民泊ビジネスは稼げる?建物の条件・メリット・始め方・空き家の活用など

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

観光旅行に行くとホテルや旅館が満室なケースをよく見かけるようになり、コロナ前に流行っていた民泊って今はどうなんだろう?と気になったので稼げるようになったのか調査してみました。

民泊ビジネスは、外国人観光客増加のインバウンドで盛んになりましたが、今も旅行や様々な体験などをするために人気です。

最近では、誰でも簡単に民泊ビジネスが行いやすくなっています。そのため、民泊で空いている部屋や実家の空き家を活用する人が増えている傾向です。

「民泊ビジネスは本当に簡単に始められるのか?」「民泊ビジネスって稼げるの?」といった疑問について解説しますので参考にしてください。

 

民泊ビジネスで稼ぐには?

そもそも民泊ビジネスとは何かですが、最近ではネットの仲介サイトが盛んで、国内外の観光客や利用客に、個人の家や賃貸物件などを民泊のために有料で貸し出しています

民泊自体に細かな法令上の定義はありませんが、民泊ビジネスを行う際の条件などがありますので参考にするといいでしょう。

個人の家の一部分や空いている別荘、実家の空き家など、様々な場所を貸すことが可能です。民泊に利用できる建物の条件について、まず見ていきます。

民泊で利用できる建物の条件

民泊で利用できる建物の条件としては、従来からある家屋を利用することが条件です。

  • 自身が住んでいる建物を貸す(時々自分が利用している別荘やセカンドハウス)
  • 相続した空き家を貸す
  • 賃貸で貸している建物を貸す
  • 社宅や寮、保養施設なども貸すことが可能な場合がある(監督自治体に相談)

新しく民泊のために建物を新築して建てた場合は、民泊ではなく普通の宿泊施設になりますので、注意してください。あくまでも、今までの住居用の建物を宿泊として貸すことが条件です。

民泊ビジネスは始めやすくなっている

つまり、既にある建物を有効活用して宿泊施設に利用するのが「民泊ビジネス」と言えます。新しく建物を建てる必要もなく、始められるのがメリットです。

ただし、民泊を行う際には、次の方法を取る必要があります。簡単に取り組める方法もありますので参考にしてください。

民泊を行う3つの方法とは?

民泊に関する法的な定義はありませんが、民泊を行う施設が増えてきたことから、健全な民泊サービス普及を図るため、平成30年に「住宅宿泊事業法」が施行されています。次の方法で民泊を行うことが必要となっています。

  1. 旅館業法(昭和23年法律第138号)で厚生労働省へ「許可」を得る
  2. 国家戦略特区法(平成25年法律第107号)(特区民泊)で内閣府(厚生労働省)へ「認定」を得る※特区として東京都大田区や大阪府、大阪市などがあり、特に大阪市での件数が多い※3泊以上の宿泊が必要
  3. 住宅宿泊事業法(新法民泊)で国土交通省・厚生労働省・観光庁へ「届出」を行う

※1年のうち民泊として使用できるのは180日までの制限あり

これらの3つの方法から選択して民泊を行うことができます。新しく施行された「住宅宿泊事業法」ならば、届出をするだけですので、簡単に行えるようにはなっていると言えます。

民泊と民宿の違いは?

「民泊」と似ている言葉として、「民宿」がありますので、「民宿」との違いについても知っておくことが必要です。「民宿」は「旅館業法」に則って行う必要があるものです。厚生労働省の「許可」をもらう必要があり、施設の設備やスタッフの配置に細かな条件もついています。

一方、「民泊」は、一般の個人宅を中心に宿泊施設として貸すため、個人で行え、国土交通省・厚生労働省・観光庁へ「届出」だけで行える簡単なものです。

民泊ビジネスのメリット

民泊ビジネスのメリットについても詳しく紹介します。民泊ビジネスは、簡単な届出だけでできるだけでなく、収益率も高いのがメリットです。

民泊ビジネスで簡単に稼ぐ人が増えてきています。他にもメリットがありますので、参考にしてください。

 

(民泊ビジネスのメリット)

  • 賃貸で部屋を貸すよりも民泊の方が収益率が高いケースが多い※賃貸の家賃よりも、宿泊料金の方が高く設定可能
  • 賃貸物件として利用価値が低い場合でも、宿泊施設としてニーズがある場合がある
  • 使われていない建物や空き家でも、立地条件などの良さで民泊ビジネスに活用できる可能性がある

つまり、これまで誰にも貸せないと諦めていた物件などにも利用価値があり、収益物件になる可能性があります。

民泊ビジネスは地域活性化のためにも推進されている

環境庁では、地域活性化の意味でも、地方自治体や民泊関連業者と協力して民泊施設を増やしています。民泊のメリットは、地域活性化の役にも立っていることです。

  • 体験を重視した民泊で、ユニークな体験プログラムなどを提供
  • 古民家や歴史的・文化的な建物などの施設を利用して民泊を行っている
  • 民泊事業者と仲介業者等が連携して民泊の運営などを行っている

体験の提供、歴史的・文化的建物の活用、連携の推進などで、民泊事業を広げています。

ホテルでは得られない宿泊体験を提供

また、民泊を利用するメリットは、普通のホテル宿泊では得られない体験を得られることです。外国人の人々などは特にその傾向が強いでしょう。日本人も、変わった体験やおしゃれな施設などを求めています。

例えば、古民家でもリノベーションしたおしゃれなデザインや個性的なデザインの物件、和の雰囲気がたっぷり感じられる落ち着いた宿泊体験などが多く提供されています。

民泊を行うための設備の条件とは

ここで、民泊ビジネスを行う際に、具体的に必要な設備についても紹介します。宿泊する一部屋にこれらが必ず備え付けられないわけではなく、母屋にこういった施設があって旅行者が自由に使えれば大丈夫です。

  • 台所(簡易ミニキッチンでも可)
  • 浴室(シャワールームでも可)
  • トイレ(洋式便器+温水洗浄機便座)
  • 洗面設備

浴室、トイレ、洗面所については、3点ユニットバスでもOKです。

1LDKでも可能

民泊の部屋で必要な部屋の広さについても紹介します。最低限、次のような広さがあれば大丈夫です。

  • 2人~3人の宿泊客が多いため、一緒に泊まれる広さ
  • 1LDKでも対応が可能(リビングにベッドが置ける広さ)
  • ダブルベッドを1つまたはシングルベッドを2つ置き、簡易ベッドを1つ準備すれば3人までの宿泊に対応可能な場所

民泊では、厚生労働省によって、一人当たり3.3 ㎡以上を確保するようになっています。3人ならば9.9㎡、約6畳程度の1LDKは必要となるでしょう。

民泊ビジネスで稼ぎたい場合の賃貸との比較

民泊ビジネスで本当に稼げるのだろうかと思う人もいるでしょう。部屋を貸す立場から見ると、民泊のほうが通常の賃貸よりも収益率が高く運用できる可能性があります。事例を参考にしてください。

 

例えば、

  • 賃貸 1ヶ月家賃 90,000円
  • 民泊 1泊12,000円、1ヶ月15泊稼働で180,000円

賃貸物件を民泊にすることで、15泊の宿泊(1年間で180日)を受けることができれば18万円の収入となります。宿泊のための清掃費用やWebサービスで民泊施設として登録する費用は必要ですが、それでも、民泊の方が利益率が高い傾向です。

 

  • 賃貸 1ヶ月家賃45,000円
  • 民泊 1泊3,000円、1ヶ月15泊稼働で45,000円

賃貸4.5万円の物件を1泊3,000円で貸した場合、1ヶ月に15日稼働で元が取れるでしょう。諸経費は必要ですが、賃貸物件を借り手がないまま空き部屋にしておくよりもおすすめです。また、空き家なども少しでも収入になります。

民泊に向いているエリアや事例紹介

民泊を行ってみたいと思った場合に、民泊に向いているエリアと場所も知っておくのがおすすめです。観光客の利用が多いため、次の場所が向いています。

  • 民泊に向いているのは観光地にアクセスしやすい徒歩5~10分以内
  • 1泊3,000円程度のリーズナブルな宿泊施設が少ない場所

安い宿泊施設が近隣にある場合は、観光地に近くても民泊はあまり利用されないことが多くなります。民泊を利用してもらうには、周りの宿泊施設よりも安いことも条件です。

空き家で民泊で稼いでいる事例

空き家を1軒ごと民泊に活用している事例もありますので、紹介します。

特区民泊の事例ですが、築65年の「SJヴィラ蒲田A」の戸建ての空き家を民泊施設として活用しています。1軒を1泊2万円で、ファミリーでも泊まれる民泊施設にしています。ファミリーで泊まるととてもリーズナブルなため人気です。

また、民泊の仲介サイトでは、外国人に古民家が人気です。古民家にベッドを入れて、1泊9,000円程度で貸し出している例もあります。

取り組み方の流れと民泊仲介サービス登録法

民泊ビジネスに取り組んでみたいと思った場合の取り組み方の流れも紹介しますので、参考にしてください。

民泊ビジネスに取り組む場合は、まず「民泊仲介サービス」に加入することが大切です。様々な「民泊仲介サービス」があり、それぞれに特徴がありますので、選んで活用してみるといいでしょう。

Airbnb

世界的に有名な民泊を紹介するサイトです。

世界191カ国以上で利用されている民泊サービスとなっています。

サンフランシスコに拠点を置き、休暇の宿泊を目的としていて、貸別荘なども紹介しているオンラインサイトです。

スペースマーケット

球場からお寺までユニークなスペースを簡単にネットで1時間単位から貸し借りしていて、民泊も紹介しています。レンタルスペースとして民泊が人気で、時間貸しと宿泊ができます。

民泊の場合の宿泊は年間180日までと制限されていますので、それ以外を時間貸しすることも可能です。

一休.com

日本では多くの旅行者が利用している高級ホテル予約サイトです。

「バケーションレンタル」をスタートさせていて、「一休.com」では他とは一線画す独自の民泊施設を案内しています。

エアトリ民泊

航空券の予約サイトを運営する株式会社エアトリのグループ会社が運営しています。民泊施設を運営する個人や法人向けに、宿泊者対応や清掃を代行。

また、民泊運営に必要な法的手続きや、宿泊施設の家具・家電のコーディネート・設置なども行っていて、便利に活用できます。

HomeAway

「HomeAway」の民泊では、中年層の旅行者による利用が多くなっています。また、家族旅行・グループ旅行での利用が多く、滞在日数が長く単価が高い傾向です。

英語のサイトになっていますが、海外の単価の高い滞在日数の多い宿泊客を呼び込めます。

民泊ビジネスの注意点

民泊に向かない物件もありますので注意してください。マンションの場合は分譲マンションでも、一部屋民泊用に貸すことが管理組合で認められないケースも多いため注意が必要です。

また、ローンを組んだ物件の場合も、民泊事業を行った場合、金利やローン期間の問題が起きる可能性があります。

地方の農村で空き家や古民家で宿泊体験を提供する場合でも、市街地調整区域に指定されている場合には注意が必要です。民泊ビジネス不可の場合があります。

空き家や古民家のまま活用してリノベーションする程度ならいいのですが、増改築などの開発行為が難しくなるケースがあります。

民泊ビジネスは地域活性化にもなり簡単に稼げておすすめ

民泊ビジネスは、空いた部屋や空き家などがあれば、割と簡単に取り組むことができておすすめです。宿泊するための設備を整える必要がありますが、そのまま放っておくよりも活用することで稼げていいでしょう。

「観光地に近い」「何か体験を提供できる」「歴史的な価値や古い家での和の体験を提供できる」などであればおすすめです。積極的に地域活性化の一つとして、民泊ビジネスで稼いでみませんか。自治体などでも、積極的に推進されていますので、民泊に活用して稼いでいる例を参考にしてください。

「民泊仲介サービス」に登録をしてみることで、利用者を増やしてみるといいでしょう。

また、ボンズカジノなら今限定で無料登録だけで$45がもらえるので、そちらも下記から参加してみてください。


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 ハイローラー向けの高額入出金できるカジノのTOP5ランキングです。数あるカジノの中から入出金限度額・リベート率・VIP特典を比較して選びました。今まで出金にストレスを感じていた方はここなら一切感じさせないサイトばかり厳選していますので、詳しくはこちらのページで!

   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事