カジノにいるジャンケットの役割・メリット・1億円稼ぐ人物も

コラム雑記

海外のカジノにおいて、「ジャンケット」という職業があるのはご存知でしょうか。

ジャンケットは主にハイローラーやVIPに対し、身の回りの世話やチケットの手配など、最高級のおもてなしを行う職業です。

近年はジャンケットという職業につく日本人もおり、最近では書籍や漫画の題材になるなど、注目を集めている職業であることが分かります。

そこで今回は、ジャンケットの業務や報酬、またジャンケットをつけるメリットなどをご紹介します。ジャンケットを題材にした書籍や漫画もピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャンケットとは?

ジャンケットとは、海外のカジノ施設において、主にハイローラーに向けて様々なサポートを行う職業を指します。

例えば外国人の誘客に取り組んだり、VIP客の雑用を行ったり、VIPフロアを運営するなど、一口にジャンケットと言っても幅広い業務をこなしていることが分かります。

Junket(ジャンケット)の意味

ジャンケットは英語で「Junket」と表記されます。

直訳すると名詞の場合には、遠足や遊覧、行楽や観光旅行などの意味になります。

また動詞で使う場合には、「もてなす」という意味を持つことから、カジノにおけるジャンケットは「もてなす」の意味で使用されていると予測できます。

エージェントとの違い

海外のカジノにおいて、「エージェント」と呼ばれる職業の方を目にすることもあるのではないでしょうか。

エージェントとは、主にVIP客を案内する職業を指します。

同じ意味で使用されることもあるジャンケットとエージェントですが、正確には少々意味が異なります。

ジャンケットはハイローラーに向けて様々なサポートを行う「職業」を指すのに対し、エージェントはその職業において実際に働く「人」を指します。

エージェントはハイローラーに付き添い、いかに楽しませるかが重要な職業です。

そのため語学力はもちろん、人に対しての気遣いや心を掴む言動が重要視されます。

ジャンケットの役割

ジャンケットという職業には、幅広い役割があります。

ジャンケットが担う主な役割について、詳しくご紹介していきます。

ハイローラーの誘客

ジャンケットの役割の一つに、国内外のハイローラーを誘客する役割があります。

一般的な客引きとは異なり、富裕層の人脈を駆使し、ハイローラーを招待するというニュアンスが近いでしょう。

マーケティングを行う

カジノにおいて「コンプ」を提供するなどのマーケティング業務も、ジャンケットの役割にあたります。コンプとは「Complimentary」を意味する英語で、サービスという意味を持ちます。

カジノにおける意味合いとしては、カジノで利用した時間に応じて、カジノ施設以外でのサービスを提供することを指します。

例えばレストランやバーでの特典、ゴルフやショーなど、状況によって様々なコンプを提供しています。

カジノで一緒にプレイする

ジャンケットは実際にカジノでプレイする場合もあります。

自分で遊ぶわけでは無く、勝ち負けにこだわる「勝負」という感覚でもなく、お客様をいかに楽しませることができるかが腕の見せどころとなるでしょう。

ハイローラーと一緒にプレイを楽しむことも、ジャンケットの役割の一つです。

資金の貸付と回収

ジャンケットには、ハイローラーへの資金貸付や回収を行う役割もあります。

事前にカジノ事業者から借入れた金額を、ハイローラーに貸し付けるという方法が、一般的ではないでしょうか。

実はジャンケットの役割の中でも、最も大きな収入源となっているのが、この貸付と回収の業務です。滞在中に現金が足りなくなってしまったハイローラーには、信用を担保に10~15%の利息で貸付を行うのが基本です。

もちろん富裕層が相手なので、ほとんどの場合は回収に困ることはないと言われています。

ジャンケットの報酬

高い接客力が必要とされるジャンケットですが、その報酬について気になる方も多いのではないでしょうか。

実はジャンケットの報酬は一律ではなく、個人の成績に応じて決められるケースが多いと言われています。

例えばVIPルームで賭けを楽しんだ金額や、貸付を行った金額など、個人の対応力によって各エージェントの報酬が決められるケースも多いでしょう。

ジャンケットの中には、月収1,000万円~数億円というエージェントもいます。

ジャンケットを利用するメリット

ジャンケットを利用することで、得られる特典が大きいカジノも多く存在します。

ハイローラーやVIPプレイヤーがカジノを楽しむ際に、ジャンケットを利用した方が良いメリットをご紹介します。

コンプの提供でカジノ以外でも様々な特典が受けられる

先ほどご紹介したジャンケットの役割にもあるように、ジャンケットはコンプの提供も行っています。

ハイローラーの場合には、ジャンケットを通してカジノを利用することで、レストランでの食事やホテル代が無料になるケースがあります。

またリムジンでの送迎や、航空チケットを提供してくれる場合もあるでしょう。

特別エリアでのプレイを楽しめる

ジャンケットを介してカジノを楽しむ場合、通常入れないエリアに案内されるケースもあります。

特別ルームで本格的なカジノゲームを楽しみたいハイローラーには、最高の特典ではないでしょうか。

夜の街で遊ぶことができる

ジャンケットを利用することで、その土地の夜の街を案内してもらうこともできます。

夜の街に詳しいエージェントが、お客様の好みに合わせたスポットを案内してくれる他、施設や店舗の利用料が無料になるケースもあるでしょう。

ジャンケット 国ごとの規制

ジャンケットが行う業務は様々ですが、国や地域により規制が定められている場合もあります。

国や地域ごとの規制の一例がこちらです。

【マカオ】
・顧客へのマーケティング ○
・事業者からのフロア借入 ○
・顧客に対するカジノ行為 ○
・カジノ施設内での貸付と回収 ○

 

【シンガポール】
・顧客へのマーケティング (国民には禁止)
・事業者からのフロア借入 ×
・顧客に対するカジノ行為 ×
・カジノ施設内での貸付と回収 (国民には禁止)

 

【ネバダ州】
・顧客へのマーケティング (ネバダ州内では禁止)
・事業者からのフロア借入 ×
・顧客に対するカジノ行為 ×
・カジノ施設内での貸付と回収 (ゲーミングクレジットの回収と貸付のみ許可)

 

その国や地域によって、ジャンケットが行える業務の範囲は異なります。

またカジノがある国の全てに、ジャンケットがいるという訳ではありません。

ジャンケットを置くこと自体を禁止している国もあります。

ジャンケットを題材にした書籍や漫画

ジャンケットは日本にはない職業ですが、日本でもジャンケットをテーマにした書籍や漫画が発刊されています。

書籍や漫画を見ることで、より詳しくジャンケットについて理解することができるのではないでしょうか。ジャンケットを題材にした人気作品がこちらです。

『ジャンケット』赤木太陽 紅林直 (著)

マカオのカジノホテルに務める主人公を描いた漫画となっています。

世界中のVIPを豪遊させ、次々と顧客を増やしていくストーリーです。

『カジノエージェントが見た天国と地獄』 尾嶋誠史 (著)

こちらの書籍は、マカオで働く日本人エージェントの尾嶋誠史さんによって書かれた作品です。

「天国と地獄」というフレーズが印象的ですが、カジノ内のリアルな現状について書かれています。

大富豪の遊び方やリアルな裏側から、エージェントの仕事を知ることができる一冊です。

ジャンケットは、主にハイローラーをもてなす職業です。

基本な決まりは国ごとに定められているものの、幅広い業務を行っていることが分かるのではないでしょうか。

また自身がハイローラーの場合には、ジャンケットを通してカジノゲームをプレイすることで、様々な特典を受けることができます。

海外のカジノにいく機会がある方は、「ジャンケット」という職業に注目してみてはいかがでしょうか。

error:
タイトルとURLをコピーしました