FXでなぜ借金をしてしまうのか?その理由と対策方法5選

FXでも稼ぐ

FXに興味を持ってチャレンジしてみようと考える人も多いですが、多額の借金を抱えてしまったという話も耳にしたことがあると思います。

結論からいうと、「投資」にするか「ギャンブル」にするかはトレーダー次第で決まるので、やり方によっては儲かるどころか借金を抱えてしまう可能性もあります。

よって、FXで借金をしないための考え方や対策をしっかりと理解しておく必要があります。

この記事ではFXで借金をしてしまう理由と、その対策について解説していきます。

FXで借金をしてしまう理由5つ

FXは安定した収入を得ることができる金融商品のひとつですが、場合によっては借金を抱えてしまう危険もあります。

長期的に見て勝ち続けることはとても難しいですが、実は借金を抱えるまでになるトレーダーは稀なのです。

FXは基本的に「強制ロスカット」が執行されるので、証拠金以上の損失が出ないようなシステムになっています。

例えダメージの大きい損失が出てしまったとしても、FX会社に預けた金額以上の損失が出ることは滅多にありません。

では、なぜ借金を抱えてしまうのでしょうか?

ここからは「FXで借金を抱えてしまう理由について解説していきます。

【FXで借金をしてしまう理由1】リスク管理ができていない

FXで借金をしてしまう理由は、リスク管理ができていない傾向にあります。

FXで勝率を上げるためには、負けの確率を減らすリスク管理がとても重要になってきます。

FXにはさまざまリスクが潜んでいますので、損を取り返そうと感情的にトレードしたり、適当にギャンブル感覚でトレードをしたりすることは、とても危険な行為なのです。

借金を抱えるトレーダーの多くは、勘や感覚でトレードをしているケースが多いので注意が必要です。

【FXで借金をしてしまう理由2】レバレッジが高すぎる

FXは少ない金額で、その何倍もの取引ができる魅了的な金融商品ですが、高いレバレッジで取引を続けることはとても危険な行為です。

例え取引が順調に進んで大きな利益を獲得できたとしても、ポジションを保有している間に、相場が急変したらロスカットは当然、間に合いません。

「強制ロスカットがあるから大丈夫」と考えると思いますが、ロスカットが間に合わないとは、強制ロスカットが機能しないということを意味しているので、借金を抱えることになる確率は高くなります。

【FXで借金をしてしまう理由3】大規模のスリッページ発生

FXで借金を抱えてしまうのは、大きなスリッページの発生も原因のひとつです。

FXで借金してしまう人の多くは強制ロスカットとなった段階で、想像以上のスリッページが発生し、証拠金がマイナスとなってしまい借金となるケースが多いです。

頻繁に起こる現象ではないものの、いつ何が起きるか分からないのが相場です。

「まぁ大丈夫でしょ」と安易な気持ちで取引をすることは、自身が大きな損失を抱えることにつながるので注意が必要です。

【FXで借金をしてしまう理由4】感情的な取引を行う

FXで借金を抱えてしまう人の多くは、感情的にトレードをする傾向にあります。

「損失を取り戻したい…」
「大金が欲しい…」
「短期間でガッツリ儲けたい…」

感情的になる場面はさまざまですが、感情的な取引は冷静な判断ができない状態なのでとても危険です。

自分が決めたルールが存在しても、損切りのタイミングをずらしてしまったり、レバレッジを上げて取引してしまったりしてしまうケースも少ないので、注意が必要です。

【FXで借金をしてしまう理由5】自分のルールを決めていない

FXで借金を抱えないためには、自分ルールの設定が必要不可欠です。

・取引する通貨ペア
・レバレッジの設定
・損切りのタイミング
・投資する時間帯
・自身の投資スタイル

自分が冷静に投資できるルールを整えることで損失から自分を守ることができます。

しかし、ルールを設定するには自分が実現できるルールを設定することが重要です。

実現が難しいルールを設定すると、返ってルールを守ることができず損失につながる可能性が高くなります。

どんなスポーツにもルールがあるように、自身が投資に集中できる環境を整えることが大切です。

 FXで借金をしないための対策5選

FXで借金をする理由については理解したと思いますが、借金をしないための対策を考えている人も多くありません。

FXで長期的に見て勝ち続けるためには、負けの確率を下げることがとても重要です。

せっかくFXを始めたのに損失が続いて借金まで抱えてしまっては意味がありません。

取引を始める前に負けを減らすための対策を考えて、自分が徹底する環境を整えることが大切です。

ここからは、FXで借金をしないための対策を5つに分けて解説していきますので、自身が負けを減らすための対策の参考にしてみてください。

【FXで借金をしないため他の対策1】自分ルールを作る

FXで借金をしないようにするには自分ルールを作ることが重要です。

特に知識が不足していたり、お金欲しさだけで取引したりする人は、勘や適当な取引をクリ返してしまう傾向があります。

損失がどんどん増える前に、自分ルールを作成して守り続けることで投資の精度が上がります。

「時間がない」「面倒くさい」と考えず、自分に損をさせないためと考えてルールを作るようにしましょう。

【FXで借金をしないため他の対策2】取引する資金量を決める

FXで借金をしないためには、資金管理もとても重要です。

FXで借金を抱える人の多くは、預託証拠金がどれだけ残っているのかを把握しておらず、取引を続けていたら強制ロスカットとなってしまったというケースも少なくありません。

FX会社によっては、強制ロスカットとなる前に知らせてくれる場合がありますが、強制ロスカットになるギリギリのラインでの投資は危険です。

より安全に取引できる資金量はどれくらいなのかをしっかりと把握して、常に管理ができるような体制を整えておきましょう。

【FXで借金をしないため他の対策3】レバレッジを抑える

FXでより安全に取引をするためには、レバレッジは1倍〜3倍にするのが一般的といわれています。

レバレッジが高ければ高いほど大きな利益を得ることができますが、その分ロスカットとなる確率が高くなります。

レバレッジを低く設定しておけば、強制ロスカットとなる確率や借金を抱えてしまう確率は格段に下がるので、より安全に取引するために必要な手段といえます。

もしレバレッジを高くした取引をしたい場合は、十分な知識と経験を得たから取引するようにしましょう。

【FXで借金をしないため他の対策4】土日をまたいで取引しない

FXは基本的に土日の取引ができません。

土日の間に相場が急変してしまうと保有しているポジションの対応することができないので、大きな損失を抱えてしまう可能性があります。

社会人で副業としてF Xをしている人にとっては「休みの土日で集中して取引したい」と考えると思いますが、取引できないため、そのままポジションを維持する人が多い傾向にあります。

少しでも多くの利益を確保したいという気持ちもあると思いますが、大損を未然に防ぐこともとても大切なことですので。

より安全な取引をするなら、金曜日までにポジションを全て決済する意識を持つようにしましょう。

【FXで借金をしないため他の対策5】常に冷静な取引をする

FXで長期的に見て勝ち続ける確率を上げるためには、常に冷静な取引ができる環境を整えることが重要です。

「損失を取り戻したい…」「早くお金が欲しい…」と感情的になると周りが見えなくなり、冷静な判断力を欠いた状態になるので、大きな損失を抱える可能性が高くなります。

FXは特に冷静な判断が求められる場面が多いので、自分ルールを徹底しながら勝つための行動を心がけることが大切です。

【まとめ】リスクヘッジは必須条件

FXは不労所得を得られる魅力的な金融商品ですが、100%安全に利益を得られる方法は存在しません。

FXに潜む危険を理解しないまま感情的に取引したり、勘に頼ったトレードをしたりすると、大きな損失を抱えて借金となってしまう可能性があります。

より安全に取引をするためには、自分をいかに上手くコントロールできるかが重要になってきます。

大きな利益を得ることよりも、損失を少なくするための対策を常に考えて、長期的に勝ち続けることができる環境を整えられるようにしましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました