Dragon Eggスロットの勝ち方・スペック・実戦

スロット実戦記

Dragon Egg(ドラゴンエッグ)は、2015年4月にTom Horn Gamingからリリースされたオンラインスロットです。名前からも分かるように、ドラゴンの卵をテーマにしたゲームとなっており、プレイ中にはさまざまなドラゴンが出現します。

Dragon Eggにはフリースピンやボーナスゲームがあり、最大で10,000倍の賞金を獲得することができます。

また高ボラティリティとなっているため、ハイローラーにもおすすめです。

Dragon Eggを導入しているオンラインカジノは以下です。

ベラジョンカジノ

インターカジノ

ビットカジノ

ボンズカジノ

 

Dragon Eggの特徴

地中海がテーマとなっているDragon Eggは、冒険をしながらドラゴンの卵を探すという設定のオンラインスロットです。

重みのあるサウンドとダークカラーの背景が特徴で、赤や緑の輝くドラゴンが印象的なゲームとなっています。

プレイ中に出現する「金の卵」はスキャッターとなっているため、多くの卵を獲得しながら冒険を進めて行くのがポイントになるでしょう。

Dragon Eggの基本スペック

・プロバイダー/Tom Horn Gaming
・タイプ/ビデオスロット
・テーマ/地中海・ドラゴン
・ボラティリティ/高い
・リール/5
・レイアウト/5-3
・ペイライン/9
・最小ベット/0.02ドル(1ラインに賭けた場合)
・最大ベット/90ドル(9ライン全てに賭けた場合)
・最大配当/10,000倍
・ペイアウト率/96.44%
・フリースピン/あり
・ボーナス/あり
・ダブルラウンド/なし
・ジャックポット/なし
・自動プレイ/あり
・モバイル対応/あり

Dragon Eggは、5リール3ラインのスタンダートなオンラインスロットです。

しかし設定は高ボラティリティであるため、ハイローラー向きのゲーム展開となっています。

最大配当は10,000倍となっており、ペイアウト率が高いのも特徴でしょう。

フリースピンでは高額シンボルの出現でBIGWINを勝ち取ることもできるので、期待度の高いゲームではないでしょうか。

またDragon Eggはモバイル端末に対応しているため、スマホからもゲームをプレイすることができます。推奨されているモバイル端末は、iPhoneとiPad、Androidとタブレットとなっています。

Dragon Eggの配当

Dragon Eggでは、さまざまなドラゴンのシンボルが出現しますが、ドラゴンの色によって配当が異なります。

以下が各ドラゴンの配当になります。

【赤ドラゴン・金ドラゴン】
・2個/2倍
・3個/25倍
・4個/150倍
・5個/750倍

【青ドラゴン】
・3個/20倍
・4個/100倍
・5個/500倍

【緑ドラゴン・紫ドラゴン】
・3個/15倍
・4個/75倍
・5個/250倍

上記の配当は、ワイルドでも代用可能です。

もしもワイルドで代用して絵柄が揃った場合には、配当は上記の2倍になります。

ドラゴンのシンボルが高配当になるDragon Eggですが、ドラゴン以外で配当を得ることも可能です。

 

ドラゴン以外のシンボルとその配当がこちらです。

【K・A】
・3個/10倍
・4個/50倍
・5個/150倍

【10・J・Q】
・3個/5倍
・4個/25倍
・5個/100倍

【9】
・2倍/2倍
・3個/5倍
・4個/25倍
・5個/100倍

数字や英語の絵柄は配当がやや低めですが、5個揃えることで100倍以上の配当を獲得できます。

ドラゴン以外の配当を組み合わせて、徐々に配当を増やしながら、ボーナスやフリースピンを狙うこともできるでしょう。

Dragon Eggの特殊シンボル

Dragon Eggでは、ワイルドマルチプライヤーとスキャッターが存在します。
これらが多く出現すると、高額勝利の可能性が高いでしょう。

【ワイルドマルチプライヤー】

Dragon Eggでは、ワイルドマルチプライヤーのシンボルが設けられています。

ワイルドマルチプライヤーの絵柄は赤い背景の黒いドラゴンとなっており、このワイルドシンボルは、スキャッター以外の全てのシンボルの代役を務めることが可能です。

またウィンライン上に1個でもワイルドシンボルが出現すると、獲得賞金が2倍になります。

さらに3個以上のワイルドシンボルが出現した場合には、ドラゴンエッグボーナスへと進むことができます。

 

他のシンボルとしてワイルドシンボルを代用するケースでは、ラインに2個以上のワイルドシンボルが含まれた場合には、マルチプライヤーの配当が適用されます。

ワイルドシンボルが出現した際の配当は以下になります。

・2個/10倍
・3個/200倍
・4個/2,000倍
・5個/10,000倍

ワイルドシンボルが5個揃うと10,000倍という高配当を貰えるのは、Dragon Eggの大きな魅力ではないでしょうか。

ベースゲームにおいてもワイルドシンボルの出現率は高いため、揃えて高額配当を狙う方も多いでしょう。

 

【スキャッター】

Dragon Eggのスキャッターは、金の卵の絵柄になります。

金の卵は3個以上集めると配当が確定し、さらにはドラゴンエッグボーナスをトリガーできます。

またペイライン上でなければいけないという決まりはないため、どの場所に出現しても配当を獲得できるのが特徴です。

スキャッターの配当率は以下になります。(スキャッターの賞金はベット額に掛けます。)

・2個/2倍
・3個/5倍+フリースピン
・4個/25倍+フリースピン
・5個/250倍+フリースピン

3個以上出現すると、フリースピンが貰えるのが魅力ですね。

またフリースピンに突入する前にボーナスを貰うこともできるため、さらなる高配当を期待できるでしょう。

Dragon Eggの遊び方

Dragon Eggの基本的な遊び方がこちらです。

  1. 画面右下にある「コイン」のマークをクリックし、ベット数を設定します。
  2. 画面右下のスピンボタンを押し、スロットを回します。
  3. ペイライン上に3つ以上のシンボルを揃えて配当を狙いましょう。

ベースゲームでは高配当なシンボルを狙い、最も高額であるワイルドシンボルを揃えることが目標になるでしょう。

ウィンラインに1つでもワイルドシンボルがある場合には、賞金が2倍になります。

また特殊シンボルを出現させ、ボーナスやフリースピンの獲得を狙いましょう。

Dragon Eggで自動プレイを行う際には、スピンボタンの左にある「〇」ボタンから設定を行います。

自動プレイは、1回~100回までの設定が可能です。

Dragon Eggのボーナス

ワイルドシンボルを含んでラインが完成した場合には、「ワイルドトリガーリスピンフィーチャー」を発動します。

この場合、完成したラインのシンボルはその場に固定され、配当に含まれない絵柄がリスピンされます。

リスピンされて、配当ラインができた場合には、再び配当に含まれるシンボルが固定されます。

完全なラインができるまでリスピンが繰り返され、最後に配当を獲得できるのが特徴です。

Dragon Eggのフリースピン

Dragon Eggでは、スキャッターが3個揃うとフリースピンを獲得できます。

フリースピンの前には15個の金の卵が出現するので、クリックして金の卵を割りましょう。

すると中からドラゴンが出現するので、同じ色のドラゴンを3個揃えます。

この後、『青ドラゴン/フリースピン20回と3倍のマルチプライヤー』が3つ出現しました。

赤ドラゴン、金ドラゴンだったらさらに多くの回数になります。

ドラゴンの色によってフリースピンの回数が決まり、最低10回から最高30回のフリースピンを獲得できます。

またフリースピンと同時に、マルチプライヤーの獲得も可能です。

ドラゴンの色ごとに異なるボーナスがこちらです。

・黒ドラゴン/フリースピン10回と3倍のマルチプライヤー
・緑ドラゴン/フリースピン15回と3倍のマルチプライヤー
・青ドラゴン/フリースピン20回と3倍のマルチプライヤー
・金ドラゴン/フリースピン25回と4倍のマルチプライヤー
・赤ドラゴン/フリースピン30回と5倍のマルチプライヤー

赤のドラゴンを3個揃えるパターンが、最も高条件と言えるでしょう。

Dragon Eggの実戦&倍々チャンス

せっかくフリースピンを引いたので、このままプレイしていきます。

フリースピン中ならエッグ2個でも配当がもらえます。

フリースピン中はワイルド出現がアツいです。

今回のフリースピンでは1218プラス当選時の90を合わせた1308ドルを獲得しました。

Dragon Eggではこの金額をさらにギャンブルできる機能があります。

赤or黒の選択で1倍のままか2倍にチャレンジできます。

今回は赤を選択しました。

中央カードは一瞬で消えてしまったのですが、下の履歴に赤カードがありますね。

見事に的中できました。

賞金も1308の2倍の2616ドルに増えました。

クレジットも大幅に増やせました。

Dragon Eggではフリースピンがリトリガーできないため、フリースピン中は高額配当を狙ってシンボルを揃えるのが重要になります。

Dragon Eggは、高リスク高リターンのオンラインスロットです。

ハイローラーや大きな勝負をしてみたい方は、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。

error:
タイトルとURLをコピーしました