時間を考慮して止めるようにしましょう。

余談ですが、閉店が迫っている時に限ってなぜかよく連チャンするんですよね…。

閉店と同じく、パチンコ後に何か予定がある場合も予定の時刻から逆算して止める時間を決めておきましょう。

結局止め時の正解って?

ここまで4つの止め時の例を見てきましたが、明確な止め時と言えるのは

  1. 軍資金が尽きた時
  2. プラスになった時
  3. 釘が回らない時
  4. 閉店やその後の予定まであまり時間がない時

です。

パチンコは勝っているうちに止めるのが良いですが、さらに上を目指すのか非常に判断が難しいです。

実際に経験があるのが、連チャン後どうするか迷ったものの回っていた台だったので打ち続けますが、どうにも回らなくなる…という現象です。

回らないから止めようと思うも、出玉を少し減らしてしまっているのでピーク時の出玉に戻したい気持ちから回らない台を打ち続けたり、台移動して乱れ打ち状態になって結果負けてしまった、ということが何度もあります。

座ってすぐに大当たりしていた場合、ムラでよく回っていた可能性や、大当たり時に右打ちしてその後左打ちに戻したことによりハンドルの位置が大当たり前と変わり、ストロークが変わってしまって回らなくなってしまった可能性が考えられます。

こうなると勝っていた瞬間があっただけに、負けた時のショックが倍増します。

 

先ほど挙げた4つ以外は、やはりパチンコの止め時に明確な正解はないと言えます。

しかしその止め時によって、その日のパチンコ勝敗が大きく変わるのでよく考えて止め時を見極めなければいけません。

さまざまな事情や条件を考慮し、自分自身で止め時を判断し、後悔のないようにしたいですね。

パチンコ・パチスロの「新クイーンカジノ」公式サイトの魅力

・24時間オールナイトで遊べる
4号機・5号機・1/399MAX機が打てる
・登録は無料、サブスク料金も不要
少額から遊戯可能、現金化もできる
・カジノゲームなら一夜にして億超えの賞金も!

新クイーンカジノは、24時間オールナイトでパチンコ・パチスロの実機を操作できます。当サイトからの登録で、お得なボーナスを進呈中!!まだ登録のない方は、下記のリンクから登録してください。

⇒⇒ 新クイーンカジノへの登録はココから

おすすめの記事