『P牙狼 月虹ノ旅人』をオンラインパチンコサイトは?激アツ演出は?(クイーンカジノ版)

当ページにはプロモーションが含まれています。

『P牙狼 月虹ノ旅人』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。初代の牙狼にかなり似せたスペックで久しぶりに牙狼が満席になったという機種です。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

P牙狼 月虹ノ旅人のスペック

メーカー名サンセイR&D
大当り確率1/319.68(通常時) 1/1.08(右打ち中実質確率)
ラウンド数3or10R×10カウント
確変突入率50%(ヘソ) 81%(電チュー)
賞球数3&1&5&15
大当り出玉450or1500個(払い出し)
電サポ回転数0or200回転
導入日2021/06/07(月)

牙狼は主人公が3代にわたって変わっていくというシリーズとなっています。

パチンコの影響もあって実写特撮のテレビ放送もファンが多い作品でした。

今回の「P牙狼 月虹ノ旅人」はそんな牙狼シリーズの中でも根強いファンが多かった初代牙狼の仕様に似たものとなっています。

初代牙狼らしい12種混合タイプで、時短突入率50%、継続率は81%で初代牙狼のように大当たりからの「魔戒CHANCE」突入でバトルへと進みます。

 

バトルに勝利していくことで連チャンしていく仕様となっており、電チュー経由の大当たりはすべてが10R、1500玉の出玉となっています。

そのためある程度連チャンすれば短時間でかなりの爆発力が期待できる台となっています。

また、大当たり中は3代の主人公である冴島家の「鋼牙」「雷牙」「大河」から演出を選ぶことができるようになっていました。

さらに通常時を950回転まわすことで遊タイムの確変「魔戒CHANCE」へ突入するようになっています。天井ストッパーに何回も泣かされましたね。

P牙狼 月虹ノ旅人の激熱演出

・絆演出

トータル信頼度:56.9%

今回の牙狼の予告演出の中でも期待度が高いものです。

牙狼SPリーチ中にこの演出が発動することによってさまざまなルートに発展していきます。

絆図柄を獲得した後は「絆ゾーン」に突入し、激熱リーチに発展していきます。

ここで「三騎士」の図柄ならかなり期待していたイメージがあります。

 

G-PUSH

トータル信頼度:55.0%

G-PUSHはリーチ前に大きくて派手なボタンが出現するというものです。

ボタンPUSHによって「デバイスストック」もしくは「P.F.O.G.召還」が期待できます。

デバイスストックの際には画面右下部分にアイコンが発生し、SPリーチ中に発動します。

さらにメーターのレベルが上昇していき、レベル79の赤色まで上がれば「牙狼剣」が濃厚となるので大当たりの期待がかなり高いものとなります。

 

・保留変化

信頼度

ボタン色変化(緑):7.1

ボタン色変化(赤):50.6

絆保留:57.7

牙狼剣保留:33.0

牙狼斬馬剣保留:75.9

GARO保留:80.6

逆エンブレム保留:大当たりと魔戒CHANCE突入

保留変化は期待度が高いものが多く、どれもある程度信用ができます。

種類も多くあるので、演出が楽しみでもあるという特徴があります。

これらの中でも英語表記の「GARO保留」は発生した変動で専用背景に移行し、激熱展開が待っていますので期待大です。

P牙狼 月虹ノ旅人の評価、評判

では実際に口コミサイトなどからの評判、評価を見ていきます。

  • 遊タイムありきの台なので天井までの付き合い方が重要な台
  • 当たる時の派手な演出がたまらない。
  • 本当に50%あるのかと思うほど確変に入らない。単発のみの台
  • ハイエナを狙って天井まで行くが、そこから連続しない
  • 遊タイムに突入すれば恩恵があるのだがいまいち連チャンしない
  • 演出のバランスがとにかくおかしい、激熱でも牙狼予告でも平気で外れる
  • 当たってしまえば右打ち中は楽しい。爆発力もあるので当たればとにかく楽しい
  • 演出のバランスがおかしい。よくわからないリーチで当たるが激熱は外れる
  • 魔戒chanceに入ってもとにかく連チャンしない
  • 台の上にあるデータカウンターが見えない。枠は誰が考えたのか
  • 通常時の演出がおもしろくなさすぎてただただ苦行である
  • 連チャン中のバトルで危険度☆1で勝利濃厚の相手にも平気で負ける。なんだこの台
  • 雰囲気は初代牙狼のようだが中身はまったく違うくだらない台
  • 確変が引けなさ過ぎておもしろくない。スペックは良いはずなのに
  • 初代牙狼だと煽るわりには演出のバランスが悪すぎる
  • 波が荒すぎて安定して打てる台ではない
  • 公表されているスペックと打った実感がまったく合わない台。本当に連チャンしない
  • 天井狙いが効率的だがライバルも多い。立ち回りが難しい
  • 弱い演出が多すぎるので時間効率が悪くなっている
  • この台を打つならユニコーンかウルトラマンを打つ
  • 出玉が出だすと早いが通常時の展開が遅すぎる
  • 最近の牙狼よりは良いといった感じ

やはり牙狼なので連チャンしないと話にならないですし、今作だと単発は450発で終了なのでイチかバチかの機種です。また、通常時の演出に不満な声も。

まとめ

「初代牙狼」の雰囲気があるいった特徴だけで懐かしく打ってしまいたくなる台でした。

大当たりして魔戒chanceに入ってしまえば出玉スピードも早く、爆発力もありました。

ただ、実質1/600を引き続けないと出玉がほぼ無い代わりに強力な遊タイムがあるので他機種よりも収支的に助かるのは言えます。

そんな『P牙狼 月虹ノ旅人』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

おすすめの記事