2in1法でボンズカジノを攻略する方法

ゲーム攻略

【2in1法とは?】

2in1法はウィナーズ投資法に良く似た、システムベッティングです。

似ている点としては、連敗してから使用を開始する点。負けからイーブンに持って行く、そういったシステムベッティングです。

文章ではわかりづらい2in1法を、ところどころに表を用いて解説していきます

 

<2in1法が使用できるゲーム>

  • ルーレット
  • ブラックジャック
  • バカラ

といった2分の1で勝敗が決まるゲームに限られます。

 

次に、2in1法の賭け方としては以下。

  • 最初に賭ける金額の設定(10ドルとします)
  • その金額を1単位(10ドル→1単位)とします
  • 2連敗するまで、10ドルを賭け続けます(単位を右端に記入)

A右端と左端を足した単位を賭ける

B負けるごとに、右端に負けた単位を記入

C勝つごとに記入した単位の右端と左端を削除

2回負けたら、A、B、Cを順番に繰り返し、記入した単位がなくなったら±0となり、このシステムベッティングを終了します。

 

文字だけで2in1法は理解しにくいため、上記を表にします。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 10 × -10 1
2 1 10 × -20 1、1
3 1、1 20 × -40 1、1、2
4 1、1、2 30 × -70 1、1、2、3
5 1、1、2、3 40 × -110 1、1、2、3、4
6 1、1、2、3、4 50 × -160 1、1、2、3、4、5

これは、2in1法を使用して6連敗した動きです。

 

次に、7ゲーム目から勝っていった場合の動きを表にします。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
7 1、1、2、3、4、5 60 -100 1、2、3、4
8 1、2、3、4 50 -50 2、3
9 2、3 50 0 無記入

3ゲーム勝つだけで、±0にすることができました。

9ゲーム目のように、記録が無記入となったときに終了となります。

 

【2in1法の特徴】

<負け2回に対して勝ち1回で±0>

2in1法は、負け2回に対し、1回の勝ちで±0に戻すことができます。

そういった面では非常に優れたシステムベッティングと言えます。

 

<負けた分だけ取り戻す>

上記にもあるように「負け」を±0にするベッティングです。

±0にはなりますが、それ以上の利益を出すことはできません。

 

<システムが複雑>

文字だけでは、理解が難しい方法です。

最初は紙に書くといった方法で試していくと良いでしょう。

そのため、練習台としてもオンラインカジノとの相性は良いです。

【2in1法のメリット】

<連敗してもすぐに±0にできる>

2in1法は、2つの負けを1つの勝ちで相殺できます。

そのため、連敗しても少しの連勝で相殺することができるのです。

5ドルを1単位として、4連敗の損失をどのような流れで相殺するか、表にします。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 5 × -5 1
2 1 5 × -10 1、1
3 1、1 10 × -20 1、1、2
4 1、1、2 15 × -35 1、1、2、3
5 1、1、2、3 20 -15 1、2
6 1、2 15 0 無記入

わずか2ゲームで相殺することができました。

他のシステムベッティングでは、このようにはなりません。

 

<リスク小>

負けが続いても、賭け金の上昇はゆるやかに抑えられています。

ですが、2:1の関係、2回の負けに対して1回の勝ち、4回だったら、2回と少ない勝ちで±0にもっていくことができます。そのため、2in1法のリスクは少ないと言えるでしょう。

【2in1法のデメリット】

<勝ち負けが交互になると威力を発揮できない>

そもそも、2連敗せずに1勝1敗が交互になった場合では、2in1法を使用することはできません。

では、3連敗後に交互に負けたり、勝ったりした場合はどうなるでしょうか。

10ドルを1単位として、表にしてみます。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 10 × -10 1
2 1 10 × -20 1、1
3 1、1 20 0 無記入
4 無記入 10 × -10 1
5 1 10 0 無記入
6 無記入 10 × -10 1
7 1 10 0 無記入
8 無記入 10 × -10 1

損失を相殺できているゲームもありますが、全体として少しの損失が出てしまいます。

そのため、損失を相殺できた段階でゲームを降りた方が良いでしょう。

 

<長期戦には弱い>

このベッティング法は、2敗したら1勝、4敗したら2勝、8敗したら4勝しなければ、±0に相殺することはできません。そのため、長期戦で負けが続いていると、なかなか挽回することはできません。

10ドルを1単位として、20ゲーム行った表を作成します。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 10 × -1 1
2 1 10 × -2 1、1
3 1、1 20 × -4 1、1、2
4 1、1、2 30 × -34 1、1、2、3
5 1、1、2、3 40 × -74 1、1、2、3、4
6 1、1、2、3、4 50 × -124 1、1、2、3、4、5
7 1、1、2、3、4、5 60 × -184 1、1、2、3、4、5、6
8 1、1、2、3、4、5、6 70 -114 1、2、3、4、5
9 1、2、3、4、5 60 -54 2、3、4
10 2、3、4 60 × -114 2、3、4、6
11 2、3、4、6 80 × -194 2、3、4、6、8
12 2、3、4、6、8 100 × -294 2、3、4、6、8、10
13 2、3、4、6、8、10 120 × -414 2、3、4、6、8、10、12
14 2、3、4、6、8、10、12 140 × -554 2、3、4、6、8、10、12、14
15 2、3、4、6、8、10、12、14 160 -394 3、4、6、8、10、12
16 3、4、6、8、10、12 150 -244 4、6、8、10
17 4、6、8、10 140 × -384 4、6、8、10、14
18 4、6、8、10、14 180 × -564 4、6、8、10、14、18
19 4、6、8、10、14、18 220 -344 6、8、10、14
20 6、8、10、14 200 -144 8、10

ゲーム序盤で連敗してしまうと、それを挽回するために、さらに賭け金が大きくなり、結果として、損失が大きくなってしまいます。

短期的な損失の相殺には向いていますが、長期戦では、損失が大きくなる場面が多く、このゲームでも最大564ドルものマイナスとなってしまう場面がありました。

 

<連勝しても利益は出ない>

負けを相殺することを目的としたシステムベッティングのため、連勝した場合は思ったように、利益を出すことができません。

1単位10ドルとして、連勝が続く場合を表にします。

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 10 × -10 1
2 1 10 × -20 1、1
3 1、1 20 0 無記入
4 無記入 10 10 無記入
5 無記入 10 20 無記入
6 無記入 10 30 無記入
7 無記入 10 40 無記入
8 無記入 10 50 無記入
9 無記入 10 60 無記入
10 無記入 10 70 無記入
11 無記入 10 80 無記入
12 無記入 10 90 無記入

3ゲーム目で負けを相殺してからは、賭け金が増えることがないため、1単位のみの儲けしか、利益を伸ばすことができません。そのため、10連勝したにもかかわらず、90ドルの利益しか得ることができませんでした。

3ゲーム目で負けを相殺したら、他のベッティング法に変更することをおすすめします。

【2in1法まとめ】

2in1法のポイントとして、

<目標金額や損切りラインを設定しておく>

2in1法は、長期戦になるほど不利になるベッティング法です。

そのため、あらかじめ利益の目標金額や損切りラインの設定しておくと、ゲームの降りるタイミングを把握でき、長期戦になることを防ぐことができます。

また、降りるタイミングがつかみづらい人は、他のシステムベッティングである「ハーフストップ法」を使用してみるのもおすすめです。

 

2in1法のやり方のおさらいとしては、

ゲーム数 記録 賭け金 勝敗 損益 終了後の記録
1 無記入 10 × -10 1
2 1 10 × -20 1、1
3 1、1 20 × -40 1、1、2
4 1、1、2 30 × -70 1、1、2、3
5 1、1、2、3 40 × -110 1、1、2、3、4
6 1、1、2、3、4 50 × -160 1、1、2、3、4、5
7 1、1、2、3、4、5 60 -100 1、2、3、4
8 1、2、3、4 50 -50 2、3
9 2、3 50 0 無記入

表のように推移し、±0を目指していきます。

損失を相殺する2in1法、ボンズカジノでぜひ試してみて下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました