バーネット法(1326法)解説・カジノ攻略法について

ゲーム攻略

【バーネット法とは?】

バーネット法は、グッドマン法に似たシンプルなシステムベッティングになっています。

グッドマン法・カジノ攻略法で稼ぐには?
グッドマン法は非常にシンプルなシステムベッティングです。それでいて非常に手堅く勝利時の利益を残しながら攻めていける賭け方。 グッドマン法では連勝数を増やすと大きな利益を得られる攻略法です。 【グッドマン法とは】 グッドマン...

 

長期戦に強く、手堅く確実に利益を出すことができます。

理由としては、連勝時に得た利益を確保しながら勝負することで、確実に利益を残していけます。

グッドマン法が別名1235法と呼ばれるように、バーネット法も別名1326法と呼ばれています。

賭け方がそのまま名前になっているのです。

バーネット法について解説していきます。

 

バーネット法が使用できるゲームは二分の一で勝つことができるゲームに限られます。

  • バカラ
  • ルーレット

といったゲームです。

次にバーネット法の具体的な賭け方ですが、いたってシンプルです。

(単位は1ドルを基準としていきます。)

 

勝つごとに、1ドル、3ドル、2ドル、6ドルの順番に賭けて、ゲームを行います。

一度負けると、最初の賭け金である1ドルからスタートします。

賭け方について、表にしたものが以下になります。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12
5 6 × 6
6 1 × 5
7 1 × 4
8 1 5
9 3 8
10 2 10
11 6 16

バーネット法は、勝っているときに有効なシステムベッティングであると同時に、連敗が続いても被害を少なくし、利益を確保するシステムベッティングです。

【バーネット法の特徴】

バーネット法の特徴としては、2点あります。

 

・4連勝すると、もっとも効果を発揮することができる

1ドルを基準の賭け金として、バーネット法にて4連勝した場合、

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12

図のように4連勝すると、12ドルの利益を得ることができます。

また、少なくとも3連勝しなければ、利益をあげることが難しいです。

 

2点目は

・リスクを抑えて利益を狙える

バーネット法は、連勝しても、急激に賭け金が増えません。

また、一度負けると賭け金が基準とした金額に戻るので、損失を少なくすることができます。

1ドルを基準として、4連勝、3連敗したゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12
5 6 × 6
6 1 × 5
7 1 × 4

このように、連敗しても損失を抑えることができ、利益を手にすることができます。

そのため、堅実なシステムベッティングと言えます。

堅実なため、連敗が続いても基準とした賭け金しか損失しません。

以上の点がバーネット法の特徴です。

次に、バーネット法のメリットとデメリットについて解説していきます。

【バーネット法のメリット】

・勝敗が5分5分であっても利益を出すことができる

1ドルを基準として、5勝5敗した場合、以下のようになります。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12
5 6 18
6 6 × 12
7 1 × 11
8 1 × 10
9 1 × 9
10 1 × 8

バーネット法は、勝つごとに賭け金が上昇していきますが、負けた場合は基準とした賭け金に戻るため、損失が少なくなります。

そのため、五分五分の結果だったとしても、8ドルの利益を出すことができるのです。

 

・序盤に連勝すると、負けが続いても大丈夫

基準の賭け金を1ドルとして、6連勝すると、18連敗するまでは利益を確保できます。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12
5 6 18
6 6 24
7 6 × 18
8 1 × 17
9 1 × 16
10 1 × 15
11 1 × 14
12 1 × 13
13 1 × 12
14 1 × 11
15 1 × 10
16 1 × 9
17 1 × 8
18 1 × 7
19 1 × 6
20 1 × 5
21 1 × 4
22 1 × 3
23 1 × 2
24 1 × 1
25 1 × 0

 

・序盤の勝ち越しをすると、高い利益

1ドルを基準として、5連勝後に2敗したゲームを表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 6
4 6 12
5 6 18
6 6 × 12
7 1 × 11

5連勝することによって、18ドルの利益を出すことができています。

その後、2連敗しても7ドルの損失で済むので、11ドルの利益を得ることができます。

連勝からの連敗に強い特性を持っています。

 

・連敗しても連勝すればすぐに損失を回収できる

例として、基準の賭け金を1ドルとして、5連敗後、3勝した場合を表とします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 × -3
4 1 × -4
5 1 × -5
6 1 -4
7 3 -1
8 2 1

このように、5連敗したとしても3連勝すれば1ドルの利益を出すことができるのです。

 

【バーネット法のデメリット】

・勝ち負けが交互になると損失が膨らむ

勝ち負けが交互になった場合、五分五分の勝敗であっても損失が膨らみます。

例として、1ドルを基準の賭け金として、5勝5敗で勝ち負けが交互だった場合、

以下の図のようになります。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 × -2
3 1 -1
4 3 × -4
5 1 -3
6 3 × -6
7 1 -5
8 3 × -8
9 1 -7
10 3 × -10

5ドルの勝ちに対し、15ドルの負けで、10ドルの損失となってしまいます。

バーネット法は、堅実なシステムベッティングですが、勝ち負けが交互になってしまうと損失が積み重なってしまうのです。

このような流れになった場合、他のシステムベッティングへ変更するか、いったんゲームを切り上げましょう。

 

・同数の勝ち負けが短いスパンで続く場合、利益が出ない

5連勝から5連敗では利益を出すことができます。

しかし、勝ち負けが交互の場合は、損失が膨らむ結果となってしまいました。

では、2連勝2連敗が続いた場合はどうなるのでしょうか。基準の賭け金を1ドルとして、6勝6敗の場合を表にします。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 1
2 3 4
3 2 × 2
4 1 × 1
5 1 2
6 3 5
7 2 × 3
8 1 × 2
9 1 3
10 3 6
11 2 × 4
12 1 × 3

表のように、12ドルの利益に対して、9ドルの負けで3ドルしか儲かりません。

上記のように、「連勝」しなければ、あまり利益を得ることができないシステムベッティングとなっています。

次に、連敗から連勝と交互に続く場合はどうでしょうか。

同じ6勝6敗ですが、2連敗から開始する場合を表にしてみました。

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 1 × -1
2 1 × -2
3 1 -1
4 3 2
5 2 × 0
6 1 × -1
7 1 0
8 3 3
9 2 × 1
10 1 × 0

このように、利益どころか、プラスマイナスゼロという結果になってしまいました。

連敗が続くようだったら、他のシステムベッティングに変えるのも手です。

【バーネット法まとめ】

バーネット法のやり方はシンプルです。

  • 好きな金額を最初の賭け金に設定する
  • 勝ったら、最初の賭け金の3倍を賭ける
  • 3連勝したら、最初の賭け金の2倍を賭ける
  • 4連勝したら、最初の賭け金の6倍を賭ける
  • 負けたら、最初の賭け金に戻る
  • 以下繰り返す

となります。

この賭け金から、別名1326法と呼ばれています。

 

また、応用として2倍3倍賭けのバーネット法もあります。

これはシンプルに「1、3、2、6」を2倍である「2、6、4、12」へ3倍の「3、9、6、18」にすることにより、通常よりも短期間に儲けを追求するベッティングになります。

2倍賭けのバーネット法について

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 2 2
2 6 8
3 4 12
4 12 24
5 12 36
6 12 48

 

3倍賭けのバーネット法

ゲーム数 賭け数 勝敗 損益
1 3 2
2 9 8
3 6 14
4 18 32
5 18 50
6 18 68

しかし、その分リスクも大きくなるため注意して下さい。

バーネット法は初心者に分かりやすいため誰でも比較的試しやすいです。ぜひオンラインカジノで遊ぶ際に試してみて下さい。

error:
タイトルとURLをコピーしました