海外旅行で言葉・遅延・治安など不安に経験者が回答します

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

コロナ明けで海外旅行を考える人も増えたと思います。

私は過去10か国以上を観光で行きましたが、何に困ったか?、海外の何が不安か?など熟知しています。海外に興味はあるが、色々を分からないこともあるが故に不安を感じ、海外旅行に行くことをためらっている人も多いことと思います。

この記事では私の経験から、海外旅行のよくある質問や心配事への対策方法を紹介します。

 

海外旅行での言葉の不安

日本で生活していれば、基本的に日本語だけ話せていれば何の不自由もありませんが、海外に行くとなるとやはり英語でのコミュニケーションが必要になってきます。

とは言え、旅行を楽しむだけであれば特に高度な英語力が必要な訳ではなく、自分の意志を伝えることが必要で、何を伝えようとしているかが相手に分かれば、察してくれることがほとんどです。

現地ガイド付きツアーや添乗員付きのツアーを利用する   

個人で旅行するには抵抗があるという方は、現地のガイド付きツアーや、日本から添乗員が同行するツアーなどを利用するのがおすすめです。

現地ガイド付きツアーは、基本的に現地のガイド(日本人または日本語を話す現地のガイド)が現地の空港まで迎えに来てくれて、観光地なども案内してくれるパターンが多いです。

少人数から催行されるので、比較的少数グループのツアー(運が良ければ個人ツアー)の様な形になります。自由時間も設定されることが多く、添乗員付きのツアーに比べ、自由度が少し高くなります。

尚、日本語ガイドではなく、英語ガイド付きのツアーもあるので、申し込みの際にきちんと確認が必要です。

一方、添乗員付きツアーは、日本国内の空港発着で添乗員が同行し、何かあった時でも常に頼れる人がいるというのが特徴です。飛行機の乗り継ぎ、ホテルへのチェックイン、レストランでの食事などもの時も添乗員からのサポートをしっかり受けることができるので、海外に慣れていない方でも安心です。

スケジュールはあらかじめきっちりと決まっており、比較的大人数のツアーで大型バスなどに乗って観光することが多いです。

英語の「5W1H」を押さえる

せっかく海外に行くならば、現地で多少のコミュニケーションも取りたいと思う方も多いはずです。英語の基本の「5W1H」の疑問文を最低限覚えておくと役に立ちます。

Who / 誰が When / いつ Where / どこで What / 何を Why / なぜ How / どのように」で始まる疑問文のよく使い回しができるフレーズをいくつか覚えておくと、買い物をする時や道に迷ったときなどに役立ちます。

(例)Who can speak Japanese? 誰か日本語が話せますか?  When does it start? それはいつ始まりますか? Where's the supermarket? スーパーマーケットはどこですか?

What is this? これは何ですか? Why did you come to America? なぜアメリカに来たの? How much is this? これはいくらですか?

旅行英会話本や翻訳アプリを使う

「海外旅行に役立つフレーズ集」などといった、実用頻度の高い例文が載った本なども多く出ていますので、それらを参考にするのも良いと思います。

入国審査でよく聞かれる質問や、旅行中に必要なフレーズなどが多く載っているため、旅の長距離移動中などの暇つぶしにも役立ちます。

本当にどうしても英語が苦手という方は、フレーズを指差ししながら相手に見せれば、相手も理解してくれます。海外でスマホが使えるなら、翻訳アプリなどもインストールしておくと便利です。

海外旅行での荷物について 

海外旅行には何を持っていくべきか、あると便利なものなどをご紹介します。

航空会社によって、機内で用意されているアメニティ、預入可能な個数や重さ、大きさなどは異なるので事前に確認が必要です。

預け荷物 

預け荷物は、空港で飛行機に預ける大型の荷物で、現地に着くまで開けることができない荷物です。

100㎖を越える液体物やペースト状のもの、衣類や日用品など、普段の国内の旅行と同じ感じで荷造りをすれば基本的に問題ないです。

別途、ホテルでの室内履きとしてスリッパやビーチサンダル、室内着などがあると何かと便利です。

また、海外の食事が苦手で日本食が恋しくなるという方は、味の変化をもたらす醤油や、海外では手に入れにくい日本茶のティーバックやペットボトル、カップラーメン、煎餅などを詰めておくと安心です。

お土産などを購入し、帰りの荷物は増えることが多いので、スペースに少し余裕を持って荷造りしておくと良いです。

手荷物

カメラ、パソコン、バッテリー(リチウムイオン電池)などを含む貴重品や、移動中に手元に必要なものは手荷物として機内に持ち込みます。

機内や現地移動のバスなどは冷房が強く効いていることが多いので、カーディガンなど羽織れるものもあると重宝します。特に長時間移動の際にはくつろげるように、ゆったりとした服装にし、スリッパやネックピローなども用意しておくと機内でも過ごしやすいです。

また、暇つぶしにできる本や、入国書類を書いたりするのに必要なボールペンなども手荷物に入れておくと便利です。

環境や食事が変わると体調も崩しやすくなるので、常備薬もお忘れなく!

現金・クレジットカード

特に欧米などの海外では、クレジットカードを持っていないと、困る場面に遭遇することがあります。

「クレジットカードを所有している=支払い能力のある信用できる人」として認識されるので、何かとクレジットカードを使用する場面が多くなります。

ホテルにチェックインをする時やレンタカーを借りる時などにデポジット(保証金)を支払わなければならない場合が多く、クレジットカードを所有していない場合は、高額な現金でのデポジットを要求される場合もあります。

世界的に通用する、VISAMASTERカードの持参をおすすめします。現地で焦ることのないように事前に暗証番号、上限などを再確認しておくことも大切です。

また、チップ文化のある国への旅行や売店などでの細かい買い物の際には現金が必要になることも多いので、なるべく少額のお札を多めに両替しておくと現地で役立ちます。

ロストバゲージ

たまに、ロストバゲージといって、預けた荷物が出てこない事があります。積み忘れや、間違って違うとこころに行ってしまったという場合がほとんどですが、残念ながら稀に紛失されてしまう事もあります。

荷物を預ける際に、渡される半券は荷物受けとり時まで保管しておくと、いざというときにスムーズに対応してもらうことができます。荷物がすぐ追跡できた場合には、滞在先に送ってもらうことができ、航空会社から多少の保障もされますが、念のために替えの下着だけでも手荷物に入れておくと何かと安心です。

飛行機の遅延・欠航

現地での遅延・欠航の場合は旅行のスケジュールに大打撃です。とはいえ、スケジュールを組んでしまっている以上、柔軟に対応するほかありません。

航空会社のカウンターに行けば、代替え便の手配や時間が空く場合はホテルなどの手配をしてもらえますが、発覚した時点でできるだけ早く交渉することが、より良い代替えを手に入れる秘訣です。

治安

スリや置き引きに遭わないか、テロや事件に巻き込まれないかなどといった治安面での不安を抱える方も多いですが、旅行する人誰もが遭遇するリスクがあるため、日本とは違うということを常に意識して行動することが大切です。海外のスリはプロが多く、気を付けていても本当に一瞬の隙をつかれてしまう事が多いです。

日本人がよくしがちな、荷物を置いて席取りなどは厳禁です。海外ではどうぞ取って下さいと言っているものと同じです。

また、食事の際には気が緩みがちなので、スマホやカメラなどもテーブルの上に置いておかないことが大切です。特にiPhoneのスマホはひったくりなどでも狙われやすいです。

かばんもハンドバックよりも体に身に着けられるタイプで、チャック付きのものを利用し、現金は小分けに分散して身に着けておくなど工夫が必要です。

治安面に関しては、【外務省の海外安全ホームページ】でも情報提供されていますので、参考にしてみて下さい。

在外日本大使館、総領事館でしてもらえること

・事故や事件、犯罪に巻き込まれた際の邦人の援護や安全対策など

・急な入院など、自身で連絡ができない状況などの場合に家族へ連絡の支援

・パスポートの新規発行、旅券に代わる“帰国のための渡航書”の発給

問題が起きた時、大使館に連絡すれば全て解決してもらえる訳ではありませんが、何かしらのサポートを受けられる場合もあるので覚えておくと良いです。

万が一に備えて海外旅行を楽しもう

海外旅行に行く時には海外旅行保険に加入することをおすすめします。

携行品の盗難や航空機のトラブル、病気やケガに備えて海外旅行保険に入っておくと、現地でもサポートが受けられるので安心です。

クレジットカード付帯の保険もありますが、こちらは通常の保険よりも補償範囲が狭いことがありますので、事前に条件や補償範囲の確認をしておくことが大切です。

また、旅行会社及び航空会社、クレジットカード会社、保険会社の緊急連絡先はメモして携帯しておくといざという時に役立ちます。

きちんと備えて、海外旅行を楽しみに行きませんか?


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 ハイローラー向けの高額入出金できるカジノのTOP5ランキングです。数あるカジノの中から入出金限度額・リベート率・VIP特典を比較して選びました。今まで出金にストレスを感じていた方はここなら一切感じさせないサイトばかり厳選していますので、詳しくはこちらのページで!

   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事