パチンコ『初代 CR 牙狼XX』を打てるオンラインパチンコは?激アツ演出は?(クイーンカジノ版)

当ページにはプロモーションが含まれています。

パチンコ『初代 CR 牙狼XX』がクイーンカジノならリアルにオンラインパチンコ実機が打てるんです。初当たり確率1/397、ヘソ振分け50%で継続率82%の魔戒チャンスは即当たりの爆連という牙狼の名前を一気に広めた1台となりました。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

大人気シリーズ【CR牙狼】の初代。あまりの爆発力に即規制!

今回は言わずとしれた、名機、初代 CR 牙狼XXです。

牙狼シリーズの原点とも言える本作ですが、当然、当初は牙狼というコンテンツを知っている人は少なかったと思います。

私もこの時は知らず、もっぱらパチンコ北斗の初代や、仕事人Ⅲなどを打っていました。

ただ、前評判で、出玉増加速度が凄いということで、導入から2週間ほどしたところで打ったことを覚えています。

この時は、恥ずかしながら演出の事前情報も分からずに打っていたので、中央に7が止まると疑似連継続すら分かっておらず、シャンシャンなる役物を見つつ、首をかしげていました。

しかし、当たった以降はわけも分からずバトルに勝ち続けて、1万5000発があっという間に出たのは良い思い出です。そんな、最高の初打ちを迎えてしまったので、牙狼にハマるのは必然でした。

 

さて、初代 CR 牙狼XXのスペックはと言うと、大当たり確率は1/397.2、魔戒チャンス(時短)突入率は50%、継続率は82%でした。

ラウンドは勿論、全てフルラウンドで約1560個の出玉を獲得することが出来ました。

こうやって書いてみても凄いスペックでしたが、この台の真骨頂はやはり、出玉スピードですね。この時代は普通の確変機であれば、確率の制限もあり、早くても次の大当たりまで、約23分はかかりました。

しかし、初代 CR 牙狼XXは混合機の特性を活かし、1分もしないうちに当たってしまうのです。他の台が確変中にハマっている間に次々と当たり、出玉の山を後ろに積む爽快感がヒットの理由だと思います。

しかし、あまりにも強烈なスペックにより、リリースから一年後、メーカーでの自主規制がかかったことも、モンスターマシンの証明になっていると思います。

後のシリーズに続く秀逸な演出群

皆さんは牙狼シリーズでの通常時の予告は何が好きですか?色々とあると思いますが、私は保留3個以上ある時の、シャンシャン+タイトル予告(牙狼)が好きです。

英字版はすぐ、ライターで燃やされるイメージがあって苦手でした。

このタイトル予告は保留2個以下では、リーチも疑似連もしない場合が多いですが、3個以上ある時は、疑似連に大きく期待ができます。とりあえず、疑似3して、あとは、勝機が出なければワンチャンあるという感じでしたね。

また、その他の予告もシンプルで、VFX予告からあっさり当たったり、オープニング予告から魔天使が現れたりと、熱くなれる瞬間が多かったです。

アニメリーチのチャンスアップも多彩で、プレミア系は魔戒チャンス突入も確定するので、楽しめるポイントが多かったのも記憶しています。

牙狼SPにしても、魔界竜が熱いのは当然ですが、他のリーチも、そこそこ当たることが多く、総じて演出バランスが良かったと思います。

また、リーチ外れ後の図柄の揺れる回数で復活を察知する人が多く、リーチ終わりも、図柄を凝視している人が多かったのを覚えています。

魔戒チャンスの演出選択は多種多様!

何とか大当たりを引き、昇格が無ければ、胃が痛い瞬間のキババトルがやってきます。

私も大魔獣陣に散々やられましたね。まあ、業火炎破で期待して、やられてしまうのも多数ありましたが。

ボタン連打のメーターの上がり方でも期待度が変わったと記憶しています。そして、最後は光り輝くザルバ頼みでしたね。

さて、そんな苦労して入った魔戒チャンスをどうやって消化するかは人それぞれだったと思います。

一部、セグを見てから台を叩き、無理矢理、継続させようとするとんでもない輩も居ましたが

私は普通に、ゲート選択で悩んでいました。バランス型の魔戒ゲートで行くか、出現ホラーで一喜一憂できる魔獣ゲートかはたまた、魔陣ゲートでお助けを求めるか

ゲートの出現種類でも期待度が変わり、面白かったですが、結局、バランス型の魔戒ゲートが多かったと思います。キバとメシアさえ出てこなければ何とかなると思いながら、森のホラー熊に負けたのも良い思い出です。

まあ、正直、危険度3くらいからは、70%位の期待値なので負けてしまうことも多かったですね。ただ、どのモードでもエンブレム完成した時は、幸福感に包まれるので、あのエンブレム役物は本当に大好きでした。

以上、時代を彩った機種『初代 CR 牙狼XX』の紹介でした。シンプルな作りながら、その爆発力で時代を作った機種でした。私もその後の牙狼シリーズにどっぷりハマっていくキッカケを作り、今でもゲームセンター等にあると、つい打ってしまう、本当に大好きな機種でした。

オンラインパチンコ『初代 CR 牙狼XX』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

おすすめの記事