『CRぱちんこ仮面ライダーMAX EDITION』を打てるオンラインパチンコサイトは?激アツ演出は?(クイーンカジノ版)

当ページにはプロモーションが含まれています。

仮面ライダーシリーズと言えば、初代が2004年にリリースされ、その後、ショッカー全滅大作戦が大ヒットしました。今なお、次回作が作られ続け、根強いファンがいるシリーズです。

今回、紹介する、ぱちんこCR仮面ライダーMAX EDITION2007年に登場した三作目になります。

『CRぱちんこ仮面ライダーMAX EDITION』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

 100万円単位でもBET可能なハイローラー向けの高額入出金オンラインカジノランキングはこちらをクリック!

大人気シリーズ『仮面ライダー』3作目のMAX機

 

スペックを新たに、MAXスペックの爆裂機であり、進化系ぱちんこと銘打たれ登場しました。

先に進化系ぱちんこを説明しますが、これは俗に言う小当たり搭載パチンコであり、小当たりと突然確変を織り交ぜることにより、常に期待感を持って打てるというものでした。

私もそんな期待感を持って初打ちしたのですが結果は約2時間、トラップに引っかかり続けながらも、しつこく潜入を繰り返す本郷猛を眺め続けるという、ある意味進化したパチンコの形を目の当たりにしました。

トラップモードについては、後ほど説明するとして、まずスペックですが、大当たり確率は1/399.6ST74回転、継続率は約82%、右打ち中は全て約1350個の14Rというハイスペックでした。

当然、右打ちまでのハードルは高く、低確率のヘソからは57.5%が潜伏するというものでした。

この、潜伏大当たりもしくは、小当たりを引いた際に、先述した、トラップモードに突入します。小当たりの確率は1/115であり、頻度が高いものでした。

進化系ぱちんこが行き着いた先は、セグ読みだった

進化系ぱちんこが、リリースされるとセグ読みが多く流行しました。

それもそのはず、小当たりの確率が高すぎて、セグを確認しなければ辞めるに辞めれない状況が多かったのです。

セグ読みも自分の台だけでなく人の台を見る方も居て、トラブルなんかも発生していた記憶があります。

私も、潜確経由では無い大当たりは、引いていたものの、トラップステージに滞在している時間が長すぎて、怪人を撃破するよりも、トラップを破壊してサイクロンモードに入った記憶の方が多いです。

通常時の演出自体は、京楽の王道演出といった形で、ゼブラ柄や、保留変化、群予告を待ちながら、1号リーチで仕留めるといった流れが多かったです。

しかしながら先述の通り、1/115の小当たりを引くと、必ず、リーチハズレ演出から扉が閉まってという流れが多すぎました。

トラップステージ突入演出は6種類あり、扉と文字の色で期待度が変わりますが、いかんせん頻度が多いため、途中から私もセグを見ており、金扉が来ようが、セグを見てガッカリしてしまったことを思い出します。

まあ、そういう時に限って数回転後にトラップを破壊してくれる本郷猛が居たりするので、面白かったですね。

逆に潜伏引いた後は、脱出チャンス早く来い!とヒヤヒヤするので、セグを見ないでも楽しめる部分はあったと思います。

小当たり自体は否定しませんが、もう少し小当たりの確率が重かったらバランスも取れたのかな?なんて思ったりします。

果てしないトラップモードを越え、最高の仮面ライダーSTへ!

ルートはともかく、右打ちSTである、サイクロンモードに入ってしまえば最高の時間がやってきます。メインである加速演出でメーターの針が振り切れる度に上がる期待度、ライダーベルト図柄が止まり、期待度が急上昇する再変動演出など、心をくすぐる演出がたくさん有りましたね。

ST中のリーチも至ってシンプルで、人質救出リーチか、VSリーチのみでした。

VSリーチの方が期待度は高かったですが、救出リーチでも普通に当たった記憶があります。

ちなみに救出リーチは救出相手が女子大生ではなく、おやっさんの方が期待度が高かったですね。

VSリーチは大幹部の方が期待度が高いですが、そうでなくても機体は非常に高かったです。お助けライダーが出てきたりと、確定演出も多く好きでした。

この頃の京楽のST台は発展すれば、期待度がそこそこ有ったので、発展確定演出をひたすら待ちながら打ってましたね。

あとは、やっぱりP-フラッシュですね。私が好きなP-フラッシュのタイミングは変動開始直後が一番好きですね。

ビクッとしながらも、心の中ではニヤニヤが止まりませんでした。また、ST中の曲「Ride a  First way」が神曲なのも相まって、STは本当に面白い機種でした!

以上が時代を彩った機種!ぱちんこCR仮面ライダーMAX EDITIONの紹介でした。疾走感溢れるSTMAX好きなファンを虜にした機種でしたね!私も、通常時の本郷猛には少し呆れていましたが、ST中の仮面ライダーはカッコよすぎて大好きな機種でした!

『CRぱちんこ仮面ライダーMAX EDITION』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

おすすめの記事