FXでロスカットできない人の特徴と改善方法5選

FXでも稼ぐ

運用次第で安定した不労所得を期待できるF Xですが、ロスカットができず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

結論からいうとF Xでロスカットできない人は、長期的に見て「負け」となる確率が高いです。

よって、ロスカットの重要性をしっかりと認識する必要があります。

この記事ではF Xでロスカットできない人の特徴と、改善方法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

・F Xでロスカットできない人の特徴
・F Xでロスカットできない時の改善方法
・まとめ

F Xでロスカットできない人の特徴5つ

F Xで勝てない人も多いと思いますが、ロスカットもその原因のひとつです。

ロスカットは損失の拡大を防ぐための対策のひとつとして知られていますが、このロスカットを自分で執行できない人が多い傾向にあります。

ロスカットを自分で執行できないと、損失の拡大につながり最終的には強制ロスカットとなる可能性が非常に高くなります。

ここからは、F Xでロスカットできない人の特徴について解説していきます。

【F Xでロスカットできない人の特徴1】取引量が多い

F Xでロスカットできない人は、取引量が特に多い傾向にあります。

資金のほとんどを取引することにより、レバレッジが極端に高くなってしまいロスカットを見送りがちになってしまうのです。

「相場が戻るかもしれない…」「もう少し待てば利益になる…」

ロスカットした時の損失を少しでも軽減させようと、欲を優先したトレードをすることによりリスクが上がり、お金に対する執着が強くなってしまう人も少なくありません。

長期的な視点で投資と捉えることができず、目の前のお金に執着してしまう人は特に注意が必要です。

【F Xでロスカットできない人の特徴2】計画性がない

F Xは特に預託証拠金などの資金管理が重要になってきますが、計画性がないまま適当に取引をしてしまう人も少なくありません。

資金管理不足の人の多くはロスカットの執行ができない傾向にあり、長期的にみて「勝ち続ける」ことができない傾向にあります。

F Xで退場しないトレーダーのほとんどは、証拠金に対してどれくらいの取引であれば、リスクを軽減しながら取引することができるか判断できます。

一方、負け続けるトレーダーは、気分や欲だけで可能な限り取引を行い、その場の流れで行動することが多いです。

負けに対して異常に執着する人は、特に損失を取り戻そうとする傾向にあるので、長期目線で計画的に投資を行うのは難しいといえるでしょう。

【F Xでロスカットできない人の特徴3】プライドが高い

「ロスカットはその場のタイミングで判断したい!」という人も多いと思いますが、ロスカットに躊躇する人ほどプライドが高い傾向にあります。

特に「自己肯定感」が強い人に多く、自身が間違っていたことを認めたくないと考える人も少なくありません。

ロスカットは本来、相場が予想と違う動きをした時に執行するものですので、ロスカットの執行は「自身の間違い」を認めることになります。

そうしたプライドが、負けの確率をあげていることを自覚していないトレーダーは、いつになってもロスカットに対して抵抗がある状態が続くので、注意が必要です。

【F Xでロスカットできない人の特徴4】ルールを決めていない

F Xで長期的に見て勝ち続けるためには、自分だけの取引ルールを決めることが大切です。

しかし、ロスカットできない人の多くは取引ルールすら決めておらず、勘やその場の気分で取引を繰り返していることも少なくありません。

世の中に法律があるように、取引ルールは常に自分が間違いを犯さず、冷静な判断ができるようサポートしてくれる役割があります。

ロスカットできない人ほど強制ロスカットが多く、トレードで勝つことはできないと考えていいでしょう。

ルールを決めずに適当な取引を繰り返すことは、最終的には「破産」などにつながる可能性が非常に高くなるので注意が必要です。

【F Xでロスカットできない人の特徴5】ギャンブル思考

F Xで特に多いのがギャンブル思考の人です。

「お金持ちになりたい!」
「今すぐにでもお金が欲しい!」
「損失を取り戻したい!」

お金への執着が非常に強く、より安全に取引することよりも利益を優先してしまう人が特に多いです。

ロスカットも執行せず、感情的なトレードを繰り返すことによって損失が拡大してしまうケースも少なくありません。

F Xは「投資」として考えるか「ギャンブル」として考えるかで、結果が大きく変わってきます。

ギャンブル思考でロスカットすらせず適当に取引している人は、目の前のお金に執着することで周りが見えなくなり、負け続ける可能性が非常に高くなるので注意が必要です。

F Xでロスカットできない時の改善方法5選

F Xで負ける原因が、ロスカットできないことという人も多いと思います。

ロスカットできない原因はさまざまですが、ロスカットできない原因を分析して改善することにより、勝率を上げることができる可能性があります。

ここからは、ロスカットできない人の改善方法を5つに分けて解説していきます。

【FXでロスカットできない時の改善方法1】レバレッジを低くする

F Xで借金にすることや、追証となることを避けたいという人は多いでしょう。

ロスカットできないと悩んでいる人は、まずレバレッジを低く設定することが大切です。

取引量を増やして損失を取り戻そうと考える人もいますが、レバレッジが高ければ高いほど、さらに損失が拡大する可能性が高くなります。借金を抱えることになる前に、取引量を見直してリスクを軽減できるレバレッジ設定で、取引を行えるようにしましょう。

【FXでロスカットできない時の改善方法2】無駄に取引をしない

F Xでロスカットできない人の多くは、勘に頼って無駄に取引を繰り返してしまう傾向にあります。

F Xは一般的に「テクニカル分析」や「ファンダメンタルズ分析」といった手法を用いて、相場を予想した取引を行うものです。

【FXでロスカットできない時の改善方法3】ルールを徹底する

F Xで長期的に見て勝ち続けるためには、自分ルールを徹底することが特に重要です。

自分が無理なく守れるルールを設定することで、無駄な損失を避けることができます。

ロスカットに関してもルールを設定することで抵抗が軽減されるので、勝率を上げられる可能性があります。

「どんな時も利益が優先だ!」と考える人も多いですが、より安全に取引する環境を整えなければ勝率を上げることはできません。

損失を少なくするためにも、自身の性格や取引を見直して、リスクを軽減できるルールを設定するようにしましょう。

【FXでロスカットできない時の改善方法4】定期的に見直す

F Xを始めた当初は熱心に勉強などをする人も多いですが、慣れるにつれて分析やルール改善などを怠ってしまう人も少なくありません。

うまくいっているからといって、その方法がずっと通用するとは限りません。

損失が出たり、相場が違った動きをしたりした場合は、その原因を分析して定期的に自分の取引方法を見直すことが重要です。

努力を怠るのと同時に、損失が拡大する可能性は高くなるので、常に見直すことを意識しましょう。

【FXでロスカットできない時の改善方法5】投資を意識する

FXは「投資」と考える人と「ギャンブル」と考える人に大きく分かれます。

ギャンブル思考の人の場合、単発で勝っていても長期的に見ると負け続けている傾向にあります。

お金に執着していたり、利益を優先した取引を行なっていたりする場合、損失の拡大による借金や追証のリスクが高まります。

ロスカットできない人もギャンブル思考が強い傾向にあるので、「投資」を意識した取引を繰り返す習慣をつけることが重要です。

【まとめ】長期的にみて負けないための選択を

お金を稼ぐためにF Xを始めた人も多いと思いますが、お金への執着が強すぎると、返って負けが続き損失だけが残ってしまう可能性が非常に高くなります。

ギャンブルではなく「投資」という意識を常に持って行動することによって、取引の勝率が上がる可能性があります。

努力を怠らず、稼ぐためでなく「勝ち続ける」という意識を持って取引できるようにしましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました