パチンコ『CR 大海物語4』を打てるお店は?激アツ演出は?(クイーンカジノ版)

当ページにはプロモーションが含まれています。

『CR 大海物語4』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

CR 大海物語4のスペック

メーカー名三洋
大当り確率1/319.6(通常時) 1/36.4(高確率時)
ラウンド数2or12or15R×9カウント
確変突入率55%
賞球数4&2&3&14
大当り出玉1400or1750
電サポ回転数100回転or次回まで
遊タイム通常時950回転で350回の時短突入
導入日2017/12/04(月)

『CR 大海物語4』大当たりの55%が確変、15Rなら1750発、12Rでも1400発の出玉が見込める台です。

確変に入らなかったとしても時短が100回あるため、そこで引き戻せる確率も約27%あります。

遊タイムもあり、通常時950回ハマリすると350回の時短に突入しますが、他機種と違って当たり確定ではないため注意。

通常時から8個保留で時間効率もスムーズに進んでいきます。

ヘソ返しも4あるので、いま思うとだいぶ遊びやすいスペックですね。

いくつかモードを選べる通常時では「クリスタル」ステージが登場。

新機能として搭載された「ビッグバイブ」では役モノ、ボタン、音、液晶などすべてが激しく震えるという派手な演出を楽しむことができます。

これらの演出が発生すればリーチ演出もランクアップしていきます。

この演出が楽しいということもあって海シリーズをあまり好きではない人もこの台は打っていたというイメージがあります。

CR 大海物語4の激熱演出

CR 大海物語4ではステージごとに違った演出があるのですが、ここでは全ステージで共通だった激熱予告について紹介していきます。

 

・パールフラッシュ

海シリーズと言えばパールフラッシュというほど有名な演出です。

とにかく画面いっぱいに光れば大当たりが濃厚とされる役モノです。

短いフラッシュや消灯パターンであれば大当たり以上、ミドルやロングフラッシュであれば12R確変以上が濃厚となります。

この演出さえ出れば安心という絶対的な演出となります。

色々なタイミングで発生するので、打っている間は気が抜けません。

 

 

・ウリンチェック

保留が8個貯まると突入チャンスとなります。

保留が宝箱に変化し、その宝箱からアイコンが出現してそれからの展開を示してくれます。

保留が8個貯まるだけで良いので、突入しやすい演出となっています。

これが発生しただけで激熱というわけではありませんが、宝箱から魚群アイコンやスペシャル魚群探索ゾーンの帯が出現すると激熱となります。

 

・スペシャル魚群探索ゾーン

こちらはウリンチェックを経由して突入するゾーンです。

スペシャル魚群探索ゾーンでスペシャル魚群が発生すれば大当たりとなるのですが、この時に金色のスペシャル魚群だと「確変大当り+保留内で確変大当り」が濃厚となります。

 

・魚群予告

「魚群」という言葉を生み出したのが「海シリーズ」ですので、やはり海と言えば「魚群」というイメージが強くあります。

シリーズを通して激熱予告であり、発生すれば期待できます。

さらに通常のもの以外の魚群が発生すると12R確変以上が濃厚となるので、魚群が発生すると注目しましょう。

 

・図柄ブレーキアクション予告

こちらも海シリーズで有名な演出です。

リーチ演出の途中のボタンPUSHで発生するのですが、この時キャラの目が炎だった場合はさらに大チャンスとなります。

目がハートだった場合は大当たりがほぼ確定という激熱演出です。

 

・遊タイム

通常時に950回ハマリの救済措置として350回転の時短がもらえます。

ハマリ台を狙って打つのも良いですが、大海4の場合は他機種と違って当たり確定ではないです。

CR 大海物語4の実際の評判、評価

CR 大海物語4は落ち着いて打てる台ということでよく打っていましたが、結構口コミサイトでは意見が分かれている台でもありました。

ここではそれらを見ながら実際の評判を見ていきます。

  • わりと勝てているから文句はない
  • スペックが辛い。大当たりの中に突確があるのが邪魔すぎる
  • なかなか大当たりしない上に連チャンしない。これなら沖海の方が良い
  • 年寄りを狙い撃ちにしている台。けっして勝ちやすい台ではない
  • ちゃんと連チャンすれば出玉性能は良い
  • 出玉が1400発か1750発なので当たれば安定して勝てる
  • 投資500円で13万円勝った。素晴らしい台
  • ビッグバイブからの弱いリーチで外れるというのは意味がわからない
  • 強い演出から弱いリーチに発展して外れるという流れが多すぎる
  • とにかく演出が多いので、どれが熱いのかがわかりにくい
  • 牙狼などの派手な演出の台からこの台に移ると非常に落ち着いて打てる
  • 海とは相性が悪いと思っていたが、やはり悪いことがわかった
  • 色々な台を打つとわかるが、結局この台が1番良いと思う
  • 連チャンしないので勝てない
  • スペック的に連チャンはしないが大きくは負けない台
  • 大勝ちはしないが無難に打つことはできる台
  • 違和感からのビッグバイブが気持ちよすぎる
  • かなり打ち込まないとこの台の良さはわからないかもしれない
  • 「赤魚群」「逆魚群」を見たことがない

まとめ

やはり安定の海シリーズでもあり遊びやすさがあり、ヘソ4返しや遊タイムもあって立ち回り的にも無難に打てる台というイメージが強い台でした。

ただ、このCR 大海物語4は打ち込んでいると大きく負けない、という特徴もあるので長く落ち着いて打ちたいという時に重宝した台でした。

『CR 大海物語4』がクイーンカジノならリアルに実機が打てるんです。

どんな激アツ演出や保留があったか思い出してみましょう。

おすすめの記事