FXをギャンブルにしてしまう人の特徴と改善方法5つ

FXでも稼ぐ

ギャンブル感覚でFX取引を続けている人は、結果的に負けるケースが多く、最悪の場合には多額の借金を抱える傾向にあります。

よって、ギャンブル取引の危険性をしっかり理解して、自分ができる改善方法をすぐにでも実行する必要があります。ボンズカジノを攻略する際にも通じるものがあるんです。

この記事では下記の内容に沿って解説していきます。

・FXをギャンブルにしてしまう人の特徴
・FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法
・FXの方向性を決めるのは自分次第

FXをギャンブルにしてしまう人の特徴5つ

「ギャンブルトレードがやめられない…」という人も多いと思いますが、FXをギャンブルにしてしまう人は必ず共通点があります。

ここからは、FXをギャンブルにしてしまう人の特徴を5つにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・常にトレードをしたがる
・損失に対して過剰に反応する
・感情のコントロールができない
・レバレッジ管理をしていない
・資金管理ができていない

【FXをギャンブルにしてしまう人の特徴1】常にトレードをしたがる

FXをギャンブルにしてしまう人は常にトレードをしたがる傾向にあります。

FXを始めたばかりの頃は特に、何の根拠もなく取引をして利益を得ようとすることが多いです。

しかし、FXは売買のタイミングが非常に重要ですから、根拠のないトレードの積み重ねは返って損失を拡大させる原因にもなります。

分析もせずに感情だけで取引を重ねることは、とてつもない後悔につながる可能性が高いので注意が必要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の特徴2】損失に対して過剰に反応する

損失に対して過剰に反応するのも、FXをギャンブルにしてしまう人の特徴のひとつです。

FXは基本的に100%勝ち続けることはできません。

利益と損失を含めて結果的に勝ち続けることが重要になってきますが、一度の損失に対して過剰に反応して、その損失を意地でも取り戻そうとする傾向にあります。

損失が出ると感情をコントロールすることができず、根拠のないトレードをしたり、資金を考慮せずに無理やりトレードをしたりすることが多いです。

損失に対して異常に反応して感情的になってしまう人は、負けて出た損失がさらに拡大する恐れがあるので注意が必要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の特徴3】感情のコントロールができない

上記の内容と共通する点がありますが、FXをギャンブルにしてしまう人は感情のコントロールができない人が多いです。

日々の生活で冷静に物事を判断できない人や、小さなことでも苛立つことが多い人はFXでも感情的なトレードを繰り返してしまう傾向にあります。

FXは常に冷静な判断が求められるので、感情的にトレードを繰り返してしまう人は多額の損失を抱えてしまう可能性が非常に高いので注意が必要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の特徴4】レバレッジ管理をしていない

FXをギャンブルにしてしまう人の特徴のひとつが、レバレッジ管理をしていないことです。

FXでのハイレバ取引は強制ロスカットとなる確率が非常に高く、危険な状態といっても過言ではありません。

ギャンブル取引を続けた結果、強制ロスカットが続いたことが原因で「自己破産」に追い込まれたトレーダーも少なくありません。

FXではより安全に取引するために、余剰金を確認してより安全に取引できるレバレッジを設定しなければ、より安全な取引ができなくなるので注意が必要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の特徴5】資金管理ができていない

FXをギャンブルにしてしまう人の特徴の中でも特に多いのが、資金管理ができていないことです。

FXでは資金管理が最も重要といっても過言ではありません。

日常生活にも現れますが、給与が入ってすぐに豪遊してしまったり、頻繁に友人などからお金を借りたりする人は資金管理能力が極度に低い傾向にあります。

頻繁に売買を繰り返すので常に資金管理をする必要がありますが、資金管理を怠ると高い確率で損失が拡大していきます。

資金管理不足に陥ると、資金が尽きて借金地獄となる恐れがあるので注意が必要です。

FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法5選

不労所得を得ようとFXを始めた人も多いと思いますが、「投資」にするのか「ギャンブル」にするのかはトレーダー次第で決まります。

どんなに魅力的な金融商品でも、やり方ひとつで良い方向にも悪い方向にも転がるので、より安全な取引を心がけなければ、損失だけがどんどん拡大していきます。

ここからは、FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法について5つに分けて解説していきます。

・投資という意識を常に持つ
・計画的に資金管理を行う
・実現可能な目標を立てる
・トレードルールを設定する
・常に学ぶことを忘れない

【FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法1】投資という意識を常に持つ

FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法として、投資という意識を常に持つことがあげられます。

FXはトレーダーのやり方次第で「投資」にもなり「ギャンブル」にもなります。

投資という意識を持って常に学び、分析をして成功も失敗も次に活かセルトレーダーは、長期的に見て勝ち続けることができます。

それとは逆に、大金が欲しいという欲だけで取引している人は、感情のままにトレードを重ねて損失がどんどん拡大していく危険があります。

FXは投資という意識を常に持つことで、長期的に勝つためにはどうすれば良いのかを考えるようになるので、欲に惑わされずに勝ちの確率を上げることを考えることが、とても重要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法2】計画的に資金管理を行う

FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法のひとつが、計画的に資金管理を行うことです。

資金管理を徹底していないと、資金が尽きて損失だけが残り多額の借金を抱えて自己破産になるケースも少なくありません。

FXは人間性が出る部分も多いので、資金管理が疎かになっている人は、日常生活からお金の管理を見直すのも手です。

日々の生活でお金の管理を徹底することが意識づけされていれば、自然とFXでもお金の管理ができるようになります。

不労所得を得ようと始めたFXで借金を抱えないためにも、日常生活から資金管理を徹底することがとても重要です。

【FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法3】実現可能な目標を立てる

FXをギャンブルにしてしまう人は実現可能な目標を立てるのも手です。

FXをギャンブルにしてしまう人の多くは「大金が欲しい」「お金持ちになりたい」という欲だけでトレードをすることが多く、明確で実現可能な目標を設定していないケースが多い傾向にあります。

明確であり実現可能な目標を立てないと、自身がどこに向かって進めば良いのかも分からず、トレード自体が曖昧なものになってしまいます。

・自身がなぜFXを始めたのか
・どうなりたいのか
・何を達成したいのか

自身がFXで取引する意味を明確にしてしっかりとした目標を立てられるようにしましょう。

【FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法4】トレードルールを設定する

FXをギャンブルにしてしまう人はトレードルールを設定することも重要です。

資金管理の重要性は理解したと思いますが、資金管理を徹底しても自身のトレードルールを徹底していなければ、資金を守ることはできません。

利益を期待して損切りのタイミングをずらしたり、損失を取り戻そうと感情的にトレードをしたりすることは、更なる損失を生んでしまいます。

冷静な判断ができる環境で、安定したトレードをすることが長期的な視点て見ても勝つために重要な要素なので意識しましょう。

【FXをギャンブルにしてしまう人の改善方法5】常に学ぶことを忘れない

FXをギャンブルにしてしまう人は、常に学ぶことを忘れないようにすることがとても大切です。

勘やその場の気分で取引を続けても最終的に勝てる確率はとても低いといえます。

・経済指標
・金融政策
・政治情勢
・要人発言

などさまざまな経済的要因も相場変動の要因のひとつですので、常に経済ニュースをチェックして学んでいく必要があります。

その他にもテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などの知識も高めていく必要があるため、常に学ぶ意識を持つことは重要な要素となるので意識してみましょう。

【まとめ】FXの方向性を決めるのは自分次第

FXはトレーダーの行動次第で「投資」にもなりますし「ギャンブル」にもなります。

一攫千金を夢見て勘を頼りにトレードをする人も多いですが、ギャンブル思考が強い人ほど冷静な判断ができず、感情的な取引をする人が多い傾向にあるので、長期的に見て勝ち続けることは、非常に難しいといえます。

不労所得を得たいのであれば、より安全に勝ちの確率を上げる行動を意識することが重要です。
勝ちがあれば、必ず負けもあります。

FXでトレードするうえでのメリットとデメリットを理科して、ローリスクを常に意識したトレーダーとなれるよう意識していきましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました