仮想通貨取引のテクニカル分析とは? 基礎知識を徹底解説

仮想通貨で稼ぐ

「テクニカル分析ってよく聞くけど何なんだろう?」

「テクニカル分析にはどんな方法があるの?」

今回はこんな疑問を解消します。

仮想通貨取引をする際に必ず必要なテクニカル分析。

テクニカル分析の3つの方法や基礎知識を徹底解説していきます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去の値動きを表したチャートからトレンドや様々なパターンを把握し、今後の相場を予測するものです。

テクニカル分析は過去のチャートを分析すれば良いので、経済などに関する知識は特別必要ではありません。

また、相場の動きを視覚的に把握できるので、初心者にも分かりやすい分析方法です。

 

人間の心理は分かりやすいので、過去に似たような相場の動きがあれば、将来同じようなパターンが起きる可能性があります。

しかし、必ずしも過去のパターンと同じ結果になる保証はないため、慎重な取引を心がけるようにしましょう。

またテクニカル分析には、突発的な出来事の対応は難しいというデメリットもあります。

テクニカル分析の種類

テクニカル分析には、「トレンド系」「オシレーター系」「フォーメーション分析」の3パターンに分けられます。

以下では、それぞれの特徴や使い方について詳しく解説します。

トレンド系

ひとつ目はトレンド系です。

トレンド系のテクニカル分析は、相場の方向性を分析する方法です。

トレンド系分析では、トレンドが上昇しているのか下落しているのか、上下繰り返しているのか、停滞しているのかを分析します。

 

上昇トレンドなら買う、下降トレンドなら売るというようにトレンドに合わせた売買をする順張りのトレードで多く使われる分析方法です。

初心者におすすめの分析方法で、トレンドにうまく乗れたときは利益を上げやすくなります。

代表的なテクニカル分析に、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などがあります。

オシレーター系

オシレーター系のテクニカル分析は、相場の買われすぎ、売られすぎなど、相場の値動きの強さや変化の大きさを分析する方法で、短期間の逆張りトレードで使われることが多くあります。

オシレーター分析はトレンドが掴めず、相場を上下繰り返しているときに有効な方法です。

代表的なテクニカル分析に、RSI、モメンタム、ストキャスティクスなどがあります。

フォーメーション分析

フォーメーション分析は、特徴的なチャートの形状を見つけ、過去のパターンから今後の値動きを予測する方法です。

過去は繰り返されるとよく言いますが、取引でも過去に似た値動きがあれば今後同じような値動きをする傾向にあります。

チャートには取引の結果と投資家の心理状態が表れているので、しっかりと分析をすれば、簡単に値動きを予測することができます。

代表的なテクニカル分析に、ダブルトップ・ダブルボトム、三角持ち合いなどがあります。

テクニカル分析の方法

ここまでテクニカル分析の3つのパターンとそれぞれの特徴について解説してきました。

「トレンド系」「オシレーター系」「フォーメーション分析」の3パターンにはそれぞれ代表的な分析方法があります。

ここでは3パターンそれぞれの代表的なテクニカル分析を紹介していきます。

移動平均線

移動平均線は、一定期間の価格の終値の平均値を繋いだ折れ線グラフのことです。

相場のトレンドを見るのに便利な移動平均線は、トレンド系分析の代表的な指標で、多くの投資家に利用されています。

移動平均線には単純移動平均線、加重移動平均線、指数平滑移動平均線の3種類があり、それぞれ違った特徴があります。

 

種類が多くあって覚えるのが大変と思うかもしれませんが、取引では単純移動平均線を使用することが多いので、まずは単純移動平均線から始めてみて下さい。

慣れてきたら他の2種類も試してみて、自分に合ったやり方で取引することをおすすめします。

ボリンジャーバンド

ボリジャーバンドは、移動平均線を中心に、上下に値動きの幅を示す標準偏差(±1σから±3σ)を加えて、価格の変動範囲を予測するものです。

この方法は、アメリカの投資家ジョン・ボリンジャーが考案しました。

ボリンジャーバンドではスクイーズ、エクスパンション、バンドウォーク、3種類のタイミングを読み解いて仮想通貨取引をすることができます。

順張り、逆張りどちらの方法でも利用することができますが、発案者のボリンジャー氏は順張りでの利用を推奨しています。

RSI

RSIは、Relative Strength Indexの略で、日本語では相対力指数と訳されるテクニカル指標のひとつです。

買われすぎ、売られすぎを判断する指標で、オシレーター系分析で最も使われているチャートになります。

 

RSIの数値は0〜100%で表示され、50%を中心に70〜80%が買われすぎ、20〜30%が売られすぎと判断されます。

相場の反転のタイミングを見つけやすく人気のあるRSIは、逆張りで利用されることが多い指標です。

RSIは、多くのテクニカル指標を生み出したアメリカのJ.W.ワイルダーのよって考案されました。

モメンタム

モメンタムは日本語で勢いという意味があり、相場の勢いや方向性を知ることができるオシレーター系の指標で、RSI同様、売られすぎ、買われすぎの判断が可能です。

相場の強弱を見極めるのに利用し、モメンタムが上の方にあるときは上昇トレンド、下の方にあるときは下降トレンドと判断します。

モメンタムの売買は0ラインが重要で、以下のタイミングで行います。

・チャートが下落しているのに、モメンタムの値が大きくなっている場合は買い

・チャートが上昇しているのに、モメンタムの値が小さくなっている場合は売り

モメンタムを使うときは、この基本的なルールを理解しておいて下さい。

ダブルトップ・ダブルボトム

ダブルトップとダブルボトムは、相場が上昇から下降、下降から上昇に変化するタイミングで現れるチャートパターンです。

ダブルトップは上昇トレンドの終了を示すチャートパターンで、ダブルボトムはチャートの底を示すチャートパターンになります。

それぞれ天井と底が2つあるチャートが特徴で、ダブルトップでは相場が「M」のような形になり、ダブルボトムでは「W」のような形になります。

 

ダブルトップとダブルボトムは初心者にも比較的分かりやすいチャートパターンです。

最初のうちは判断しづらいかもしれませんが、基本的なチャートパターンなので覚えておくように下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました