カジノがある国一覧・合法的にカジノで堂々と遊べる場所

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

現在世界では多くの国でカジノが合法化されています。カジノが合法化されている国では様々なカジノゲームを楽しむことができます。

本物のディーラーとテーブルゲームを楽しめるのも魅力でしょう。そこで今回はカジノがある国について紹介していきます。カジノで有名な国や地域ごとのカジノ合法国についてピックアップしました。

 

カジノがある有名国やホテル

現在の日本では、カジノの合法化の動きはあるものの、正式に合法化されているわけではありません。しかし世界では、カジノが合法化されている国が多く存在します。

シンガポールやマカオなどは、誰もが知るカジノ合法国ではないでしょうか。

ここでは、カジノがある有名国についてご紹介していきます。

 

▼アメリカ合衆国

カジノがあることで有名な国として、アメリカが挙げられます。

アメリカでは、10の州でカジノが合法化されています。

しかしハワイ州やユタ州などでは、賭け事が一切禁止されていることから、州によって対応が大きく異なる点がわかります。

 

アメリカ合衆国の中でも、有名カジノがある地域が以下になります。

  • ラスベガス(ネバダ州)
  • アトランティックシティ(ニュージャージー州)
  • リノ(ネバダ州)
  • ビロクシ(ミシシッピ州)
  • ニューオーリンズ(ルイジアナ州)

古典的でゴージャスなカジノを楽しめるラスベガスや、ギャンブル都市とされているビロクシなどアメリカには多くの人気カジノが存在しています。

 

▼モナコ

カジノがある国として有名なモナコは、セレブな街並みが印象的な美しい国です。

カジノ施設はVIP感が漂う空間となっているので、カジノ好きなら一度は足を運びたい国でしょう。

モナコの中でも、人気のあるカジノがこちらです。

  • カジノ・ド・モンテカルロ
  • サン・カジノ
  • カジノ・カフェ・ド・パリ

歴史あるカジノ施設も多く存在しているのが、モナコのカジノの特徴です。

ゲーム感覚で楽しめるカジノもあるため、初心者でも立ち寄りやすいのも魅力でしょう。

 

▼マカオ

カジノといえば「マカオ」という感覚を持つ方もいるのではないでしょうか。

マカオには数多くのカジノ施設が存在し、入場無料で見学のみも可能であるのが特徴です。

マカオにある人気カジノが以下になります。

  • ヴェネチアン・マカオ
  • グランド・リスボア
  • スタジオシティ・マカオ
  • ウィン・マカオ
  • グランド・リスボア

マカオのカジノは大型複合施設内にある場合が多く、ホテルやプール、ショッピングモールやレストランなどが併設されているケースもあります。

 

地域ごとにカジノがある国をピックアップ!

カジノがある国を地域ごとに分けてご紹介します。

意外な国にカジノが存在する場合もあるので、チェックしてみると面白いでしょう。

国ごとの特徴についてもご紹介します。

 

▼アジア大陸にあるカジノ

アジア大陸では、以下の13カ国でカジノが展開されています。

  • 中国
  • 韓国
  • マレーシア
  • シンガポール
  • フィリピン
  • ネパール
  • ミャンマー
  • ベトナム
  • スリランカ
  • カンボジア
  • カザフスタン
  • 北朝鮮
  • アルメニア

アジアでは、庶民向けのカジノが多く展開されています。

ドレスコードがない場合も多く、初心者でも気軽に始めやすいのも魅力でしょう。

またアジアのカジノには、日本語が話せるスタッフが在中しているケースもあります。

 

西アジアに位置するUAE(アラブ首長国連邦)のドバイにもカジノはあるのでは?と思いそうなところですが、2023年現在はまだドバイにカジノは無いのです。

ただ、ラスベガスのウィンリゾーツが2026年に「ウィン・ラアスアルハイマ」を開業予定となっています。

 ドバイのカジノ情報・クルージングパーティー・ヨット・会場・ドレスコードを調査

 

▼アメリカ大陸にあるカジノ

アメリカ大陸はカジノがある国が多く、以下の20カ国でカジノが展開されています。

  • アメリカ
  • カナダ
  • コスタリカ
  • チリ
  • ドミニカ
  • ニカラグア
  • トリニダード・トバコ
  • エルサルバドル
  • バハマ
  • パナマ
  • セントルシア
  • アンティグア・バーブーダ
  • セントクリストファー・ネイビス
  • アルゼンチン
  • コロンビア
  • ペルー
  • ベネズエラ
  • パラグアイ
  • ウルグアイ
  • スリナム

人気カジノが多く存在するラスベガスや、多くのカジノがあるアトランティックシティなど、アメリカ大陸では魅力溢れるカジノが展開されています。

またアメリカ大陸には、24時間運営しているカジノが多い印象を受けます。

船上カジノなど、珍しいカジノを展開している施設もあります。

 

▼オセアニアにあるカジノ

オセアニアでは14カ国のうち、以下の4カ国でカジノを楽しむことができます。

  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • ソロモン諸島
  • バヌアツ

人気があるのはオーストラリアではないでしょうか。

オーストラリアには、10カ国以上のカジノが存在しています。

主要都市に1つはカジノがあるため、様々なカジノを楽しめるという特徴があります。

 オーストラリア(ケアンズ)のおすすめ高級ホテル9選|雰囲気や特徴を紹介

 

 

▼ヨーロッパにあるカジノ

カジノがある国を大陸別に分けた時、最も多く合法国が存在するのは、ヨーロッパです。

ヨーロッパでは、以下の35カ国でカジノが展開されています。

  • イギリス
  • アイルランド
  • ロシア
  • ドイツ
  • ポーランド
  • スペイン
  • フランス
  • イタリア
  • オランダ
  • ポルトガル
  • エストニア
  • ギリシャ
  • オーストリア
  • クロアチア
  • チェコ
  • スロバキア
  • スロベニア
  • ルーマニア
  • リトアニア
  • ラトビア
  • スイス
  • デンマーク
  • ベルギー
  • ハンガリー
  • スウェーデン
  • フィンランド
  • ブルガリア
  • モナコ
  • キプロス
  • マルタ
  • モルドバ
  • ルクセンブルク
  • ベラルーシ
  • セルビア
  • モンテネグロ

ヨーロッパには、贅沢で気品のあるカジノが多いと言われています。

モナコやイタリア、ポルトガルなどが代表的でしょう。

伝統のあるカジノ施設も多いことから、本格的にカジノを楽しみたい方にも人気があります。

ちなみに、友人がフランスに住んでいて、現地フランスのカジノ情報を色々と聞いた機会があったので別ページでまとめています。カジノまでのアクセス方法や営業時間まで聞けたのでヨーロッパのカジノ状況に興味ある方はそちらも覗いてみてください。

 フランスのカジノ情報・アクセス方法・営業時間など友人に聞いてみた結果

 

また、マルタ共和国はカジノとの関係が切っても切り離せないほど強く関連した国です。

マルタの観光地、空港からの移動手段、人気のカジノ、オススメの食事などなど別ページでまとめています。

 マルタ共和国の観光旅行・移動手段・食事・オンラインカジノの関係など解説

 

 

▼アフリカ大陸にあるカジノ

カジノのイメージが少ないアフリカですが、実はアフリカには以下の21カ国でカジノが展開されています。

  • エジプト
  • 南アフリカ
  • マダガスカル
  • ジンバブエ
  • ケニア
  • ガーナ
  • ジンバブエ
  • ルワンダ
  • ウガンダ
  • ボツワナ
  • スワジランド
  • セネガル
  • セーシェル
  • ナイジェリア
  • チュニジア
  • タンザニア
  • ナミビア
  • モロッコ
  • モーリシャス
  • カーボベルデ
  • レソト

南アフリカには、南半球で2番目に大きいと言われるカジノがあります。

その他にはケニアやタンザニア、エジプトなどで小規模のカジノも展開されています。

 

世界中には様々なカジノが展開されており、魅力溢れるカジノも多く存在しています。地域によっては、初心者が立ち寄りやすいカジノがあるのも特徴でしょう。

また最近ではボンズカジノのようにリアルに本場のディーラーとの勝負を楽しむ方も増えています。

 

国によってカジノは何か違うの?

ラスベガスだとそこにあるホテルのほとんどにカジノがあります。

と言うかカジノがメインの収入源なのでホテルだけ作ってもお客さんが入ってくれません。出張は期待できず、観光もカジノのついでにされるので、それなら最初からカジノありきで建築されてるんですよね。

ラスベガスの何が凄いのか、それは韓国やマカオとは規模や広さが全然違います。

 ベラージオホテル(ラスベガス)のカジノ情報・有名映画も

 ルクソールホテル・ラスベガスのカジノホテル情報やコロナ影響など

 マンダレイベイ・ラスベガスのカジノホテル情報やコロナ影響など

 ラスベガス・サンズ運営のマリーナベイサンズとベネチアンもコロナ影響か

 ベネチアン・マカオのカジノホテル情報やコロナ影響など調査

 サンズ・マカオのカジノホテル情報やコロナ影響など調査

 MGMグランドホテルのカジノ情報・イベントなど

 

韓国だとセブンラックカジノパラダイスウォーカーヒルなど数個のカジノホテルが知られていて、どれもそれなりにゴージャス感はありますが広さはそれほどでもありません。

マカオだとバカラが70%と言われていて、バカラテーブルがギュウギュウに敷き詰められているイメージです。そこに大声の中国人たちが満席でしたから、セリ市場とか鶏の大群がいるかのような騒ぎが日常でした。

 グランドリスボア・マカオ豪華ホテルのカジノ情報

 グランドハイアット・マカオのカジノホテル情報

 

これがヨーロッパやラスベガスのカジノだと全然なくて、広大なスペースに幅を取ってゲームテーブルも設置されているので、紳士的というか、ゆったりした空間で座席も余裕があってゲームに集中できました。

むしろ広すぎて自分が今どこにいるのか迷いまくります。部屋の地図も無いですし、それもカジノ側の思惑だと言われました。迷った挙句、適当に席について適当にギャンブルしてくれるのを狙ってるわけです。

日本のパチンコ店でも似てますが、カジノ内には時計も一切ありませんから、時間を忘れて没頭するよう仕向けられてます。

 

余談ですが、カジノのホテル客室内には冷蔵庫が無くて、冷たいドリンクを飲みたいと思ったらカジノに行くしかないというのも策略らしいです。そうやって人間をカジノ内におびき寄せる仕組みをあちこちで掛けられているので、意志が弱い人は強い人に守ってもらいましょう。

 カジノにまつわる面白い確率話まとめ・誰かに話したくなる雑学ネタ

カジノが最初に作られたのはどこ?歴史は?

カジノの歴史を見ていくと、フランス革命で王族支配が終わったときに小さな賭博場が広まったようですが、それをナポレオンが規制したほどです。

現在の形となるカジノが初めて世界で作られたのは1638年イタリアです。

ドイツ、イギリス、モナコがそれに続きましたが、あのラスベガスにカジノが初めてできたのは1940年以降です。

ラスベガスのあるネバダ州が1931年にやっと合法化したため、それまで単なる砂漠だったラスベガスが今のようなギラギラした街になるとは当時の人は想像もしなかったでしょう。

ただ、カジノが巨額を生むのを目論んだマフィアたちとの抗争で多くの血が流れた上に現在のラスベガスはあるのも事実です。

ちなみに、同じアメリカでもハワイはギャンブルが一切禁止のままです。

 

アジア圏だとマカオ、フィリピン、マレーシア、韓国などが早い頃からカジノ建築されました。日本人が最も行きやすいのは韓国です。1泊2日でも行けるので週末にちょっと韓国旅行というのは誰でも叶います。

 ウィン・マカオのカジノホテル情報・コロナでポーカーが無くなる?

 マレーシアのゲンティンハイランド

 フィリピンのカジノ調査(マニラの友人にコロナ禍の様子を聞いてみた)

 オカダマニラ(OKADA MANILA)社長・VIPルーム・噴水・クラブ・ビーチ情報まとめ

 ソレアリゾート&カジノホテル情報

 

タイの隣国ミャンマーやベトナムには既にカジノは存在しますが、2023年現在はタイにはカジノが無いものの、米国のサンズが進出するかもしれないというニュースが出ていたので今後のためにバンコクでの過ごし方をこちらで確認しておいてください。

 タイのバンコクに旅行したときの7つの移動手段・交通機関を比較!

 

屋上にプールがあるマリーナベイサンズで有名なシンガポールも2005年にカジノが合法化され、その後は国の収入源としても大きく貢献しているようです。

 マリーナベイサンズ・シンガポールで遊べるカジノ・プール情報など

 リゾート・ワールド・セントーサ・カジノ情報。シンガポール観光

 

ベトナムもアジア圏ではカジノ大国で知られています。日本のパチンコやパチスロ4号機が設置されているパチンコ店があるのもギャンブラーの中では有名ですよね。

 ベトナムのパチスロ店『ミリオンゴッドゲーミング』は100万円も現実的

 

それでもカジノの起源はヨーロッパであり、上流階級が娯楽として楽しんだ事からドレスコードも決められるような格式ある社交場となりました。

そして、1970年を過ぎたあたりからスペイン、オーストラリア、オランダ、アフリカ、と世界に広がりました。

オンラインカジノの歴史も書いてますのでご覧ください。

 オンラインカジノの歴史・作られた国・法律の話

【初めてのカジノ】飲酒や喫煙は可能?

日本ではあちこちで喫煙者に対して冷たい目で見られがちですが、海外でもその傾向は出てきています。アメリカのカジノも多くは禁煙とされているものの、ラスベガスの一部ではまだ可能だとか。

ただ、カジノ内レストランはまず禁煙だと思ってください。

灰皿も出てきませんし、禁煙場所で喫煙して罰金500ドル取られた人もいるようです。

 

飲酒はというと、結構フリーです。もちろん年齢は21歳以上であるのが原則ですが、カジノ内はウェイトレスがお酒を持ってきてくれますし、バカラテーブルで酒臭い観光客が隣にいた事もありました。

日本酒は見かけませんが、ビールやウィスキーなど幾らでも持ってきてくれますが、海外のマナーとしてチップを1ドルほどあげるのが普通です。

ついでに言うと、なぜカジノが飲酒には寛大かと言えばもちろん冷静さを失ってほしいからです。

新宿や銀座で酔っぱらいすぎて翌朝に財布を見たら空っぽ、なんて人も少なくないように、財布の中身を全部ギャンブルしてもらうためですね。

 

実際にそういうお客さんばかりです。

ゲームに大勝ちしたらお酒も美味いし気分もよくなって、更なるバクチに出たくなります。

ゲームに大負けしてもヤケ酒になります。どちらにしてもカジノ側は嬉しいのです。

ギャンブルに来ているのだから予算分は全部負けても仕方ない、というお客さんがほとんどですし、だからこそ無料でお酒も提供できているのです。

【初めてのカジノ】ルールやマナーは?

基本は世界中どこのカジノも同様ですが、ラスベガスだと全てのカジノで21歳以上しかプレイできません。

服装はドレスコードがうるさそうと思われがちですが、ネクタイにスーツの必要はなくて、実際はTシャツやハーフパンツなど楽な格好でも入れますが、年齢制限だけはしっかりされます。

カジノ入場時にパスポートを見られるのでバレますが、日本人は若く見られがちなので疑われる人もいるんだとか。

 

実年齢30代にも関わらず対戦ディーラーやお酒を運んでくれるウェイトレスにパスポートを見られるなんてケースも。

この年齢制限が厳しい理由は、21歳未満をカジノで遊ばせた事が発覚するとカジノ自体が重い処罰を受けるためなんです。

 

また、各ゲームのルールについては別ページでも解説しています。

 カジノ専門用語集(バカラ・ルーレット・ポーカー・ブラックジャック編)

 バカラ攻略法・ボンズカジノを10倍楽しむ方法

 ブラックジャックの攻略方法や楽しみ方

 ポーカー攻略法・中級者上級者の楽しみ方

 クラップスの勝ち方・攻略法・ルールを解説

 ルーレットの攻略法・中級者上級者の楽しみ方

 シックボーのルール・賭け方・攻略法を解説!

【初めてのカジノ】予算は?

カジノ自体での予算はというと、ちょっと遊ぼうかと思ってるくらいなら10万円、ギャンブル仲間たちとワイワイする目的なら50万円、ちょっとガチで勝負するなら100万円以上は最低ないとカジノに行く意味がありません。

どの国のカジノに行くのか、何日間の滞在なのか、そのときの為替、シーズンオフなどでも変わってきます。

 

例えば、ラスベガスなら往復のフライト費用で20万円、渡航認証のESTAが数千円、海外保険が3000円、ホテルが1泊2万円、食費が1食2000円、電車が無いのでタクシー移動で3000円、などです。

一番かかるのがフライト費用なので少なくても3泊5日とか4泊6日はしたいところでしょう。

30万円ほどがカジノ以外で掛かる費用となりますね。

韓国なら往復フライトで3万円くらいなので、だいぶ安くカジノを楽しめます。

 海外旅行の航空券手配・乗り継ぎの注意点・ホテルの選び方を教えます

 海外旅行で言葉・遅延・治安など不安に経験者が回答します

 世界一周旅行で候補のフライト・ホテル・クルーズ

 世界一周旅行の方法・観光目的ならビザ無しで行ける国ランキング

 

カジノの予算はこれを加味してご自身で出せる範囲で余裕を持って勝負できないと、常に所持金の事が気になってしまい冷静さを失ってゲームに集中できません。

ギャンブルなので運だけが希望か、と思いきや意外とそれだけでも無さそうです。繰り返し行う事で確率は収束していく『大数の法則』と呼ばれるものをご存じですか?

別ページで詳しく解説しているので、カジノの攻略法で気にしている方はそちらも読んでみましょう。

 大数の法則とは何?ギャンブルに深く関わる重大要素

 

初めて海外のカジノに行く人は、慣れない外国人たち、眩しい空間、何百台もあるスロットの大音量、初体験という興奮、などに目を持っていかれるので集中力はかなり削られます。

なので、いきなり海外のカジノに挑戦するよりも、ご自宅で遊べるボンズカジノで各ゲームを一通り練習して、ルールも理解してから準備万端で行くのを強くオススメします!

世界の富裕層たちは何にお金を使う?趣味は何?

富裕層と呼ばれるお金持ちは有名どころでも沢山いますが、彼らは一体何にをお金を使うのか興味ありますよね。

その多くは代々お金持ちというより、一代で財を成した人物がよく聞かれますが、仕事ばかりの人生というわけでも無いです。そもそもプライベートは謎に包まれている富裕層の人々は、

  • 何にお金を使うのでしょうか?
  • どんな食事をするのか?
  • 休日は何に時間を使うのか?
  • 趣味は何なのか?
  • 税金だって超高額ですからビクビクして貯金するだけなのでしょうか?

などなど、生き方も文化も異なる世界の富裕層たちを調べてみると色んな一面が見えてきました。

別ページで細かく調べているのでそちらもご覧ください。

 富裕層7人の趣味を調査!金持ちがお金を使うものとは?

 

当ページをご覧の今ならボンズカジノなど人気オンラインカジノ26個が新規入会キャンペーン中で、総額10万円分の登録無料ボーナスがもらえるので下記ページにまとめています。

 新規入会キャンペーンTOP26!無料で10万円分のボーナスがプレゼント!


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 ハイローラー向けの高額入出金できるカジノのTOP5ランキングです。数あるカジノの中から入出金限度額・リベート率・VIP特典を比較して選びました。今まで出金にストレスを感じていた方はここなら一切感じさせないサイトばかり厳選していますので、詳しくはこちらのページで!

   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事