FXでルールを守れない人の特徴と改善方法5つ

FXでも稼ぐ

FXで取引するうえで重要なルール設定ですが、FXで最初は気合を入れてルールを決めたのに、結果的にルールを守れていないという人も多いのではないでしょうか?

カジノでもFXでもプラス収支である私から見た結論からいうと、FXで設定したルール通りに取引できない人は、冷静な判断ができなくなったり、大きな負債を抱える原因になります。

よって、しっかりとルールを守れるように意識づけすることがとても重要です。

この記事では、下記の内容に沿って解説していきますので、ルールが守れなくなっているという人は、ぜひ参考にしてみてください。

FXでルールを守れない人の特徴5つ

「FXでルールが守れない…」と悩んでいる人も多いと思いますが、FXでルールを守れない人には必ず共通点があります。

ここからは、FXでルールが守れない人の特徴を5つにまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

【FXでルールを守れない人の特徴1】ルールを忘れてしまう

FXでルールを守れない人の多くは、ルールを忘れてしまう傾向にあります。

最初は気合を入れて決めたルールも、ルールが頭から抜けてしまっては100%守ることができません。

時間が経過して忘れてしまうこともあれば、利益に執着しすぎてルールを忘れてしまうこともあります。

また、寝不足やアルコールが入った状態で取引をすることもルールを守れない要因になります。

万全な状態で取引ができない状況にも関わらず、取引をしてしまったことにより決済をし忘れたり、取引をしたことすら忘れてしまい、気づいたら数十万の含み損となってしまうというケースも少なくありません。

自分で決めたルールを忘れてしまったり、別のことに集中しすぎてルールが頭から離れた状態での取引は大損につながるので注意が必要です。

【FXでルールを守れない人の特徴2】感情的になってしまう

FXでルールを守れない要因のひとつが、感情的になってしまうことです。

含み損が膨れ上がったり、負け続けている人は冷静さを失って感情的に行動してしまうことが多いです。

その場の感情で取引をしてしまうことは、後の大きな後悔に繋がります。

感情的になると、自分で決めたルールさえも無視して、リスクさえも考えずに取引を繰り返してしまうので大変、危険な行為です。

初心者に特に多いですが、感情的な取引は後の失敗に大きく響きますので注意が必要です。

【FXでルールを守れない人の特徴3】守れないルールを設定している

FXでルールを守れない人は、守れないルールを設定している傾向にあります。

FXでは自分ルールを設定することがとても重要ですが、ルールが厳密すぎたり、複雑すぎてしまうとルールを守り続けることすら困難になってしまいます。

勝ちにこだわりすぎて、手法を複雑にしすぎてしまうと、重要な場面での判断ミスが非常に多くなります。

ルールを多くしてしまったり複雑にしすぎると、ルール自体を忘れてしまったり、ルールに囚われて柔軟な対応ができなくなるので注意が必要です。

【FXでルールを守れない人の特徴4】目的が明確になっていない

FXでルールを守れない人の多くは、目的が明確になっていない傾向にあります。

FXで取引する目的や、自分で決めたルールの目的が明確でないと、なぜ今取引をしているかも明確でない傾向にあるので、すべてが中途半端な状況となってしまいます。

・何を目的に取引をしているのか
・何を目的にルールを決めているのか
・何を目的に分析をしているのか

勝ち続けるために行った工程すべての目的を明確にしなければ、方向性を失って適当な取引を繰り返してしまうことになるので注意が必要です。

【FXでルールを守れない人の特徴5】努力の方向性が間違っている

FXでルールを守れない人は、努力の方向性が間違っている傾向にあります。

FXトレーダーの多くは、勝ち続けるために常に勉強を怠っていないと思いますが、学びの方向性を間違えてしまうと、自分が意図していない知識だけが蓄積されて、自身に必要な知識を蓄えられなくなります。

自分に欠けている点を細かく分析して学び、トレードに活かして失敗した場合は、また分析をして次のトレードに活かせなければ、失敗が続いてしまうので注意が必要です。

FXでルールを守れない時の改善方法

FXでルールが守れないと感じたまま取引をする訳にはいかないので、早急に改善をする必要があります。

FXで取引するうえでルール設定を必須ですが、そのルールすら曖昧だったり不可能な設定をしていれば意味がありません。

ここからは、FXでルールを守れない時の改善方法を5つに分けて解説してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【FXでルールを守れない時の改善方法1】ルールを徹底する

FXでルールを守れない時の改善方法のひとつがルールを徹底することです。

守れるルールを設定するには、自分が守り続けられるルールである必要があります。

ルールが複雑すぎたり、厳密に設定しすぎると、自分が忘れてしまったり守りきれない状況に陥ってしまいます。

ルールが破られるリスクを想定して、自身がしっかりと守れるルールを設定することで、取引も冷静に行うことができます。

マニュアルに似ていますが、ルールに則って取引を行い、必要に応じて臨機応変に対応できるスイキルを身につけることで、取引は充実したものとなります。

ルールは人によって異なるので、他人に左右されずに「自分が守り続けられるルール設定」を意識してルールを決められるようにしましょう。

【FXでルールを守れない時の改善方法2】冷静な判断を徹底する

FXでルールを守れない時の対処法は冷静な判断を徹底することです。

FXで負けが続いたり、負けを取り戻そうとすると冷静に判断ができず、感情に任せたトレードとなりがちです。

・あの時に損切りしていれば…
・あの時にトレードしていなければ…
・あの時に利確していれば…

失敗が積み重なると冷静ではいられなくなり、ストレスが溜まってしまい感情的なトレードが続ける傾向にあります。

それが原因で損益がどんどんと拡大していく可能性があります。

取引する際には、冷静な状況判断ができる環境を整えられるようにしましょう。

【FXでルールを守れない時の改善方法3】資金管理を徹底する

FXでルールを守れない人は、資金管理を徹底することも解決策のひとつです。

資金管理ができないトレーダーの多くは、勝ち続けることではなく勝つことが目的となってしまい、最終的には負けてしまうケースが多いです。

FXは基本的に余剰金を把握して、より安全に取引できる範囲で取引をします。

利益を優先して無理な取引をするよりも、長期的に見てより安全に取引ができる状況を維持することがとても大切です。

【FXでルールを守れない時の改善方法4】明確な目的を設定する

FXでルールを守れない時は、明確な目的を設定するのも改善策のひとつです。

FXでルールを設定する際に目的もなく適当なルールを設定してしまったり、失敗を恐れてたくさんの無茶なルールを設定してしまう人も少なくありません。

FXをやる明確な目的をきちんと設定し、それに合わせた自分のルールを設定することで、無茶のない安定した取引をすることができます。

何の目的もないギャンブル取引でなく、明確に設定した目的を達成できるように、しっかりと設定しましょう。

【FXでルールを守れない時の改善方法5】トレード結果を記録に残す

FXでルールを守れない時は、トレード結果を記録に残すことも改善方法のひとつです。

FXでは勝ち負けのパターンがさまざまありますが、勝った要因、負けた要因をすべて記憶することは不可能です。

せっかく得た経験も記録に残しておかなければ水の泡です。

記録に残さないことによって同じ失敗を繰り返してしまい、結果的に負けとなってしまう確率が非常に高くなります。

取引結果から得た情報をしっかりと記録に残して分析し、次の取引に活かせるようにしておきましょう。

【まとめ】自分をコントロールすることが成功の鍵

FXはゼロサムゲームですから、欲や感情だけで取引を繰り返すと大きな損失につながります。

せっかく設定したルールも意味をなさないので、自分が100%守れるルール作りを徹底することが成功の近道となるでしょう。

しかし、ただ適当に設定したルールでなく、目的を明確にしてそれを達成するために必要なルールの設定が重要となります。

ある意味、FXは自身との戦いとなりますので、しっかりとルールを決めて、より安全な取引ができるようにしましょう。

error:
タイトルとURLをコピーしました