31法(2連勝法)を使ってカジノで稼ぐための解説ページ

ゲーム攻略

31法は、2連勝することで利益を確定させるシステムベッティングになっています。

そのため、別名2連勝法とも呼ばれています。

1ドルを基準として賭けた場合、最大で31ドルしか負けることはありません。

とてもリスクが低いシステムベッティングになっていますので、カジノゲームで長時間遊びたい人、大損はしたくない人、オンラインカジノ初心者でも安心して使用することができます。

その31法について特徴やメリット、デメリットについて解説していきます。

【31法(2連勝法)とは】

31法が使用できるゲームは1/2で勝つことができるゲームに限られます。

  • バカラ
  • ルーレット

といったゲームです。

 

31法の賭け方としては、1ドルを基準の金額として

  • A.1ドルを3回賭ける
  • B.2ドルを2回賭ける
  • C.4ドルを2回賭ける
  • D.8ドルを2回賭ける

を1サイクルとします。

1回目 2回目 3回目
A 1 1 1
B 2 2
C 4 4
D 8 8

 

ただし、A、B、Cの段階で勝利した場合、

Aの場合、Bへ

Bの場合、Cへ

Cの場合、Dへ

それぞれ移動します。

Dで勝った場合は移動しません。

例として、Aの2回目で勝った場合、次はBの1回目からスタートになります。

 

31法で終了する条件としては

  • 2連勝した場合
  • 負け続け、9連敗してしまった場合
  • Dの2回目を賭けた

となります。

例として、1ドルを基準として、6連敗後に2連勝したゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 × -3
4 2 × -5
5 2 × -7
6 4 × -11
7 4 -7
8 8 1

このように6連敗したとしても、そこから2連勝すれば1ドルの利益を得ることができます。

また、31法の使い方をシンプルにした方法があります。

1回目 2回目 3回目
A 1 1 1
B 2 2
C 4 4
D 8 8

通常だと勝った場合にAからB、BからC、CからDへ賭け金を変更していきますが、勝敗に関わらず、Aのテーブルから順番に賭けていく方法です。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 0
3 1 × -1
4 2 × -3
5 2 -1
6 4 × -5
7 4 -1
8 8 7

シンプルなので、まず31法を試してみたい方におすすめです。

【31法の特徴】

賭け金の管理がしやすい

1ドルを基準として31法を実践していった場合、失敗したとしても最大31ドルの損失で済みます。

そのため賭け金の管理がしやすいです。

例えば9連敗してしまった場合を表にします

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 × -3
4 2 × -5
5 2 × -7
6 4 × -11
7 4 × -15
8 8 × -23
9 8 × -31

このような結果となり、31ドルの損失のみの損失で済むことが分かります。

どんなに負けていても、2連勝で利益が出る

9ゲームが1サイクルとなっている31法ですが、負けが込んでいても2連勝すれば確実に利益をあげることができます。

1ドルを基準として、7敗2勝した場合を表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 × -3
4 2 × -5
5 2 × -7
6 4 × -11
7 4 × -15
8 8 -7
9 8 1

このように、1ドルの利益をあげることができます。

コツコツと利益を上げることができる

2連勝すると1サイクルが終了し利益が確保できます。それを繰り返すことによって、コツコツと利益を積み重ねていくのがこの31法です。

例として、2連勝で終えたゲームを3サイクル行った場合を表にします。

 

1ゲーム目

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 2 × -1
3 2 × -3
4 4 1
5 4 5

 

2ゲーム目

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 0
3 2 × -2
4 2 × -4
5 4 × -8
6 4 -4
7 8 4

 

3ゲーム目

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 2 0
4 4 × -4
5 4 × -8
6 8 0
7 8 8

 

このように2連勝でゲームを終えると、1ゲーム目5ドル、2ゲーム目4ドル、3ゲーム目8ドルの利益。

1ゲームあたりの利益は少ないですが、合計すると17ドルの利益を出すことができます。

このように単発で利益確定を繰り返すことができるため、損失も抑えることができるのです。

【31法(2連勝法)のメリット】

どんな場面でも2連勝すれば利益確定

31法を使用すれば2連勝さえできれば利益を確保することができます。

1ドルを基準として、初回に1勝するもその後4連敗、その後2連勝した場合を表にしてみました。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 2 × -1
3 2 × -3
4 4 × -7
5 4 × -11
6 8 -3
7 8 5

結果は3勝4敗と負け越していますが、勝ちが17ドル、負けが12ドルで5ドルの儲けを出すことができます。

2連勝がキーワードのシステムベッティングということがよく分かりますね。

1サイクル負けても損失が抑えられる

特徴にもありましたが、31法では負け続けても31ドルのみの損失と確定しています。

9連敗する確率は極めて少ないので、1ドルを基準として3勝5敗だった場合を表にしてみます。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 2 0
4 2 × -2
5 4 2
6 4 × -2
7 8 6
8 8 × -2

このように、負け越したとしても損失は2ドルに抑えることができます。

資金に余裕がない場合の利用に31法はオススメです。

【31法(2連勝法)のデメリット】

2連勝しないと儲けが出ない

31法は損失が少ないシステムベッティングです。

しかし、儲けを多く出すには2連勝しなければ利益を出すことができません。

1ドルを基準として、勝ち負けが交互に続いた場合を表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 0
3 2 × -2
4 2 0
5 4 × -4
6 4 0
7 8 × -8
8 8 0

このように損失にはなりませんが利益を出すことができません。

大きな利益を出すには、2連勝が必ず必要になります。

損失を取り返すには2連勝が必要

31法を利用し、1ドルを基準として2サイクル連勝なしで行った場合、以下のようになります。

 

1ゲーム目

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 2 × -1
3 2 × -3
4 4 1
5 4 × -3
6 8 × -11
7 8 -3

 

2ゲーム目

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 0
3 2 × -2
4 2 × -4
5 4 0
6 4 × -4
7 8 4
8 8 × -4

このように1ゲーム目は3ドルの損失、2ゲーム目で4ドルの損失が発生しました。

6勝9敗と負けが多い中、26ドルの利益に対して33ドルの損失です。

負け越しではありますが損失は抑えられ、7ドルの損失ですんでいます。

しかし、損失が少なからず拡大するばかりで、損失を取り返すことはできません。

【31法まとめ】

31法のやり方は以下の表のように、

Aを3回、Bを2回、Cを2回、Dを2回賭けていきます。

1回目 2回目 3回目
A 1 1 1
B 2 2
C 4 4
D 8 8

 

しかし、勝った場合は

  • Aで勝った場合Bへ
  • Bで勝った場合Cへ
  • Cで勝った場合Dへ
  • Dで勝った場合、変更なし

となっています。

 

終了条件としては

  • 2連勝する
  • 9連敗する
  • Dの2回目を賭け、次に賭けるものがないとき

以上が条件としてあげられます。

 

最初のうちは、勝った場合の賭け金と、負けた場合の賭け金をメモして記録すると良いでしょう。

シンプルなシステムベッティングのため、コツをつかめば簡単に覚えることができるはずです。

難しいと感じた人は簡易版である『勝ってもAからBへ移動せず、そのまま順番に賭けていく方法』をまずは、試して見ることをおすすめします。

大勝ちはないけれども、大負けすることが少ない31法を紹介しました。オンラインカジノでぜひ利用してプレイを楽しんで下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました