パーレー法の賭け方・カジノ攻略法で稼ぐ基本を解説

ゲーム攻略

パーレー法とは『勝ったら賭けた金額の2倍を次は賭ける』をひたすら負けるまで繰り返すのが特徴のカジノ攻略法です。

そのため資金が少なくても勝つたびに倍に資金が増えていくので、瞬間的に大きな利益を出すことができます。

しかし、負けると儲けた分の利益を失ってしまいますが大きな損失にはなりません。

そんなローリスクながらハイリターンなパーレー法について解説していきます。

【パーレー法が通用するゲーム】

パーレー法が使用できるゲームは1/2で勝つことができるゲームに限られます。

  • バカラ
  • ルーレット

といったゲームです。

 

賭け方としては、20ドルを基準の金額として『勝利したら次に賭けるのは2倍の金額負けるまで同じように賭け続ける』のです。

しかし負けてしまった場合、基準の金額である20ドルに戻ります。賭け金を勝つごとに増やしていくのがパーレー法になります。

やり方が簡単なため、初心者でも利用しやすいです。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 20 20
2 40 60
3 80 140
4 160 300

4連勝すると20ドルから賭けていったにもかかわらず、300ドルの利益を得ることができました。

 

次に、3連勝したあと負けてしまった場合を表にしてみました。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 20 20
2 40 60
3 80 140
4 160 × -20

このように連勝していても、1度負けてしまうと儲けた利益と基準として設定した金額の損失を出してしまいます。

3連勝した儲けが全てなくなってしまうのです。

【パーレー法の特徴的なポイントについて】

負ける金額が増大する(連勝時)

パーレー法は、賭け金が2倍に増えます。(勝つごとに)

その分、負けた際の金額は大きくなります。

例として5連勝後に1敗したゲーム(2ドルスタート)を表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 2 2
2 4 6
3 8 14
4 16 30
5 32 62
6 64 × -2

このように5連勝後には62ドルの利益が得られますが、6戦目で負けると64ドルの損失になります。

勝つごとに賭け金が膨らむため、連勝後の負ける金額も膨らみます。

ですが、1敗のみだと損失する金額は基準とした金額と決まっています。

連勝後に負けても損失が少ない

パーレー法は一度負けると儲けた利益はなくなってしまいます。

しかし、損失としては基準とした賭け金のみとなるため少なくすみます。

また、1度負けると最初に基準とした金額に戻るので連敗が続いても大きく損失が膨らむことはありません。

例として、基準を2ドルとして3勝後に2敗したゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 2 2
2 4 6
3 8 14
4 16 × -2
5 2 × -4

このように、3勝後には14ドル儲けますが、2敗すると18ドル負けて4ドルの損失になります。

負けると得た分の利益はなくなり、基準とした金額の損失となります。

その後、賭け金が2ドルに戻るため連敗しても損失が膨らむことはありません。

【パーレー法が攻略法として優れている点】

少ない資金から大きく利益が出せる

パーレー法は、少ない金額からスタートできるにもかかわらず、条件によっては大きく利益を得ることができます。

3ドル基準として6勝したゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 3 3
2 6 9
3 12 21
4 24 45
5 48 93
6 96 189

このように、3ドルスタートでも189ドルもの利益を稼ぐことができます。

少ない資金からでも、大きな利益を稼ぎ出せます。

すぐに利益を出せる

利益の増え方が早いところがパーレー法の優秀な点です。

普通のシステムベッティングでは、パーレー法のような賭け金の増え方はしません。

例として、4連勝した場合を表にします。(6ドルからスタート)

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 6 6
2 12 18
3 24 42
4 48 90

このように、賭け金は6ドル、12ドル、24ドルと増えていきます。

利益は90ドルとすぐに大きな利益を出すことができるのです。

負けから勝つとプラスになる

損失が大きくならない理由としては、負け続けても賭け金が同じだからです。

しかし、勝つと先ほどの4連勝した場合のように利益が大きく出ます。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 × -3
4 1 -2
5 2 0
6 4 4

3連敗すると3ドルの負けですが、その後の連勝で負けを取り返すことができるのです。

2連勝の時点で3ドルの勝ちで、イーブンにもっていくことができています。

3連勝目で、4ドルの儲けを決定することができました。

【パーレー法の欠点】

利益を出すには連勝しなければならない

交互に1勝1敗を繰り返すゲームでは利益を出すことができません。

わずかですが損失が積み重なっていき、挽回することができないです。

1ドルを基準として、1勝1敗を繰り返し、5勝5敗となったゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 2 × -1
3 1 0
4 2 × -2
5 1 -1
6 2 × -3
7 1 -2
8 2 × -4
9 1 -3
10 2 × -5

このように、1ドルずつ負けていき、挽回することができません。

最終的に5ドルの損失を出してしまいます。

連勝するごとに利益を大きく出すシステムベッティングのため、上記のようになると損失を出してしまいます。

連勝しても1度負けると利益を失う

連敗からの連勝では利益を出すことができますが、連勝中に一度でも負けてしまうと勝利した分の利益をすべて失います。

1ドルを基準として、10連勝後に1敗した場合を表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 2 3
3 4 7
4 8 15
5 16 31
6 32 63
7 64 127
8 128 255
9 256 511
10 512 1023
11 1024 × -1

このように、10連勝することによって1023ドルの勝ちを得ることができますが、11回目に負けると1024ドル負けてしまうため、損失1ドルという結果になってしまいます。

そのため、ある程度連勝したらゲームを終了し利益を確定させる、他のシステムベッティングに変更するといった対策が必要です。

テーブルの最大ベットを超えてしまう

パーレー法では、賭け金が急激にあがるので最初の基準とする賭け金によっては連勝時に賭け金がテーブルの上限に達してしまう可能性があるので注意して下さい。

【パーレー法まとめ】

パーレー法は、賭けに勝ったら賭けた金額の2倍を負けるまで賭け続ける、そんなシステムベッティングになっています。

賭け金の増大により、短期間で大きな利益を得ることができるのです。

最初に賭ける金額も少額からはじめることができ、かつやり方はシンプルなため初心者におすすめできます。

 

シンプルなため資金に応じて様々なアレンジができ、資金が少ないから最初の賭け金を少なくする、今日は資金が多いから最初の賭け金を大きくする、といったリスクヘッジができます。

また、連勝しても1度負けると勝った利益をすべて失ってしまう点には注意が必要です。

そのため、

  • 何連勝したら、ゲームから降りるとあらかじめ決めておく
  • 賭ける金額の上限をあらかじめ決めておく
  • 他のシステムベッティングと組み合わせて使用する

上記のような取り決めや、他のシステムベッティングとの組み合わせを利用して利益を確保しましょう。これらに注意して、ぜひオンラインカジノで試してみて下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました