テキサスホールデムの攻略法・勝ち方・稼ぐ方法

当ページにはプロモーションが含まれています。


ボンズカジノボーナスコード:journey

【ボンズカジノでテキサスホールデムをするならこちら】

 ボンズカジノでテキサスホールデムを検索する

【テキサスホールデムの勝ち方・攻略法|ポーカーの種類とは?】

初心者の人のなかには「最近よく聞くテキサスホールデムってなに?」と思っている人もいるかもしれません。

ポーカーはなんとなくわかるけど、テキサスホールデムは何が違うのかよくわからない…と言う人のために、勝ち方や攻略法をお伝えする前にまずはポーカーに関する簡単な基礎知識からお伝えしていきましょう。

 

『テキサスホールデムの勝ち方・攻略法|3つのポーカーの違いを知ろう』

ポーカーと呼ばれるテーブルゲームは、実は大きく3つの分類で分かれています。この3つのポーカーの遊び方の違いは「手札を見せない・見せる・共通カードがある」ということです。

 

・クローズドポーカー(ドローポーカー)

クローズドポーカーは「手札を相手に見せない」というクローズドスタイルが特徴です。

日本では、このクローズドポーカーのジャンルにある「ファイブカードドロー」というゲームが1番馴染みがあるかもしれません。カード5枚を交換しながら役を作り、対戦相手と競うスタイルのポーカーです。

 

・オープンポーカー(スタッドポーカー)

オープンポーカー(スタッドポーカー)の最大の特徴は、「一部のカードが見える状態」で勝負するということです。

手元にあるカードだけを見えないようにして、テーブルのカードはオープンにした状態で配られ、カードの交換もありません。どちらかといえば、配られるカードだけの「運」によるものが影響しやすいポーカーです。

 

・フロップポーカー(ホールデムポーカー)

今回ご紹介するテキサスホールデムなどの、フロップ(ホールデム)ポーカーの特徴は、「コミュニティカード」と呼ばれる全プレイヤー共通のカードがあることです。

最初に配られる2枚のカードと、テーブルに最大並ぶ5枚のコミュニティカードを組み合わせて役を作り、その役で競います。ハンドが強いときには、相手の賭け額に上乗せして、配当を増やすこともできます。

 

しかし、あまり強気だと損失を抑えるために勝負を避け、賭け金を諦めて途中でゲームを降りるプレイヤーも出るので、ゲーム進行時はアクションのバランスが重要です。

このようなプレイヤー間の駆け引きを楽しみ、心理戦が勝敗や配当に大きく影響してくるのが人気のポーカーです。

テキサスホールデムは、優勝賞金約10億円のWSOP(ワールドシリーズオブポーカー)などの世界大会でも競技としてプレイされるほど、世界でもっともメジャーなポーカーになります。

今回は代表的なものを3種類挙げましたが、世界にはこれ以外にも国や地域で独特の特殊ルールがあるポーカーも存在しています。

 ボンズカジノでテキサスホールデムを検索する

『テキサスホールデムの勝ち方・攻略法|ゲームの流れを知ろう』

テキサスホールデムの勝ち方を考えるうえで、基本ルールがわからないと意味がありません。

ここでは初心者の方にもわかりやすいように、テキサスホールデムの簡単なルールをご説明していきます。

テキサスホールデムのゲームの流れ

まずテキサスホールデムのゲーム進行の注意点などは次のようになります。

  • 手持ちのカードは交換ができません
  • 参加者全員共通の「コミュニティカード」がある
  • 一般的なテキサスホールデムはプレイヤー同士の対決
  • 勝者はテーブルに出されたチップを総取りする
  • ラウンドごとの状況で「継続か?降りるか?」を選択する流れ
  • 配当の上乗せ額はプレイヤーのアクションにより異なる

それでは実際の流れをみてみましょう。

 

①ディーラーの決定

配られたカードのなかで、もっとも強いカードを引いた人がディーラーです。以後は時計回りに役割が移動していきます。

このディーラーの意味は、カジノのディーラー(カードを配る人)とは違います。最初は「有利なポジションの人」だと覚えておくと良いでしょう。

 

②参加料(バイイン)を払う

ディーラーボタンを持つ人の左隣のプレイヤーはSB(スモールブラインド)となり、手数料を支払う必要があります。

そしてこのSBの左隣の人は、BB(ビッグブラインド)といい、SBの支払った額の2倍の手数料を参加料として最初に支払う必要があります。

③ゲーム開始と流れのポイント

プレイヤーには最初に2枚のカードが配られ、この2枚だけがクローズド(相手に見せないカード)になり、コミュニティカードは全員から見えるように置かれていきます。

ラウンド進行:プリフロップ→フロップ→ターン→リバーの1サイクル

 

『ラウンド中のプレイヤーアクションの例』

  • BBの左隣のプレイヤーからアクションを行なっていきます。
  • ハンドが弱い場合などはゲームを降りることも選択できます。
  • ラウンドごとに参加プレイヤーはチップを上乗せしていきます。
  • ラウンドごとにコミュニティカードが増え最終的に5枚まで置かれます。
  • テーブルに置かれたコミュニティカードと手札の2枚を組み合わせて役を作ります。

 

④ショーダウン

残ったプレイヤーのハンドを比較して1番強い人が勝利

 

『テキサスホールデムのポイント』

テキサスホールデムでは、たとえ手役が弱くても強気に見せかけることで、ほかのプレイヤーが全員降りてしまう場合もあります。

このような状態でも、最後に残っている人が勝者となるゲームです。

 ボンズカジノでテキサスホールデムを検索する

【テキサスホールデムの勝ち方・攻略法|手役や配当などの基礎知識】

それでは、次はポーカーをやる上で覚えておきたい基礎知識について、簡単に解説していきましょう。

  1. 手役の種類と配当
  2. 数字やマークの強弱
  3. ポーカー基礎用語

この3つについて簡単にお伝えしていきます。

『テキサスホールデムの勝ち方・攻略法|ポーカー基礎知識』

まずはポーカーで使われる主要な手役を「ハンド」と言いますが、そのハンドの状態と配当について知っておきましょう。

最も弱いノーペア(ノーハンド)に始まり、ロイヤルフラッシュ(ロイヤルストレートフラッシュとも呼ばれる)がポーカーで最強です。

また、ディーラーがフォールドしたときは「1倍」配当になります。

ポーカー基礎知識①|ハンドと配当表

手役(ハンド)状態配当
ノーペア役が何もない状態1倍
ワンペア同じ数字のカードが1組ある状態
ツーペア同じ数字のカードが2組ある状態2倍
スリーオブアカインド同じ数字のカードが3枚ある状態3倍
ストレート連続した数字5枚のカードの状態4倍
フラッシュ同じマークの絵柄で5枚揃った状態

(カードの数字は問わず)

5倍
フルハウス同じ数字3枚と同じ数字2枚

の組み合わせの状態

7倍
フォーオブアカインド同じ数字が4枚揃った状態20倍
ストレートフラッシュ5枚とも同じマークの絵柄で

連続する数字が揃った状態

50倍
ロイヤルフラッシュ同じマークの絵柄で「10・J・Q・K・A」が揃った状態200倍

 

・フルハウスの例

「3・3・3」と「A・A」や、「5・5・5」と「8・8」など

 

・ストレートとストレートフラッシュの注意

「K(13)→A(1)2・3・4」など、数字が一巡した状態での並びは認められません

※配当の「1倍」=ベット額にベット同額が上乗せされる状態です。

※特に支持がないものは、カードのマーク絵柄が同じである必要はありません。

 

ポーカー基礎知識②|数字やマークの強弱について

全く同じ手役になった場合には、カードの数字の強弱での勝敗になります。

・テキサスホールデムのカードの数字の強さ

カードの数字は、もっとも強いのが「A」・弱いのが「2」です。

同じハンドであれば、このカードの数字で勝敗が決まります

強←A・K・Q・J・10・9・8・7・6・5・4・3・2→弱

(※マークの絵柄には強さの違いはありません。)

 

・ハンドも数字も全く同じだったときは?

例えば「お互い同じ数字のワンペア」というときには、どのように勝敗を決めるのかというと、手持ちの「残る一枚のカードの数字」で決めます。

役から外れた手持ちカードですが、この残りカードの数字が強いプレイヤーが勝つことになります。

 

ポーカー基礎知識③|用語集

ポーカーで使われる用語についても覚えておきましょう。

用語意味
バイインbuy inゲーム参加料
ベットbet掛け金の提示または賭け金のこと
コールcall相手のベットと同額を出しゲームを続行する
ラウンドround賭けを行える状態
チョップchop引き分けの意味
ショーダウンshow down手札を公開して勝敗を決める
バンクロールbank roll用意している資金の総額
ブラインドblind強制ベットの一つ。指定のプレイヤーが支払う
ボタンButton誰が現在ディーラーかを示す
ヘッズアップHeads Up1対1でプレイしている状態

他にもポーカーでは多くの用語が使われています。

 ボンズカジノでテキサスホールデムを検索する

【テキサスホールデムに勝ち方や攻略法はあるのか?】

世界中で愛されるポーカー、テキサスホールデムは、競技プロも存在するレベルのカジノゲームです。その攻略法も人によりさまざまで、多くの研究により常に進化していて、確たる必勝法というのは存在しません。

そこで、テキサスホールデムのゲーム性を考え、どのようなポイントを重視すべきかをまとめてみました。自分なりの勝ち方や攻略法を考えるときの参考にしてください。

  1. ゲームの特性やハンドの可能性を考える
  2. 心理戦に頼り過ぎない
  3. ポーカープロのプレイから学ぶ

それではそれぞれについて、詳しくみていきましょう。

『勝ち方・攻略法の考察①|ゲームの特性やハンドの可能性を考える』

テキサスホールデムでは、最大7枚のカードの組み合わせが可能だと言うことを忘れてはいけません。

フリップやプリフロップなど早い段階で手役に期待ができずにフォールドする前に、ギリギリまでハンドの構築に努めることも大事です。

そこで、実際にハンド成立にどのくらいの期待ができるのかを、ポーカーの役の発生確率をまとめたものをみてみましょう。

ノーペア約50%
ワンペア42.25〜43.8%
ツーペア4.75〜23.5%
スリーオブアカインド2.1〜4.83%
ストレート0.39〜4.62%
フラッシュ0.2〜3.03%
フルハウス0.14〜2.6%
フォーオブアカインド0.024〜0.168%
ストレートフラッシュ0.00139〜0.0311%
ロイヤルフラッシュ0.00015〜0.0031%

ロイヤル(ストレート)フラッシュなどのハイカードは、なかなか厳しい確率にはなっていますが、確率論では多くの場合が「ノーペア(ノーハンド)」か「ワンペア」と言うことになります。

つまり現在手持ちがノーハンドでも、1ラウンド先にワンペアになる期待は大いにあるということ。そして多くのプレイヤーが、ノーペアやワンペアでの勝負になる可能性が高いということです。

このことを考えずに、自分の手持ちの状況だけで慌てて判断すると、実際には勝てる勝負でフォールドしまうこともあります。

フォールドのタイミングを武器にする

テキサスホールデムの「フォールド」は負けではなく、損失を最大限に抑える「テクニック」だと割り切ることも大切です。

通常は手持ちとコミュニティーカードで、もっとも育ちやすいハンドを素早く判断して、その最大値でのショーダウンをイメージをしていきます。

しかし、それに少しでも沿わない展開が来たと判断したら、すぐにフォールドするというのが得策です。同時に相手のハンド構築の可能性も予想しながら、フォールドすべき本当のタイミングを見極めていきましょう。

また、駆け引きの面では「自分を見せない努力」も忘れてはいけません。手役が強く自信がある場合でも、フォールドされて高配当を逃す恐れもあります。

『勝ち方・攻略法の考察②|心理戦に頼り過ぎない』

テキサスホールデムは心理戦が魅力のポーカーです。

表情に一切出さないポーカーフェイスという言葉もありますよね。

しかし、その心理戦に頼りすぎて、肝心のハンドの構築への意識が薄れたり、周りの挙動にばかり気を取られて集中できなければ意味がありません。

ブラフ(騙し)は、勝負どころで使うからこそ有効であって、普段から使っていては相手にみすかされてしまうこともあります。

 

テーブルのメンバーを冷静にみて、プレイヤーの性格などの判断をしてから、必要に応じて心理戦に持ち込むと言うのがベストでしょう。「策士策に溺れる」でます。

相手から「ブラフをかけられる可能性がある」という認識だけを持っていれば、無駄に意識を数られることもありません。初心者のうちから心理戦ばかりに気を取られず、冷静にテーブルの流れを見極める力を身につけていきましょう。

『勝ち方・攻略法の考察③|ポーカープロのプレイから学ぶ』

実際に世界大会やキャッシュゲームなどで生活するプロポーカープレイヤーも数多く存在します。プロプレイヤーの実戦テクニックから学ぶべきことは非常に多いでしょう。

まずプレイの様子をYouTubeを利用して研究したり、プロが推奨したり読んだとされる本を読むというのも大事な努力です。ランドカジノに行けなくとも、ポーカーサイトなどでリアルなキャッシュゲームやトーナメントを観戦できれば、レベルアップにも通じることは多いといえます。

【テキサスホールデムの勝ち方・攻略法まとめ】

一部のサイトやポーカーサイトを除き、オンラインカジノでプレイできるテキサスホールデムは、ディーラーとのヘッズアップになります。

プレイヤー同士の駆け引きがなく、ディーラーもルールに従ってカードを引くだけなので、ルールを覚えるのには最適な環境です。まずはライブカジノなどで、テキサスホールデムのルール自体をしっかり覚えていきましょう。

自信がついたら、世界のプレイヤーと対戦できるポーカーサイトなどを利用してみてください。キャッシュゲームやトーナメントへの参加など、プレイヤー同士の駆け引きを楽しみながら、自分なりの攻略法や勝ち方を学んでいきましょう。

 ボンズカジノでテキサスホールデムを検索する


ボンズカジノボーナスコード:journey

優良カジノ第1位:ボンズカジノ
  • 入金不要ボーナス:$50
  • ボーナスコード:journey
ボンズカジノはスロット、ライブカジノ、スポーツベット、バイナリーオプションが揃った総合型カジノです。 初回入金ボーナスも20万円分付いてくるので、トータル40万円の軍資金でスタートできるのは他カジノを圧倒しています。また、ゲームに負けてもキャッシュバックによって25%が戻ってくるので何度でも一発逆転が狙えるのは大きな魅力です。 当サイトからボンズカジノに新規登録された方限定で、入金不要ボーナスが$50と太っ腹なサービスが受けられるので下記からアクセスしてみましょう。
     
優良カジノ第2位:ワンダーカジノ
  • 入金不要ボーナス:なし
  • ボーナスコード:なし
ワンダーカジノはハイローラー向けカジノの代表とも言われており、たとえ1億円規模でも出金が爆速なカジノです。 多くのカジノでは出金限度額が1000万円だったり、出金申請をしても翌日だったりと金額や時間の制限がありがちですが、そのストレスを無くした事で世界中の富裕層がプレイを楽しんでいます。 ワンダーカジノ公式サイトには下記からアクセスできます。
   
優良カジノ第3位:新クイーンカジノ
新装されたクイーンカジノはCR機や4号機など懐かしのパチンコパチスロがオンラインで24時間営業されているカジノです。 今ならクイーンカジノに新規登録で$20とフリースピン20回など最大$88が入金不要ボーナスとして贈られるのでかなり美味しいです。 1/399の爆裂CR機、初代のミリオンゴッドや吉宗など多数設置されていて、50000発や10000枚も連日のランキングで公開されているので、まずは新クイーンカジノ公式サイトに下記からアクセスしてみましょう。
   

 ハイローラー向けの高額入出金できるカジノのTOP5ランキングです。数あるカジノの中から入出金限度額・リベート率・VIP特典を比較して選びました。今まで出金にストレスを感じていた方はここなら一切感じさせないサイトばかり厳選していますので、詳しくはこちらのページで!

   

 今なら期間限定で開催されている新規入会キャンペーンをTOP26でまとめました。いずれも無料登録してボーナスコードを入れるだけでプレゼントされるオンラインカジノの総額10万円分の入金不要ボーナスです。詳しくはこちらのページで!


おすすめの記事