ビットコインの将来性・特徴・半減期とは何なのか?

ボンズカジノについて

仮想通貨の中で人気知名度No.1のビットコインで取引をしている人はオンラインカジノプレイヤーの中でもよく聞かれます。最新のボンズカジノはもちろんの事、いくつかのオンラインカジノで仮想通貨の入金出金対応がされてきています。

ビットカジノ公式サイト登録方法・入金出金・ボーナスをボンズカジノと比較
⇒ ビットカジノ公式サイトに入場する 【ビットカジノ公式サイトの登録は15秒で完了と業界最速レベル】 ビットカジノ公式サイトの優位性として、ビットコインなど多数の仮想通貨で直接プレイができるカジノだと言う事と、アカウント...
ワンダーカジノ公式サイトの登録方法・入金出金・ボーナス・ボンズカジノと比較
⇒ ワンダーカジノが稼げる秘訣を見る ワンダーカジノ公式サイトはオンラインカジノでも知名度を高めつつあるサイトで、最近は多くのサイトで評価されています。また、口コミについてもそれなりに多くなってくるなど、今後に期待できるオンラインカジ...
ベラジョンカジノ公式サイト登録方法、入金出金、ボーナスを図解入り説明
⇒ ベラジョンカジノ公式サイトに入場する ベラジョンカジノ公式サイトを見てみよう ベラジョンカジノでギャンブルを始めるには最初にアカウント登録するところから始まるので、公式ホームページにアクセスしましょう。 ⇒ ベラジョン...

 

2021年の今年で誕生11年を迎えるビットコインは、2021年に入ってからイーロンマスクがCEOを務めるテスラ社が15億ドルを投資し、1BTCの価格が過去最高値を更新するなど大きな話題性がありました。

そんな話題のビットコインの今後の将来性はどうなのでしょうか?

また、そもそもビットコインとは何なのか基本から解説し、将来性について詳しくまとめました。

ビットコイン基本編

ビットコインとは、2009年に「サトシ・ナカモト」と名乗る人物によって発表された世界初の仮想通貨です。

ビットコインは円やドルのように実体が存在しないので、データとしてインターネット上でやりとりをするようになっています。

ここでは、世界初の仮想通貨であるビットコインの特徴を4つ紹介します。

銀行のような中央管理者が存在しない

ビットコインの1つ目の特徴は中央管理者が存在しないことです。

ビットコインには円やドルなどのように通貨の発行や流通量の調整を行う管理者が存在しません。

法定通貨は取引情報は中央銀行で管理されますが、ビットコインの場合はパソコンやタブレットなどの世界中のインターネットネットワークで保管、管理されており、ブロックチェーンという仕組みによってその価値を保っています。

取引に参加しているみんなで取引を監視することで中央管理者の管理を受けない通貨として存在しています。

またこのシステムは、他の仮想通貨でも利用されています。

ビットコインは発行上限が決まっている

2つ目の特徴は発行上限が決まっていることです。

ビットコインは発行上限が2100万枚と決められています。

この上限はスタートしたときから決められているため、今後上がることも下がることもありません。

法定通貨は中央銀行によって通貨の流通量を調節することができますが、ビットコインには管理者が存在しないので流通量を調節することは不可能です。

発行上限を決めずに発行し続けると、需要と供給のバランスが崩れ、ビットコインの価値が下がってしまいます。

そうならないためにも発行上限を予め決めておくことで、ビットコインの価値が下がらないように設定されています。

24時間365日いつでも送金ができる

3つ目のビットコインの特徴は、24時間365日いつでも送金ができることです。

ビットコインはネット環境があれば24時間365日国内から国外、世界中いつでもどこでも送金できます。

法定通貨の場合は銀行を介しての送金になるので、海外送金をするときには数日から1週間ほどの時間がかかっていました。

しかしビットコインの場合は銀行を仲介する必要がなく、相手との直接的なやりとりができるので、数十分で送金をすることが可能になります。

ビットコインは世界共通で利用できる

4つ目の特徴は、世界共通で利用できることです。

これはビットコインだけでなく全ての仮想通貨に言える特徴です。

仮想通貨は円やドルのようにその国でしか使えない通貨とは異なり、世界共通で利用できる通貨なので、海外旅行の際に国指定の通貨に両替する必要がなくなります。

世界では今、仮想通貨での支払いが可能なお店が増えてきており、今後もっと増えると考えられます。

ビットコインの今後の将来性は?

2021年になっても話題が尽きないビットコインですが、今後の将来性が気になると思います。結論から言いますと、ビットコインにはまだ伸び代があり、将来性は十分にあると言えます。

なぜそう言えるのか。ここではビットコインに今後伸びしろがあると言える理由を4つ紹介します。

 

1.ビットコイン決済の普及

ひとつ目の理由はビットコイン決済の普及です。

ビットコインの24時間365日世界中いつでもどこでも利用できる特徴を利用して、買い物の支払い手段として普及すれば、ビットコインの注目度は上がり、需要の増加と価値の上昇が期待できます。

 

2.ビットコインETFの承認

2つ目の理由はビットコインETFの承認です。

ETF(Exchange Traded Fund)とは上場投資信託のことを指し、株の売買と同じように証券会社を通じて取引をすることが可能になります。

ETFの承認には、ビットコインの信頼性が高まる、機関投資家の参入で多額の資金が流入する、個人投資家が参加しやすいなど多くのメリットがあります。ETFの承認は厳しい審査を審査を通過する必要がありますが、審査に合格しETFが承認されれば、取引を考えるひとも増えるでしょう。

取引をする人が増え、多額の資金が流入してくれば価格は上昇し、ビットコインの価値が上がることが予想されます。

 

3.ライトニングネットワークの実装

3つ目の理由はライトニングネットワークの実装です。

ライトニングネットワークとは、普段ブロックチェーン取引で行われている送金を、オフチェーン取引(ブロックチェーンの外で行う取引)に変えることで、ビットコインの送金を従来の速度よりも早く、手数料は安くすることを可能にする方法です。

ライトニングネットワークが実装されれば決済速度や手数料が改善され、ビットコイン取引に参加する人の増加が予想され、価格の上昇を期待できます。

 

4.半減期による価格上昇

4つ目の理由は半減期による価格上昇です。

ビットコインでは2012年、2016年、2020年と3回の半減期を迎えました。

理由は違いますが3回とも半減期後に価格の上昇が起きています。

4年に一度のペースで発生する半減期ですが、今後も発生のたびに価格が上昇すれば、ビットコインの価値はどんどん上がっていくと予想できます。

よく聞かれる『ビットコインの半減期』とは?

ビットコイン取引でよく聞かれるのが、4年に一度起きる半減期が次回2024年に迎えるという話です。仮想通貨取引をやるならば知っておくべき半減期の仕組みを解説します。

半減期の仕組み

半減期を知るにはまずブロックチェーンとマイニングについて知る必要があります。

ブロックチェーンとは、仮想通貨取引のデータを繋ぎ合わせたもののことを言います。

マイニングとは、まだブロックチェーンに繋がれていない取引データを新たに繋ぎ合わせることです。

 

マイニングに成功した人たちには成功報酬として新しく発行されたビットコインが支払われます。

半減期は繋ぎ合わせたブロックが21万ブロック作られると発生するようになっています。

 

半減期とは、マイニングでもらえる報酬が半分になることです。

ビットコインでは、作成されたブロックの数が21万ブロックになると成功報酬が半分になるように設定されています。

半減期は4年に1度のタイミングで発生し、ビットコインでは、2012年、2016年、2020年と3回の半減期を迎えました。

元々50BTCだったマイニング報酬は、最初の半減期で25BTCになり、2度目の半減期で12.5BTC、2020年5月に起きた3回目の半減期で6.25BTCになりました。

4年に一度のタイミングで発生している半減期は次回2024年に発生すると言われています。

半減期の必要性とは?

半減期がなぜ必要なのか。それは、ビットコインの需要と供給のバランスを保ちインフレを防ぐためです。

発行上限が2,100万枚と決められているビットコインがずっと同じペースでマイニングが発生し通貨の発行量が増えると、価値が下がりインフレを起こしてしまいます。

円やドルなどは銀行が発行量をコントロールしていますが、ビットコインには特定の管理者がいないため、半減期という仕組みによって通貨の価値を保ちインフレを防いでいます。

半減期がない仮想通貨もある

仮想通貨の中では、半分以上のものが半減期を持っていません。

半減期を持たない理由の多くは、発行上限がなく半減期が発生するようにプログラムされていないからです。

半減期がない通貨の多くは、数円から数十円で取引されていることが多く、ビットコインのように希少性の高さから一枚数十万などの高値がつくことはありません。

 

半減期によるビットコインへの影響も気になりますね。

4年に一度起きる半減期ですが、ビットコインにはどんな影響を与えるのか?

過去3回起きた半減期を見てそれぞれどんな値動きがあったのか見ていきます。

2012年1回目の半減期

1回目の半減期は2012年11月28日に発生し、マイニング報酬は50BTCから25BTCに半減しました。

このときはまだビットコインの認知度が低く、取引を行っている人も少なかったので特別な変化は起こりませんでした。

半減期の4ヶ月後に価格上昇がありましたが、これはキプロス危機の影響とされ、半減期とは直接関係ないと分析されています。

2016年2回目の半減期

2回目の半減期は2016年7月9日に発生し、マイニング報酬は25BTCから12.5BTCに半減しました。

半減期前の5月に価格が上昇しますが、直前の6月に価格は下落。その後半減期を迎えてからは再び価格が上昇したのです。

ビットコインの知名度も上がり取引を行う人も増えてきた2回目の半減期は、1回目と違い値動きに大きな動きが見られました。

2020年3回目の半減期

3回目の半減期は2020年5月12日に発生し、マイニング報酬は12.5BTCから6.25BTCに半減しました。

半減期を迎える数ヶ月前にコロナショックの影響で暴落してしまいましたが、約2ヶ月かけて価格を暴落前の水準に回復。

半減期から5ヶ月後の10月から11月にかけては仮想通貨バブルが起きた2017年以来の2万ドルを越す勢いで価格が上昇しました。

3回の半減期からわかること

これまで3回の半減期を迎えたビットコインですが、どれも半減期のあとは価格が上昇していることが分かりました。

また、回を重ねるごとに上昇の幅は広がっているので、これから半減期を迎えるごとに価格は上がりやすくなっているのではないでしょうか。

 

半減期のメリットは、ビットコインの価値が上がりやすいことです。

なぜ価値が上がりやすいのか。それは、半減期を迎えることはビットコインの発行上限に近づいていることを指し、それによって希少性が高まり、価格上昇を期待して購入する人が増えるからです。

このように需要は高まりますが新たなコインの発行量は減るためその分価格が上昇することが分かります。

また、ビットコインはこれからも伸びると予想され、将来性に期待されて仮想通貨の法整備も進んでいるので、需要が減少することは考えにくいです。

なので、今後も半減期を迎えるとビットコインの価値は上がりやすいと予想できます。

 

一方、半減期のデメリットはマイニングを行う人が減ることです。

マイニングには、コンピューターの設備投資や大量の電力消費による電気代などのコストがかかります。

半減期によって成功報酬が半分になってもコストは変わらないため、利益が減るのでマイニングをする人が減ってしまうことが考えられるのです。

しかし、マイニングをする人が減ればライバルが減り、今までよりも成功報酬を得やすくなるとも考えられます。

マイニングをやろうと思っている方は、赤字になるリスクがあることを頭に置いといて下さい。

 

これまで半減期ではビットコインの価格が上昇しやすく、今後も半減期を迎えるごとに価格は上がるのではないかと紹介しました。

しかし、いざ2024年の半減期を迎えたときにどういう値動きをするかは想像できません。

なので取引をする際は十分に注意を払って冷静な判断をするようにして下さい。

ボンズカジノは仮想通貨の投資先にも使われる

ゲームにビットコインで入金して、勝利した分もビットコインで出金できるボンズカジノを投資先に使う人も出てきています。

パソコンでもスマホでも同様の環境が整っていて、スロットでもバカラでもお好きなゲームで賭けを行って増やす事ができるので、仮想通貨をただ持っているだけの待ちでいるより、攻めて増やす事ができるのです。

別ページでも詳しく書いているのでご覧になってください。

ビットコイン(仮想通貨)&ボンズカジノでも稼ぐ投資ノウハウ
ボンズカジノはビットコインにも対応してます 最新カジノであるボンズカジノはビットコインなど幾つかの仮想通貨での入出金にも対応しています。まずは簡単にビットコインについて確認しておきましょう。 ビットコインは数千種類あると言われる仮想...
error:
タイトルとURLをコピーしました