ラッキーニッキー(LUCKY NIKI)公式サイトは危険なオンラインカジノ?安全に遊ぶための対策!

当ページにはプロモーションが含まれています。

オンラインカジノを利用する際に気になるのが、危険性の有無ではないでしょうか。

日本市場には多くのオンラインカジノがあり、その中には危険性が高いオンラインカジノも存在します。

「危険性のないオンラインカジノで遊びたい」と考えている方は、利用の前に危険性をチェックしておきましょう。

この記事では、近年注目を浴びている『ラッキーニッキー』の危険性について解説します。

危険性のないオンラインカジノで遊びたい方は、必見の内容です!

★このサイト限定ボーナス★

下記からラッキーニッキー(LUCKY NIKI)へ新規登録で【40ドル】の入金不要ボーナスを進呈中!!

⇒⇒ ラッキーニッキー公式サイトはここから!!ラッキーニッキーは危険性のないオンラインカジノ◎自己規制ツールでより危険を避けられる!!いますぐ登録してお得なボーナスを活用するならクリック!!

アカウント作成手順の解説はここから↓↓

 

ラッキーニッキーは危険なオンラインカジノ?

結論から言うと、ラッキーニッキーは極めて危険度の低い安全なオンラインカジノです。

というのも、ラッキーニッキーは安全性の指標となる基準を全てクリアしています。

評判と信頼性にも定評があり、多くのユーザが「安心安全なオンラインカジノ」と認めている点も、ラッキーニッキーに危険性がないと判断できる理由のひとつです。

ラッキーニッキーの危険性の低さは、下記のポイントで判断できます。

 

危険性が低い理由1.ライセンスの取得

危険性が低いと判断できる大きな理由のひとつは、ラッキーニッキーがライセンスを取得しているためです。

ライセンス(license)とは、ギャンブルを提供するための公的な許可証を指します。

ライセンスは、各国のギャンブル規制機関(またはそれに準ずる機関)から発行されます。

プレイヤーの保護やセキュリティ対策といった面はもちろん、オンラインカジノの運営力や資金力もライセンス発行のための審査対象のひとつ。

厳しい基準を全てクリアしたオンラインカジノのみが、ライセンスを取得できます。

ラッキーニッキーが取得しているライセンスは、『マルタライセンス』です。

マルタライセンスは、マルタゲーミング委員会(Malta Gaming Authority)が発行する運営許可証です。

海外にはライセンスを発行する期間が複数存在しますが、その中でもマルタライセンスはとりわけ高い評価を得ています。

 

危険性が低い理由2.サポート対応の充実度

危険性が高いオンラインカジノの特徴として、サポート対応が不十分である点が挙げられます。

オンラインカジノは、すべて海外の企業が運営しています。

そのため、基本は英語での対応です。

しかし優良オンラインカジノの多くは、日本市場への参入時に日本語サポートを設置しています。

日本語サポートがあれば、トラブルにもスムーズに対応してもらえます。

疑問点や不明点が生じた際にも、ストレスなく問い合わせできる点は、安心してオンラインカジノを利用できる指標になります。

ラッキーニッキーに関しては、「電話」「メール」「ライブチャット」の3種類の日本語サポートを設置しています。

15:00〜翌3:00とサポート時間に限りはありますが、丁寧に対応してもらえる点は危険性が低い証明になります。

★このサイト限定ボーナス★

下記からラッキーニッキー(LUCKY NIKI)へ新規登録で【40ドル】の入金不要ボーナスを進呈中!!

⇒⇒ ラッキーニッキー公式サイトはここから!!ラッキーニッキーは危険性のないオンラインカジノ◎自己規制ツールでより危険を避けられる!!いますぐ登録してお得なボーナスを活用するならクリック!!

アカウント作成手順の解説はここから↓↓

 

危険性が低い理由3.優良プロバイダーの導入

カジノゲームの不正やイカサマという観点から危険性を判断するなら、導入プロバイダーもチェックしておきましょう。

オンラインカジノにゲームを提供するのは、ゲームをリリースしているプロバイダーです。

多くのプロバイダーはライセンスを取得し、第三者機関の監査を受けて公平なゲームを提供しています。

しかし、無名プロバイダーの中には、不正やイカサマの危険性が高いプロバイダーも存在します。

よって、知名度がないプロバイダーのみを導入しているオンラインカジノは、危険性が高いと判断できます。

ラッキーニッキーは、『Evolution Gaming』『Playtech』『Yggdrasil』をはじめとする数多くの優良プロバイダーを導入しています。

優良プロバイダーは不正やイカサマの危険性が著しく低く、安心してゲームをプレイできます。

ラッキーニッキーをより安全に楽しむなら、優良プロバイダーのカジノゲームを選定しましょう。

 

危険性が低い理由4.実績のある運営会社

オンラインカジノの危険性を判断するなら、運営会社についても調べておきましょう。

運営会社の情報が一切記載されていないオンラインカジノは、危険度が高いと判断できます。

また、姉妹オンラインカジノの有無も、運営力を判断するひとつの指標になります。

ラッキーニッキーに関しては、『SkillOnNet Ltd(スキルオンネット)』という会社がサイトを運営しています。

SkillOnNet Ltdの会社情報は、下記の通りです。

会社名SkillOnNet Ltd
住所375 Manwel Dimech Street Sliema, Malta SLM1058, MT
設立2003年
従業員数200人以上

 

公式サイトに会社情報が明記されており、透明度の高さが伺えます。

また、ラッキーニッキーの運営会社は『Play OJO(プレイオジョ)』と『Winning Kings(ウィニングキングス)』も運営しています。

日本市場に参入する優良オンラインカジノを複数運営できる運営力も、ラッキーニッキーの危険性が低い理由のひとつです。

★このサイト限定ボーナス★

下記からラッキーニッキー(LUCKY NIKI)へ新規登録で【40ドル】の入金不要ボーナスを進呈中!!

⇒⇒ ラッキーニッキー公式サイトはここから!!ラッキーニッキーは危険性のないオンラインカジノ◎自己規制ツールでより危険性を避けられる!!いますぐ登録してお得なボーナスを活用するならクリック!!

アカウント作成手順の解説はここから↓↓

 

ラッキーニッキーの危険性を下げる方法

ラッキーニッキーは危険性の低いオンラインカジノですが、ユーザーの利用方法によって危険度が高まるケースもあります。

より安全にラッキーニッキーを楽しむためには、下記の点を意識してください。

 

危険性を下げる方法1. 偽のサイトに登録しない

ラッキーニッキーを含め、オンラインカジノを利用する際には偽のサイトに登録しないように注意してください。

さまざまなサイトの中には、実際のオンラインカジノを装った偽サイトがあるのも実情です。

偽サイトに登録してしまうと、個人情報が抜き取られる恐れがあるので注意してください。

※下記のリンクが公式サイトです。

⇒⇒ ラッキーニッキー公式サイト

 

危険性を下げる方法2 無料Wi-Fiは使わない

オンラインカジノで遊ぶ際に、多くの方がWi-Fiを利用しているのではないでしょうか。

ラッキーニッキーを含むオンラインカジノをスマホでプレイすると、通信量が発生します。

一般的なスロットだと10回転あたり1〜10MB、ライブカジノは5分あたり30〜200MBほどの通信量がかかります。と

通信量を節約してくれるのがWi-Fiの嬉しいポイントですが、『無料Wi-Fi』は危険性が高いので要注意!

情報の流失や悪用のリスクがあるため、資金を管理するオンラインカジノでの利用はおすすめできません。

 

危険性を下げる方法3.他人に推測されるパスワードは使わない

ラッキーニッキーの危険性を下げるなら、ログインパスワードの設定は慎重に行なってください。

第三者に安易に推測されるパスワードを利用した場合、不正利用の危険性があります。

よって、パスワードは複雑な文字列にしましょう。

 

危険性を下げる方法4.自己規制ツールを活用する

ラッキーニッキーは、オンラインでギャンブルを楽しむサイトです。

よって、ユーザーの利用の仕方次第では、『ギャンブル依存症』などの危険性があります。

賭けにのめり込み過ぎてしまう危険を避けるなら、ご自身でギャンブル依存症の対策をしておきましょう。

ラッキーニッキーでは、『プレイヤー制限』という項目を設けています。

プレイヤー制限では、アカウントの利用を制限できます。

一旦、ギャンブルから離れたい方におすすめの対策です。

また、ホーム画面の入金ページ(キャッシャー)にある『入金制限』をクリックすると、ユーザーご自身で入金を制限できます。

日・週・月ごとの入金を制限できるので、資金の使い過ぎが心配な方は活用するのもひとつの手です。

★このサイト限定ボーナス★

下記からラッキーニッキー(LUCKY NIKI)へ新規登録で【40ドル】の入金不要ボーナスを進呈中!!

⇒⇒ ラッキーニッキー公式サイトはここから!!ラッキーニッキーは危険性のないオンラインカジノ◎自己規制ツールでより危険性を避けられる!!いますぐ登録してお得なボーナスを活用するならクリック!!

アカウント作成手順の解説はここから↓↓

 

おすすめの記事