オンラインパチンコ『P フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を打てるサイトは?激アツ演出は?(クイーンカジノ版)

当ページにはプロモーションが含まれています。

ガンダムを題材とした、パチンコ、パチスロは沢山の作品がリリースされていますが2023年現在、登場したばかりの機動戦士ガンダムSEEDを除いて、全てが宇宙世紀が舞台となっています。

そんな、宇宙世紀のガンダム作品は派生も含めると20作品以上作られています。

『P フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』がクイーンカジノならリアルにオンラインパチンコで実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

ガンダムシリーズで待ち望まれていた名作『逆襲のシャア』がついに!

数有る作品の中でもファンが多いのが、今回紹介する台の題材でもある機動戦士ガンダム 逆襲のシャアです。

ガンダムファンである私も、パチンコのZガンダムが出た時に、次は、逆シャアで作ってくれないかなーと思っていたりしました。そんな中、今回、紹介するP 機動戦士ガンダム逆襲のシャアが発表された時は、ファーストはMAXSTΖは大量獲得系、機動戦士ガンダム 逆襲のシャアはどんなスペックになるんだろう?と期待に胸を膨らませていました。

 

では、そんな機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのスペックがどうだったのかと言うと、大当たり獲得は1/199.8、時短突入率は100%の12種混合機、いわゆる初代シンフォギアタイプでした。

色々、加味した上での継続率は82.2%、右打ち中は61.5%で900個の出玉が得られるというものでした。出玉の部分を見てしまうと、ウーンとなってしまうかと思いますが、この頃は規制によりパチンコは完全に冬の時代でしたので、仕方が無い部分も多いと思います。

ケーブルテレビの某チャンネルで視聴した際に、衝撃を受けて大好きになった作品です。なお、好きな機体は、ケーラ・スゥが搭乗していたジェガンです。

 オンラインパチンコ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を検索するならこちらをクリック

 

原作ファンには堪らない演出!

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアがリリースされていた時は、もっぱらスロットを打つことが多かった私も流石にファンとして、導入初日に打ちに行きました。

全体的な演出としては、シンフォギアに似ている部分が多いなと感じましたが、原作ファンには嬉しい、様々なリーチがあって面白かった印象でした。

出玉面に関しても、スピード感に欠ける部分はあるものの、まあ今の規制じゃ限界なのかなと思っていました。

ただまあ、原作に興味無い方には、少しスペック面では物足りない所が有ったのも事実です。

 

オンラインパチンコ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の通常時の演出は、入賞フラッシュや保留変化、また、激熱のレバブルなどを搭載し、打ってて演出が起こる頻度は多めでした。

しかし、ライトミドルということもあり、そこまで演出過多とは感じませんでした。

そんな予告演出の中では、赤ロンド・ベルマーク前兆が好きでしたね。

リーチに関しては、秀逸で、CGアニメと原作のアニメーションを上手く活用していて、原作を見た時のことを思い出すことが出来ましたね。

また、何と言っても当たった時に、劇中曲の神曲「Main Title」が流れる瞬間が大好きでした。

私はもう一つの劇中曲「sally」も大好きだったので、こちらの楽曲も搭載されていたら完璧でした。

では、少々苦言では無く違和感を感じた演出ですが、原作ファンは皆さん全員同じ意見だと私は思い込んでいます。

それは、「逆襲」という言葉を使いすぎという点です。

タイトルにはあるものの、事ある毎に、「逆襲!逆襲!逆襲ー!」と、シャアがどれだけ逆襲したかったんだと勘違いしそうになります。

先読みゾーンも逆襲ゾーンという、逆襲に全振りした予告は流石に違和感を覚えました。

普通に赤い彗星ゾーンで良かったんじゃと勝手に思っていました。

あとは、人によっては良好点にもなるのですが、なぜ高信頼リーチにファーストのラストシューティングを入れたのかは私的にはちょっと疑問でしたね。

 オンラインパチンコ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』を検索するならこちらをクリック

 

ツボにハマれば大連チャンも!?逆襲ラッシュ!

オンラインパチンコ『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の大当たり後は、全て時短1回の逆襲ラッシュ獲得チャレンジに入ります。

ここではロゴ完成により、逆襲ラッシュに突入しますがシンプルな作りでした。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアは、この後に入る最終決戦ならぬクライマックスアタックが肝でしたね。

ここではアクシズ落下を阻止する名シーンが流れるんですが、パネルにその時の名台詞が並んでいるので、原作愛を感じましたね。

この、クライマックスアタックで当たれば、ほぼ次の当たりも確約されていたので、そこはとても良かったと思います。

逆襲ラッシュ突入後はシンフォギアよろしく、色々な演出モードから選べます。

ボタン連打系や、一発告知等有りましたが、私はスタンダードなアムロモードか、一撃決着のシャア粛清モードで多く打っていました。

演出は色々と多かったですが、赤系が来ればしっかり当たるところが好印象でした。

そんな逆襲ラッシュを抜けてしまうとラストバトルが展開され、ここで当たればプレミアム逆襲ラッシュに入るので、上手く引けると、大量獲得も可能でした。

ラストバトルの演出も原作のキャラが多く活躍して、とても良いのですが、一つだけネックなのが、演出が長すぎるという点は不評でしたね。

以上が過去の名機種『P 機動戦士ガンダム逆襲のシャア』の紹介でした。

原作ファン垂涎の演出で、シンフォギアスペックを楽しめる名機でした。

まだ現役で打てるので、私もクイーンカジノでまた打ちたいなと思います!

そうです、『P フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』がクイーンカジノならリアルにオンラインパチンコで実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

おすすめの記事