FXと仮想通貨はどっちが儲かる?FXと仮想通貨の違い教えます

仮想通貨で稼ぐ

FXは少ない金額でも投資ができることで人気が高いですが、最近はビットコイン投資などの仮想通貨投資も注目されています。

ではFXと仮想通貨はどっちが儲かるのでしょうか?

この記事ではFXと仮想通貨の違いを説明し、どちらが利益を出しやすいのかを検証します。

なお、仮想通貨はいろいろな種類がありますが、ここでは主にビットコインについて説明します。FXや仮想通貨投資に興味がある方は是非最後までお読みください。

FXの特徴

FXは米ドルやユーロなどの通貨をレバレッジを効かせて取引をする資産運用です。レバレッジとは「てこの作用」のことで、実際に入金した証拠金の最大25倍の金額で資産運用ができます。

4万円の資金を証拠金として入金すると、4万円の25倍の100万円で資産運用ができるので、少ない金額でも大きく増やせる可能性があります。

 

例えば、米ドル/円の為替レートが1ドル100円から1ドル101円に上昇すると1%×25倍の利益になり、4万円の資金を証拠金として入金した場合だと4万円が5万円に増えます。

為替レートが1%上昇するだけで25%の利益が得られるため、FXは運用に成功すると短期間で資産を大きく増やせます。

仮想通貨投資の特徴

仮想通貨は暗号通貨とも呼ばれており、100円硬貨や1,000円札などのような物としての実体は存在せず、インターネット上のみに存在する通貨です。

2009年にビットコイン(BTC)が誕生したのが仮想通貨の始まりで、現在は3,000種類を超える仮想通貨があり、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)などがあります。

家電量販店などではビットコインで決済ができ、円やドルなどの法定通貨と同じように決済手段として使用できます。

 

円やドルなどの法定通貨の価値は為替レートの変動で決まりますが、仮想通貨も法定通貨と同じように価値は変動します。仮想通貨も株式投資やFXなどと同様に投資の対象になり、安い時に買って高い時に売ると利益が得られます。

仮想通貨投資もFXと同じようにレバレッジを効かせることが可能で、ビットコインの場合は最大2倍(2021年4月末までは最大4倍)のレバレッジで資産運用ができます。

FXによる資産運用のメリット

FXによる資産運用のメリットは次のようなものがあります。

・レバレッジを効かせることで少ない資金を大きく増やせる
・買いだけでなく空売りもできる
・スワップ金利が得られる
・信用性がある
・情報量が豊富

FXの最大のメリットは最大25倍のレバレッジ取引が可能なことです。

海外のFX会社だとレバレッジ規制がなく最大6,000倍のレバレッジで資産運用ができ、少ない資金を大きく増やせる可能性があります。

 

FXは買い(ロング)だけでなく空売り(ショート)も可能で、下落相場でも利益を出せる可能性があります。

トルコリラやブラジルレアルなどの高金利通貨のロングポジションを保有している時は、金利差のスワップポイントが毎日発生して資金を増やせます。

FXは約180種類の法定通貨が投資対象であり、ドルや円などの法定通貨は信用性があるので、国家が破綻しない限り法定通貨の信用性が消失することはありません。

FXは情報量が豊富で、米ドル/円やユーロ/円の為替レートはテレビやラジオなどでも頻繁に報道しており、インターネットでは膨大な情報が流れているので取引がしやすいです。

仮想通貨投資(ビットコイン投資)のメリット

仮想通貨投資(ビットコイン投資)のメリットは次のようなものがあります。

・少額の資金で投資ができる
・価格の変動幅が大きい
・空売りができる
・24時間365日取引が可能
・チャート分析がしやすい

仮想通貨投資は1,000円以下の少額の資金で投資ができ、最大2倍のレバレッジで資産運用ができます。

仮想通貨は価格の変動幅が大きく乱高下を繰り返します。2019年1月は1BTC=38万円程度でしたが、1年後の2020年1月には1BTC=100万円を超えました。仮想通貨投資で短期間で億万長者になった人は「億り人」と呼ばれます。

 

仮想通貨投資もFXと同様空売り(ショート)ができ、下落相場でも利益を出せる可能性があります。

FXは24時間取引が可能ですが、土日は取引ができません。仮想通貨投資は24時間365日取引が可能です。

FXは各国の金融政策や経済指標の影響を受けて為替レートが変動しますが、仮想通貨投資は経済指標などの影響を受けずに「需要と供給の原則」だけで値動きをするので、チャート分析(テクニカル分析)がやりやすいです。

FXと仮想通貨を比較

レバレッジを比較すると、FXは最大25倍ですが仮想通貨投資は最大2倍です。仮想通貨投資は無期限契約をすると最大100倍のレバレッジ取引が可能ですが、海外FXだとレバレッジは最大6,000倍なので、レバレッジで比較するとFXの方が圧倒的に有利です。

しかし、FXは為替レートの変動幅が小さく、米ドル/円の場合だと1日で1円動けば大きい方でしょう。一方、仮想通貨投資は価格の変動幅が大きく、仮想通貨投資も短期間で資金を大きく増やせる可能性があります。

 

取引時間は24時間365日取引が可能な仮想通貨投資の方が圧倒的に有利です。

仮想通貨投資は土日も取引ができるので、平日は仕事が忙しい人でも土日の休みに仮想通貨投資ができます。

信用性や安全性は法定通貨を投資対象とするFXの方が圧倒的に有利です。

仮想通貨は信用性が低く、取引所が閉鎖されると投資した資金が戻ってこなくなるリスクがあります。

以前と比べるとビットコインなどの有名な仮想通貨の信用性は向上していますが、取引所の倒産リスクやハッキングによる盗難リスクは存在します。

FXと仮想通貨はどちらが儲かるのか?

「FXと仮想通貨はどちらが儲かるのか?」という質問には明確な回答はできません。

レバレッジはFXの方が有利で、価格の変動幅は仮想通貨投資の方が有利です。

FXも仮想通貨投資も少額の資金で始められ、少ない資金を大きく増やせる可能性があります。

どちらも運用に成功すると「億り人」になれる可能性があるので、夢のある投資・資産運用であると言えるでしょう。

FX・仮想通貨・カジノの分散投資がおすすめ

FXと仮想通貨は取引手法が酷似しており、どちらも同じテクニカル分析を使って相場の動向や値動きを予想することが可能です。

FXができれば仮想通貨投資もできますし、仮想通貨投資ができればFXもできます。

ここにオンラインカジノ投資も加わった分散投資ができればより安定的な柱を作ることに繋がります。

FXや仮想通貨投資に限らず、あらゆる投資・資産運用にはリスクがあるため、複数の金融商品に分散投資をすることがリスク回避になります。

 

結論として、FXと仮想通貨とカジノの分散投資がおすすめで、複数やってみると良いでしょう。

分散投資をすると、FXで損失が発生しても仮想通貨投資で利益が出ていれば損失の穴埋めができるので、トータル的にプラス収支であれば良いわけです。

FXも仮想通貨も無料で口座開設ができ簡単に始められます。最初は少額からスタートして、自信がついてきたら本格的に投資をして「億り人」を目指しましょう!

まとめ

・FXのレバレッジは最大25倍(海外FXは最大6000倍)
・仮想通貨投資は価格の変動幅が大きい
・仮想通貨投資は24時間365日取引が可能
・どちらも少額の資金を大きく増やせる可能性がある
・FXと仮想通貨の分散投資がおすすめ

FXと仮想通貨投資は共通している部分が多く、FXと仮想通貨とカジノの分散投資がおすすめです。

いずれも少額の資金を大きく増やせる可能性があるので、「億り人」を目指して頑張りましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました