仮想通貨のレバレッジ取引とは? メリット・デメリット・儲けるポイント

仮想通貨で稼ぐ

「仮想通貨のレバレッジ取引って何?」

「現物取引とは何が違うの?」

このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

レバレッジ取引は、少ない資金で大きな利益を得られる取引方法で、現物取引と並ぶ代表的な取引方法です。

今回は仮想通貨のレバレッジ取引のメリット・デメリットや特徴、取引で儲けるポイントなどを紹介します。FXやカジノ攻略にも通じるものがあるはずです。

レバレッジ取引とは?

レバレッジ取引のレバレッジは日本語で「てこ」という意味があり、テコの原理は小さい力で大きなものを動かすことをいいます。

てこの原理をレバレッジ取引に置き換えると、自分の少ない資金で大きな額を取引することです。

 

レバレッジ取引では証拠金を預けることで、それを担保に証拠金の何倍もの金額で取引することができます。

例えばレバレッジが5倍のレバレッジ取引の場合、10万円の証拠金でを預ければ5倍の50万円での運用が可能です。

レバレッジは仮想通貨取引所ごとに変わりますが、日本国内の場合はレバレッジを2倍までにするように規制されています。

レバレッジ取引と現物取引の違い

仮想通貨取引には大きく分けてレバレッジ取引と現物取引の2種類があり、それぞれ大きな違いがあります。

レバレッジ取引は資産の何倍もの額で取引をする方法で、現物取引は持っている資産だけで取引をする方法です。

また現物取引は買ったときと売ったときの差が利益になりますが、レバレッジ取引では取引をしたと仮定し、決済をするときの差額が利益になります。

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引のメリットを紹介していきます。

紹介するメリットは3つです。

少ない資金で大きなリターンを得られる

ひとつ目のメリットは少ない資金で大きなリターンを得られることです。

自分が持っている資産でしか取引をできない現物取引と違い、資産の何倍もの金額で取引ができるレバレッジ取引は、少ない資金でも大きなリターンを得ることができます。

例えば5万円の資金でレバレッジを5倍で取引した場合、運用資産は25万円になり、5万円で1万円の利益が出る取引だと、25万円だと5倍の5万円の利益を得ることになります。

 

現物取引で同じ利益を得るには25万円を資金として用意しなけらばいけません。

少ない資金で大きなリターンを得られることはレバレッジ取引の大きなメリットのひとつです。

下落相場でも利益が狙える

2つ目のメリットは下落相場でも利益が狙えることです。

レバレッジ取引は売り注文から取引を始められるので、下落相場でも利益を狙うことができるのです。

下落相場の場合、価格が高いタイミングで仮想通貨を売り、価格が下がったタイミングで買い戻しをして利益を生み出します。

 

現物取引では上昇相場でしか利益を狙えませんが、レバレッジ取引では上昇相場、下落相場どちらでも利益を狙うことが可能です。

これもレバレッジ取引の大きなメリットです。

24時間365日取引できる

3つ目のメリットは24時間365日取引できることです。

レバレッジ取引は、メンテナンスを除く24時間365日いつでも取引が可能です。

価格が上昇したとき下落したとき、どんな相場でも利益を出すことができるので、チャンスを逃すことなく最高のタイミングで取引することができます。

レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引のデメリットを紹介していきます。

紹介するデメリットは2つです。

損失が大きくなる

ひとつ目のデメリットは損失が大きくなることです。

レバレッジ取引には、大きなリターンを得られるメリットがある反面、その分損失が大きくなるというデメリットがあります。

レバレッジ取引と現物取引同じ取引内容でも、掛けている金額が多い分レバレッジ取引の方が損失が多くなってしまいます。

取引の際は利益ばかりに目を向けず、リスクにもしっかりと目を向けて取引をするようにして下さい。

手数料が高くつく

2つ目のデメリットは手数料が高くつくことです。

レバレッジ取引は、取引手数料にプラスして「スワップポイント」と呼ばれる手数料が発生します。

スワップポイントとは、日をまたいでポジションを保有した際にかかる手数料のことです。

長期間保有して毎回スワップポイントを払っていると、それだけで高くついてしまいます。

1日で取引を終了すればスワップポイントはかからないので、レバレッジ取引は長期取引ではなく短期取引がおすすめです。

レバレッジ取引で儲けるポイント

レバレッジ取引で儲けるにはいくつかのポイントを抑えておく必要があります。

使いやすい取引所を選ぶ

ひとつ目のポイントは使いやすい取引所を選ぶことです。

レバレッジ取引は様々な取引所で行うことができますが、取引所によって機能や画面表示などが変わってきます。

取引では少しの操作ミスで資産を失ってしまうことがあります。

それを防ぐためにも自分に合った使いやすい取引所を利用するようにしましょう。

トレードルールを決める

2つ目はトレードルールを決めることです。

いくら以上の利益が出たら注文を決済する、いくら以上の損失が出たら損切りをするというようにトレードルールを決めて取引をしましょう。

あらかじめルールを決めておけば感情に左右されることなく安定した取引をすることができます。

取引では大勝ちするよりも利益を伸ばし続けることが大切です。

トレードルールを決めて、安定して利益を伸ばせるトレーダーを目指して下さい。

テクニカル分析を覚える

3つ目のポイントはテクニカル分析を覚えることです。

テクニカル分析とは過去の値動きを表すチャートを見て、そこから今後のトレンドや価格の動きを予想するものです。

レバレッジ取引は感覚や運だけではやっていけません。

最初のうちは勝てても、やっているうちに負け越すパターンがほとんどです。

テクニカル分析をすれば根拠のある取引をすることができるので、感覚で行う取引よりも利益を出せる確率が高くなります。

レバレッジ取引をする上で、テクニカル分析を覚えることは重要なポイントなのです。

error:
タイトルとURLをコピーしました